生姜紅茶と生姜湯の効果とつくり方

生姜紅茶と生姜湯

この記事の重要度:

生姜は免疫力を高め、デトックス(排毒)にも効果があります。アトピーの改善には欠かせない食材なのです。毎日口にする飲み物や料理に工夫して取り入れ、積極的に摂取したいところです。そんな生姜の効能を手軽に得られる生姜紅茶と生姜湯のつくり方を紹介します。

生姜紅茶

生姜には身体を温め、内臓を元気にし、消化を助けるという健康機能があります。さらに血行をよくし、強い殺菌作用や、免疫力を高める作用まで持ち合わせています。アトピーの改善、完治には欠かせない食材。アトピーにいい食べ物の代表格なのです。

生姜の薬効を食事だけでなく、飲み物からも享受してしまおうというのが、生姜紅茶と生姜湯です。1日に1~3回程度、飲んでいました。飲むとぽかぽかして、発汗がうながされます。わたしは、半身浴やリンパマッサージをしながら飲んでいました。

つくり方は簡単なのです。こんな感じ。

生姜紅茶のつくり方

①熱々の紅茶に、生姜汁5~10ccかおろし生姜1~2つまみを入れます。
②お好みの量の甘味料を入れたら完成。

生姜紅茶

生姜、黒糖(砂糖はNG)、ティーバッグの3点セット。

生姜湯のつくり方

①おろし生姜を3つまみ程度、コップに入れ、熱いお湯をそそぎます。
②少量の黒糖で甘みをつけます。
③くず粉(かたくり粉で代用可)を小さじ1杯入れ、とろみがつくまでかきまぜたら、できあがり。

腸内細菌に与える影響を考えると、ほんとうは黒糖は使わないほうがいいのですが、少量ならOKとしました。

黒糖には保温発汗と便通改善の効果がありますから、老廃物や毒素の排泄を助けてくれます。さらに体温をあげて、老廃物や脂肪、糖分の燃焼を早めてくれますから、血液の浄化にもつながります(くず粉にも血液を浄化する作用がある)。ビタミンB1、B2のほか、亜鉛、カルシウムなどのビタミンとミネラルを豊富に含む、天然のサプリメントなのです。

紅茶やコーヒーのカフェインには利尿作用があり、排尿をうながしてくれますし、緑茶とちがって、身体を温めてくれます。ただし、カフェインが入っているので、就寝前は生姜紅茶でなく、生姜湯がおすすめです。

生姜紅茶や生姜湯には、こうした食材の効能をまとめて得られる利点があるのですね。

副腎疲労(副腎が衰弱している)方も、カフェインの摂取は控えるべきです。生姜紅茶ではなく、生姜湯がおすすめ。
関連記事







PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です