たんぱく質

知らないとアトピー悪化! たんぱく質の摂取方法

この記事の重要度:

アトピーを完治させたいなら、食事内容への気配りは欠かせません。アレルギーの原因はたんぱく質ですから、良質の、つまり消化しやすいたんぱく質を厳選していただく、ということが大切なのです。大豆や青魚など、消化にいいたんぱく質について解説します。

たんぱく質はとても大切な栄養素です。わたしたちのからだの材料です。体液や筋肉、臓器など、人体の主要部位をつくるのに不可欠です。皮膚の再生にも欠かせません。

でも同時に、アトピーの皮膚症状を引きおこすいちばんの原因でもあります。

アトピーの皮膚症状を引きおこす最初の原因は、未消化のたんぱく質が壊れた腸をすり抜けて体内に侵入することです。さらに特定の食物たんぱくへの暴露を繰りかえすこと(同じ食べ物が何時も体内に侵入すること)によって、食物アレルギーを発症します。

たんぱく質の食べ方でもっとも大切なのは、良質の、つまり消化しやすい食品を選んで摂る、ということです。

たんぱく質は、青魚と大豆で補う

たんぱく質の補給源は、お魚や大豆がベスト。

お肉や乳製品は消化にとても時間がかかります。数日かかることもあります。すると、おなかのなかで腐敗が進む(便がくさくなるのはそのため)。腐敗するというのはつまり、悪玉菌が大繁殖していることを意味します。悪玉菌が出す悪臭成分(有毒ガス)は血液を汚します。これが全身をかけめぐり、アトピーが悪化するのです。そして有毒ガスが、腸壁をさらに痛めつけていきます。

狩猟民族の腸は、お肉を消化する酵素をたくさん持っているそうです。腸に長くとどまらないよう、腸も短い。それで胴短長足になったといわれています。

ところが農耕民族には、お肉を分解する酵素があまりない。胴長短足なので、腐ったお肉がいつまでもおなかにとどまりつづける。そのため腸壁へのダメージも大きくなるのです。

わたしのご先祖は農耕民族です。

狩猟採集を行なっていた時代(縄文以前)もありますが、そのころだって動物の肉が主食だったわけではない。でんぷん質や野草、果物が食事の中心で、たんぱく質に関しては豆類やお魚などのほか、たまに小動物の肉を口にする程度だったはずです。

たんぱく質をお魚と大豆から摂ることにしたのは、そういった理由です。

お魚は近海で獲れる、新鮮な天然の青魚

アジの塩焼き

近海で獲れる青魚を中心にいただきました。

アトピーの改善をうながしてくれる油(オメガ3系脂肪酸のDHAとEPA)をたっぷり含んでいるからです。DHAやEPAはオメガ3系脂肪酸のなかでもとくに、人間のからだが吸収、利用しやすい脂肪酸です。

青魚ってどんな魚?

鯵

アジ、イワシ、サンマ、サバなどです。

マグロなども、DHAやEPAを多く含みます。けれど、大型魚の身は水銀濃度が高い(食物連鎖の上位にいるため、生体濃縮が進んでいる)。水銀は当然ながら人体に有害です。とくに魚中心の食生活では水銀の摂りすぎになる心配がある。注意が必要ですね。

ついでに書いておくと、水銀はカンジダの増殖を後押しします。カンジダは水銀をとりこんで増えるのです。

見方を変えると、カンジダはわたしたちのからだが水銀から受けるダメージを減らしてくれている、ともいえますが、なんにしろ大型魚は避けるのが正解。それと養殖物も。養殖魚は抗生物質やホルモン剤を投与されて育ちますから、腸内細菌や免疫系にダメージを与える可能性があります。

アジの塩焼き、干物、刺身(たたき)は好物ですので、ひんぱんにいただきました。そのほかイワシの丸干し、サンマの開き、サバの味噌煮もよく食べました。

サンマ水煮缶

無添加(魚と塩だけ)水煮缶もおすすめ。写真は、サンマの水煮缶。化学調味料無添加で、自然な味わいです。一缶にDHA2269mg、EPA1582mgを含みます。厚労省が定めている、EPA・DHAの1日必要摂取量1g、オメガ3脂肪酸の同2gも軽く満たします。

青魚を食べる際の注意点~ヒスタミンのアレルギー

積極的にいただきたいお魚ですが、青魚はヒスチジンというアミノ酸を多く含んでいます。水揚げ後、時間の経過とともにこのヒスチジンはヒスタミンに変わっていきます。

いうまでもなくヒスタミンはアレルギー症状を引きおこす物質です。青魚を食べた直後にじんましんが出たという話をよく聞きますが(わたしもある)、それは鮮度が落ちていたたからですね。

新鮮なものを目利きする、ということも大切。干物や生魚を買うときは、わたしは目が赤くなっているものを避けています。

お魚選びのポイントをここでおさらい。

日本近海で獲れる、天然の鮮度のいい小型魚。

ちなみにサバはほとんどが養殖物。エサに、サバの稚魚が使われることもあるそうです。それを知って、ちょっと買うのをためらうようになりました。

さまざまな大豆食品で献立にメリハリを

大豆は日本人にとてもなじみ深い食物です。それだけにいろいろな加工食品があって、飽くことがない。

納豆、お豆腐、油揚げ、がんもどき、厚揚げ、ゆば、おから、高野豆腐、煮豆、煎り豆、きな粉……。味噌やしょうゆ、それからもやしも大豆ですね。

がんもどき

がんもどきは生姜醤油かおろしぽん酢で。添加物不使用のものを買いますが、それでも植物油で揚げてありますから、食べるのは週1程度。

枝豆

ニッポンの夏の風物詩ですね。お昼はこれだけですませることも。ゆでるだけと、調理の手間がかかりませんからね。

大豆食品を上手に献立に組みこめば、食事制限中でもわりあいバリエーションにとんだ食生活が送れるはず。納豆などは善玉菌を増やしますから、毎日食べるべきですね。

甘味に飢えている方におすすめなのが、練りきな粉。きな粉を水で固めに練ってゼロカロリー甘味料を混ぜると、おやつ感覚でいただけます。子どものころ駄菓子屋で買い食いした「きなこ棒」そのままの味と食感が楽しめます。お試しあれ。

大豆たんぱくでできた「ソイミート」(大豆を原料としたお肉もどき)も便利なものです。お肉の代わりにいろんな料理に使えます。なんちゃってお肉ですけれど、思いのほか美味です。しかもヘルシー。家族にも「からだによさげ」と評判で、あのころのわが家の必需品でした。

ソイミート(大豆たんぱく)

写真左は、有機大豆からできた、ひき肉タイプのソイミート(大豆のお肉)。写真右は、薄切りタイプ。ともに乾燥品。お湯で戻すと1.5~2倍になります。うちでは普通にお肉として使っています。本物のお肉でないのは娘も勘づいている様子ですが、おいしいね、といってくれます。調理の際は生姜を使うと、大豆特有のにおいが消えて、おいしくしあがります。

大豆を食べる際の注意点~イソフラボンの過剰摂取

大豆に含まれるイソフラボン(フラボノイドのひとつ)の過剰摂取には注意が必要。女性ホルモンに似た働きがあるため、子宮内膜症や乳がんのリスクが高まるといわれてるからです。

ヤマトオノコたるわたしには無関係のように思えましたが、厚労省が2016年に上限を1日70~75ミリグラムとしていますので、念のためこれにしたがっています。

どのくらい食べていいかというと、味噌汁12杯、納豆なら2パック、豆腐一丁、がんもどきや厚揚げ2個、きな粉大さじ8杯、しょうゆ5リットル以上、だいたいこんな感じです。

ご参考までに。

にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireリンク

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。