皮膚バリア機能の回復(スキンケア)の基本ルール

皮膚バリア機能の回復(スキンケア)

この記事の重要度:

保湿とスキンケアについても学ぶ必要がありました。肌を効率よくメンテナンスする方法がわかれば、皮膚のバリア機能を手際よく回復させられるからです。アトピーの症状があるうちは絶対にやってはいけないことというものがあります。頭皮のケアや抜け毛対策、かゆみ対策などについてもいろいろと試行錯誤を繰りかえしました。

保湿とスキンケア

皮膚バリア機能の回復(スキンケア)の中心的方法

わたしはまず、お風呂の入り方を変えました。入浴するたびに肌が赤くなり、かゆみがぐっと増していたからです。原因は石けんやシャンプー、それと塩素にありました。

保湿とスキンケアのために実践していたのは、オリーブオイルやココナッツオイルを用いた全身マッサージ、ひまし油による患部マッサージ、さらには日本の伝統的な自然療法(生姜や里芋、豆腐、どくだみ、お米のとぎ汁などを用いる方法)などです。

わたしが使用してよかったと感じているスキンケアグッズとあわせて紹介します。

実施スケジュールの目安

実施スケジュール

お風呂のお湯やシャワーの塩素除去、無添加の石けんやシャンプー、リンス、洗剤の使用、塩浴などについては、ずっと以前から行なっていました。ほとんどがいまもつづいています。明日からでも試してみれば、その理由がかならずおわかりいただけるはず。

保湿やスキンケアに関しては、必要なときに適宜行なっていました。でもいま思うと、頭皮ケアなども含めて、もうちょっときちんとやってもよかったのではないかと感じます。外から痛んだ皮膚をすり抜けて侵入するアレルゲンが症状を増悪させていた可能性が高いからです。

皮膚バリア機能の回復(スキンケア)の補助的方法

かゆみがひどいときの対策については、こちらにまとめています。いくつかの手当てがあります。わたしは蒸しタオルをよく利用しました。

アトピーの症状がピークを迎えていたころ、大量のフケが悩みの種でした。朝ていねいにとって出掛けても、職場について昼にトイレで見るとたくさんのフケが浮かんでいる。

そのうち脱毛まではじまり、あちこちにハゲができました。周囲は円形脱毛症と勘違いして、「ストレス? 働きすぎなんじゃない?」などとよくいわれました。

空気清浄機ほこりまみれの部屋では、アトピーは確実に悪化します。皮膚のバリアが崩壊していますから、それが体内に好きほうだい侵入してきます。最低でも週1回は室内を掃除し、空気清浄機も活用していました。妻が花粉症なので、うちは現在、寝室とリビング、書斎で3台フル稼働中。

わが家ではダイキンとシャープとパナソニックを愛用。ハウスダスト、花粉、ウイルスをしっかり除去してくれます。おならをすると、1秒後にはまっ赤になって動きだします。

スキンケアの重要性

  • 湿疹がひどい。
  • 浸出液が出ている。
  • くさいにおいがする。
  • 肌のあっちこっちが赤く腫れている。
  • ただれている。
  • 全身がカサカサ、ガサガサしている。
  • 粉を吹いている。
  • 落屑がはげしい。
  • 色素沈着で首筋などの目立つ部位が黒ずんでいる。

こんな人目につく症状があったとき、職場や学校、公共の場で気になってしかたがありませんでした。実際、第一印象の大きなマイナス要素となっていたはず。世の中、心あるひとばかりではない。心ない言葉を投げつけてくる、冷淡な、残酷なひとだって大勢います。

アトピーはうつりません。けれど、皮膚の病気はうつるものと警戒し、避けようとするひともいます。赤の他人ならなおさら。しかたないと思うものの、そのたび自己嫌悪におちいるのもしかたない。せめて「ちょっとでも目立たぬようにしよう」と、いろんなスキンケア商品や保湿剤をかたっぱしから試していました。

しかし望んでいたような効果は得られませんでした。

そうした経験から、ずっとスキンケア商品や保湿剤には興味も期待もしていなかったのですけれど、あるときを境にアトピーなら保湿やスキンケアをある程度は意識すべきだぞ、と考えるようになりました。

皮膚には大きな役割があったからです。

皮膚の役割とは?

皮膚が果たしている役割でとくに重要なのは、

  • 体内の水分や栄養素や大切な元素などが失われるのを防いでいる。
  • からだがバラバラにならないよう、ひとつにまとめている。
  • 紫外線、温度や湿度の変化といった外部の影響からわたしたちを守る。
  • 細菌やウイルス、カビなどの外敵から、わたしたちを守る。

このほかにも数え切れない働きが皮膚にはあります。

たとえば――。

  • 快感を伝えてくれる。
  • よく手入れすることで、美貌を与えてくれる。

こうした仕事をきちんとこなすため、目には見えませんが、皮膚は常に動き、変化し、この瞬間もどんどん生まれ変わっている。真皮と表皮の境目で生まれた皮膚細胞は、28日後には表皮の表面に押しあげられ、アカとしてはがれ落ちるわけです。

たえず再生することに、じつはとても重要な意味があったわけです。

この再生速度が、アトピーでは異様に加速します。

落屑がひどくなると、毎日のようなまっ白な皮膚片が山積みになります。いくら掃除しても追いつかない(フローリングや敷き布団を見ては、毎日ため息をついていました)。分厚い皮をはがしたら、次の日にはもう新しいのができている。それをはがすと、翌日にはまた……その繰りかえし。

毎日、皮膚がごっそりと入れ替わっているのじゃないかと思うくらいでした。

これだけみても、どこかが確実に変です。

表皮はまっ赤になって腫れあがり、異常に過敏。湿疹が噴出。やがて健康な皮膚の何倍も厚くなってくる。

見るに耐えないだけでなく、不健康きわまりない。皮膚の正常な働きが失われ、内外からからだを危険にさらしているのですから。

アトピーの皮膚は日々、きちんと手入れすべき

ひどい肌荒れや、つらいかゆみをやわらげてくれるものがあるなら、きちんと目利きしたうえで利用したほうがいいのです。もちろん常識的に考えて高額すぎる商品を使う必要なんてありません。ほとんどが(詐欺とまでいわないまでも)たんなる商売ですから。

なお、肌の手入れで把握しておくべきいちばん大切なことは、症状の軽減に役立つにすぎないということです。ただれた皮膚を気持ちよくすることはできても、アトピーの原因にまで作用することはありません。

オイルや軟膏、クリームは、肌を柔軟にして、つらいひび割れなどを起こしにくくします。使っているあいだは、かさぶたをのぞいたり、新しいかさぶたの形成を少なくできますが、その効果は二次的なものなのです。

とはいえ、この章で網羅した手当ては、つらい症状、とくにかゆみを軽くするのに役立つ可能性があります。からだの内部の原因を矯正しているあいだに、外の症状をやわらげてくれるものです。

 

にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireリンク

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。