柿の葉茶はビタミンCの補給に最適

柿の葉茶

この記事の重要度:

かんきつ類よりもビタミンC豊富な柿の葉茶。さっぱりしていて飲みやすく、毎日飲んでも飽きません。アトピーの方の体内ではつねに炎症が起きているため、ビタミンCが大量に消費されています。柿の葉茶を飲みましょう。

柿の葉茶の効能効果

柿の葉茶はガラスで抽出

ビタミンCといえば、わたしたちはまっ先にレモンやミカンを思い浮かべます。が、じつは柿の葉茶のほうがずっと豊富にビタミンCを含んでいるのです。

ビタミンCは万病の予防と治療に欠かせません。こんな働きがあります。

  • 身体の抵抗力アップ
  • 強い抗酸化力
  • 酸素の新陳代謝に役立つ
  • 副腎皮質ホルモンなどのホルモン分泌促進
  • 皮膚の内側の細胞を健全にする
  • 毛細血管をよみがえらせる

アトピーなど慢性的な炎症に侵されている人は、ビタミンCがまったく足りていません。柿の葉茶はそれを補うのに役に立ちます。

100g中のビタミンCの含有量

焙煎後の柿の葉(茶葉)のビタミンC含有量は、100グラム中に1700グラムほど。1日分10グラムとすると、170mgのビタミンCが含まれることになります。緑茶と違ってカフェインを含みません。そして弱酸性。だから胃への負担がほとんどありません(緑茶は弱アルカリのため、飲みすぎると胃を痛めます)。
天然ビタミンCは安定性が高い

同量のビタミンCの入った「柿の葉茶」と「合成ビタミンCを溶かした水」の10日後のビタミンC残存量を測定した実験では、柿の葉茶のビタミンCがほとんど減っていなかったのに対し、合成ビタミンCのほうは10分の1になっていたそうです。

柿の葉茶の淹れ方、飲み方

  1. 1リットルのお湯を沸かす。
  2. ティーバッグ1~2袋(5~10グラム)を入れる。
  3. 色が出たら(数分後)、ティーバッグをとりだす。
  4. 100~150ミリリットルずつ飲む。
  5. ポイントは、煮出さないということ。ビタミンが壊れてしまうからです。抽出には、陶器製かガラス製のティーポットを使います。金属製はNGです。ビタミンCは金属に触れると化学変化を起こします。

    柿の葉茶の茶葉

    ビタミンCが豊富と聞くと、さぞや酸っぱいのだろうと思われる方もいることでしょう。でも柿の葉茶に酸味はありません。果物の酸味の元はクエン酸ですからね。マイルドな風味でとても飲みやすいお茶ですよ。

PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。