青汁の効果

1杯の国産青汁で、朝から腹具合すっきり

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 27

国産のふるさと青汁

どこかにも書きましたが、最近愛飲中の国産の「粉末青汁」がなかなかです。

前日に飲むと、翌朝は起きがけにもよおします。トイレに駆けこんでから出てくるまでの所要時間わずか1分。娘はおおむね10分、妻もそのくらいかかりますから、いつも羨望と嫉妬の入り交じったまなざしを浴びています。とにかく朝食後のトイレ争奪戦に巻きこまれずにすむのはじつにありがたい。

いまでも食事には気配りしていますから、ふだんお通じは好調です。「粉末青汁」はそこへ拍車をかけてくれている感じ。たまに焼き肉屋やモツ焼き屋などへ行き、男同士でたらふく飲み食い合戦を展開し、翌朝の排便リズムがおかしくなることもあります。でも、寝るまえにこれを飲んでおくと、大事(便秘)にはいたらない。二日酔いの防止にも役立っているように感じます。

そんなわけで、最近は手放せません。値段が安く、配合成分が多いグリーンドリンク(海外産青汁)をこれまで利用してきましたが、いまはこっち。グリーンドリンクを超える満足感が得られるからです。

グリーンドリンク2種

グリーンドリンクこと海外産青汁の「グリーンスーパーフード」。右は「ベリー味」。かなりのコクがあり、甘みも強いです。果物が入っているのでおいしいのですが(ときどきそれがくどく感じることはありますが)、糖質制限には不向き。わたしが国産青汁に切り替えたのも糖質制限中でした。

朝食代わりに飲むこともあれば、ジョギングや筋トレのあとにプロテインといっしょにシェーカーへ入れ、かき混ぜて飲むこともあります。

成分豊富な海外産よりどうしていいのか?

青汁の主原料は一種類の青野菜というケースが多い。たいていは大麦若葉かケールか明日葉です。ところがこの「粉末青汁」、大麦若葉もケールも明日葉も全部入っています。そればかりかブロッコリーとモロヘイヤまで入っている。

グリーンドリンクには、複数の青野菜を使用しているものもあります。

ブロッコリーはビタミンCが豊富。自然な甘みがあります。モロヘイヤはカロテンのほか、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラル分たっぷり。とにかくバランスよく栄養を摂取できるのです。

もちろん、大麦若葉からモロヘイヤまですべての原料野菜は国産です。

国産青汁を試すにあたって、わたしがとくに注目したのは「無添加」であること。香料も保存料も着色料も身体に入れたくない。口あたりをよくしようとしてくれているのか、つなぎにでんぷん由来の多糖(デキストリンなど)を使ったり、甘味料を入れたりしている国産青汁も少なくないのですが、あれもいらぬお世話。青汁で余計な糖質などとりたくない。

そういうわたしのニーズを満たすのが、この「粉末青汁」(製造元はサンスター)だったのです。

サンスターの「粉末青汁」は食物繊維がとても多い

1杯あたりの粉末量と食物繊維が多い、というのも見逃せないポイントです。

グリーンドリンクは大柄な外国人に合わせてか、1杯分の粉末量が多い。8グラムくらい。これに対し、たいていの国産青汁は1杯3~5グラムが一般的。ところがこの「粉末青汁」、1杯分に10グラムの野菜粉末が入っているのです。

となると、食物繊維もそのぶん多いはず。食物繊維は腸の調子をととのえ、腸内細菌のエサとなるもので、いわば青汁の力の源。多いほどいい。この食物繊維が1杯に3.6グラムも含まれています。これは野菜100グラム分に相当します。

もちろん国産青汁にもいろんなものがあります。が、1杯あたりの食物繊維量を調べたところ、少ないものは0.3グラム以下。多いものでも1.6グラムほどでした。ちなみにグリーンドリンクの食物繊維量はそれよりは多めですが、それでも最大2グラムほどでした。

つまり、野菜粉末とそこに含まれる食物繊維の量という点でも「粉末青汁」はトップクラスなのです。

近ごろめずらしい濃厚さは、飲みごたえ満点

味はとても濃いです。どろっとしています。昨今の青汁はサラッとしていて、ジュースのような軽い飲み心地のものが多いですから、そういうものを飲み慣れていると、横っ面を張られたように感じるかもしれません。でもまあ、これは当然。添加物で味をととのえたりしていませんから。

ふつうの青汁は100~120cc程度の水で割って飲みます。「粉末青汁」は160ccの水に溶かします。それでも、飲みごたえはバツグン。朝食代わりに飲むと、目が覚めてちょうどいい(笑)。おなかもふくれますしね。

不思議と飲みにくさは感じません。むしろ、いまわたしは青汁を飲んでいる、という手ごたえと喜悦のようなものを感じます。

豆乳で割るとほのかに甘みが感じられ、おいしいです。水とプロテインとこれをシェイクして飲むのも好きです。

「粉末青汁」の野菜は国産、だから日本人に合う

「粉末青汁」の栄養成分をグリーンドリンクとこまかく比較していくと、グリーンドリンクに軍配があがる部分も少なくはありません。あっちは乳酸菌やら消化酵素やらを配合していたりしますからね。

ところが実感として、この国産青汁のほうがおなかが喜んでいる気がする。どうしてか。

ひょっとすると、グリーンドリンクに配合された乳酸菌が、わたしが乳酸菌サプリから摂取している乳酸菌と相性がわるいのかもしれません。あるいは日本の気候風土で育った農作物のほうが、異国で栽培されるものよりわたしのからだになじむのかもしれない。

わたしとしては、後者のほうが腑に落ちます。

何年も前ですが、山陰地方の名だたるお豆腐屋さんの若社長から「身土不二」という言葉を教わりました。わたしたちの身体は生まれ育った土地と不可分(切っても切れない)だということをあらわす仏教用語です。

最近、盛んに叫ばれている「地産地消」(土地でとれた食物を、その土地で消費しようとするとりくみ)も同じ思想からきています。

国産の青汁は、この身土不二にかなう、ということなのではないかと感じます。

サンスターの粉末青汁

サンスターの「粉末青汁」。4500円。1杯150円。もっと安いものもありますが、青野菜の配合量がまるでちがいます。朝食代わりに飲むなら許容範囲としています。公式サイトで注文するとハンディクリーマー(小型のブレンダーみたいなやつ)がついてきます。便利です。
参考になったと感じたらタップかクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー