ブログの狙い

何でも自由に食べられる食事スタイルをめざして

この記事の重要度:

田舎暮らしでアトピーが完治した。こんな話をよく耳にします。しかしわれわれに必要なのは、いまの環境で治すこと。完治後には厳しい食事制限と訣別し、自由な食事ができること。食事会や飲み会に参加できるようになることです。はたしてそれは可能なのでしょうか。

アトピーは、田舎暮らしで治るかもしれない
でも現在の生活環境で治さないと意味がない

田園

わたしが知るかぎりでも、都会に出て発病し、しかたなく田舎に戻って、生まれ育った土地の新鮮なお米や野菜をたくさん食べ、きれいな空気を吸って、きれいな水をたくさん飲んでいたら治った、というケースは少なくありません。みんなきれいな肌に戻っています。

アトピーを癒やす食養生や体内浄化が自然とできてしまうからでしょう。

でも現代の流動化社会において、わたしたち全員が郷里にとどまり、アトピーの克服に理想的なスローライフを送るなどいうことはとうてい不可能です(都会育ちの方などはそもそも帰るべき田舎さえありませんが)。

一人ひとりに現在の暮らしがあり、人間関係があり、仕事があるのです。

だから、「いまの環境でアトピーを治し、健康を維持したい」と願う方がほとんどのはず(最近は田舎も都市化が進んでいるため、かならずしも田舎暮らしで治るとはかぎりませんが)。

わたしもそのひとりです。

このブログは、そういう方々ために公開しています。アトピーを患っているいま現在の環境で健康をとりもどす。そのために毎日口にするものをきちんと目利きし、易きに流されない正しい生活習慣を身につけるための生活の知恵です。

たとえば温泉地などで、アトピーが楽になることは多いです。温泉そのものの効果にくわえ、リラクゼーション効果も大きいのだと思います。群馬の草津や栃木の中善寺などは、肌がぐっときれいになったことで、よく記憶に残っています。

数週間、湯治にでも行けば、かなりの軽快が見込めるのではないかと思います。ただ都会の生活に戻れば、すぐもとに戻ってしまう。やはりこれでは意味がないのです。

草津温泉

この写真をみると、家族旅行の思い出より先に、脳裏に「お湯のなかにもコーリャ、花が咲くヨ。チョイナ、チョイナ」という湯もみ唄が去来します。そう、草津の湯の花です。

完治したあとも厳しい食事制限は必要か?

焼き肉

いったん治ってしまえば、その後は厳しい食事制限から開放されます。ただし、正しい生活習慣――自分のからだに必要な食生活をよく知っておくことは必要です。

「食」は、社会生活をいとなむうえで、もっとも大切なコミュニケーションの手段です。テーブルを囲み、お酒を飲みながら同じ皿を箸でつっつけば、相手との距離はぐっと縮まるもの。人間関係を良好にするうえで、欠くことができないものです。

ところがアトピーを治したり、その状態を維持しようとしたりするとき、どうしてもつきまとうのが厳しい食事制限です。むろん治療期間はしかたない。からだを壊した責任は自分にある。わたしも重症のころは「治るならもうなんでもします。からだにいいことは全部やるし、悪いものは全部やめるから、神さま、お願い、なんとかして!」なんて思っていましたから。

問題は、治ったあとも節制をつづけないといけないのか、ということです。再発の影におびえながら、びくびく暮らしていかなければならないのか。

じつはわたし自身、100日間の厳しい食事制限によってアトピーを克服したあとも長らく、それを中止したりはしませんでした。

  • 朝食抜きで、腹6~7分目。
  • お肉ひかえめ。
  • 甘いものは避ける。
  • 果物も控えめにする。
  • 外食は基本的にしない。
  • 旅行はあきらめる。
  • サプリメントが手放せない。
  • 酒とタバコは呑まない。

再発を恐れたからです。

しかしこういう生活を送っていると、外食や人づきあい自体がちょっとしたストレスになってしまう。ここは花の都、東京です。まわりの都会人たちは、今夜もどこかで華やかな時間を謳歌している。そう思うと、自分だけが仲間たちからとり残されたような、切ない気分を味わうわけです。

そういっても、友人知人ともごくたまには会うようになりました。ただ昔のように(週3、4度は飲み歩いていた)ひんぱんには会えない。もっと困るのは、仕事上のつきあいです。

気の置けない友人なら事情を話せばすみます。けれども相手が仕事関係者だとそうはいかない。せっかくの宴席で「これは食べません」「お酒はけっこうです」とは、なかなか切りだせない。かならず「どうしてですか?」と聞かれ、しかたなく事情を説明すると、ほとんどの場合、場が白けてしまうのです。

そういうこともあり、ある時期から新しい食事療法(最近流行中の糖質制限食)に飛びつきました。これで、お肉ががんがん食べられるようになった。お酒も好きに飲めるようになった。反対に、ご飯やめん類、甘いもの、果物などは一切食べられなくなった。シメのラーメンなんてもってのほか(うまいのに……)。

そういう日々のなかで、わたしはいよいよ「なんでもそれなりに自由に食べられる」食事スタイルを求めるようになったのです。

めざすのは、厳しい食事制限からの開放

いま、わたしは食生活上の厳しい制約からわりあい自由になりました。

  • 朝食はとります(といってもべつに必要ないので、果物など)。
  • 夜はわりとしっかり食べています。
  • お肉はふつうに食べます。
  • 和菓子などもたまに食べます。
  • 果物は毎日食べています。
  • 外食もたまにします。
  • 旅行にもよく行きます。
  • サプリメントは一切、飲んでいません。
  • お酒は毎晩、飲みます。煙草も……吸います。
もちろんなんでも無頓着に食べている、ということではありません。ある程度、制約はあります。過敏症(遅延型食物アレルギー)になってしまった食べ物は避けていますし(過敏症の多寡によって、食生活の自由度は大きく変わってきますので、やはり弱った腸はなるたけ早く癒やさないといけないですね)、そもそも栄養学や食生活に対する意識が昔とは一変していますから、ファストフードやジャンクフードは口にしません。しかし食事制限中のひもじさ、みじめさを味わうことはありません。

それでも再発の兆候や気配はありません。かりに再発したとしても、すぐもとに戻せる自信もあります。

これが、わたしが求めていた最終到達点でした。

このブログにまとめているのは、この最終到達点へいたる道のりでもあります。そこへ到達したあかつきには自然と「なんでもそれなりに自由に食べられる」食事スタイルが身についているはずです。

カンジダや食物アレルギーへの対策も盛りこんだ
最短100日間で結果を出すための巻き道

現在このブログにある健康法は、開設当時の内容を大幅に刷新した内容となっています(従来の生活改善法は以下へ載っけておきます)。

ブログ開設以降も、さまざまな健康法や食事法を学んだり試したりしてきましたし、新たな健康問題に直面したこともありました。それらについては都度、記事にしてご紹介してきたのですが、そのために多種多様な記事があちこちに散らばってしまい、もともとの記事群とのつながりもはっきりせず、読者の方にご不便をおかけする結果となってしまいました。

そこでブログ全体の構成を見直し、すべての記事を体系的にまとめなおした次第です。

とくにカンジダ症(リーキーガット)対策とアトピー対策はどっちから手をつけていけばいいの? という声や、食物アレルギー検査はどのタイミングでやればいいの? といったご質問は多かったです。最初から糖質制限だけやればいいのではないか、というご意見もありました。

ブログタイトルには「100日」と銘打っていますけれど、そういうわけですから厳密には、わたしが最初の100日間で行なった方法+アルファというようなものになっています。

が、この「+アルファ」の部分というのは、最初から知っていれば100日間に組みこんだであろう方法ですので、わたしのように別々にやっていく必要はないわけです。

+アルファの部分について

いろいろありますが、とくに大きなものとしては「リーキーガット対策(カンジダ症対策)」「糖質制限食」「食物過敏症(遅延型食物アレルギー)検査」などが挙げられます。現在はこれらをはなから含めたものとなっています。

とにかくはわたしのようにあっちこっちへ寄り道せず、いちばん効率的かつ最短期間で健康になるための正道であり、巻き道(近道のこと)である、とわたしはとらえています。タイムマシンが手に入ったら、昔の自分にぜひこれを伝えてやりたい、そう思います。

序章「はじめに」はこれでおしまいです。

前置きがちょっと長くなってしまいましたが、次章からは実践的な記事となります。

次の第一章には、当ブログの考えるアトピーの原因をまとめています。まずはそこをしっかり押えておくことがとても大事。

アトピーがなぜ起こったのかをすでに理解しているなら、第一章はすっ飛ばして、第二章「完治に必要な5つのステップ」へ。

にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。


管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。