水 ~水道水の塩素

水道水の塩素はアトピーの悪化因子! きれいな水を飲もう 

この記事の重要度:

からだが必要とするだけの水を十分に補給してやれば、浄化力、排泄力はいまより格段によくなります。老廃物や毒素を体外へスムーズに排出できるようになります。反対に水不足が常態化すると、体内に老廃物や毒素が沈殿していきます。これが悪血になる。毎日たっぷりきれいな水を飲むことが必要です。水道水はNG。飲み水には質量ともに十分に気配りすることです。

水の流れ

水不足が悪血をつくる

からだのなかにコンスタントに十分な水が入ってくれば、肝臓や腎臓の働きはいまよりずっとしっかりします。そうすれば、老廃物を体外へと排泄する正しい流れが体内にできてくる。

生来、わたしたちのからだには排泄の通り道がたくさんあるのです。

ところが水が不足すると、本来なら腎臓や腸を通してきれいにされるはずの老廃物が体内にとどまって蓄積していく。さらにこの老廃物をむりやり毛細血管に押しもどしてしまうのです。

体内に悪血がたまるのはこのためとわたしは考えています。そして悪血が増えると、体内のさまざまな器官が弱り、心には緊張やストレスが蓄積し、やがて肉体に支障をきたすのです。

人間の7割は水でできていて、水で浄化されている

わたしたちのからだの7割が水でできていることを考えれば、水が生理学的にどれほど大切かがだれにでもすぐわかりますね。

ちなみに7割というのは大人の話。赤ちゃんの場合、水はからだの9割にもなります。とにかくわたしのからだもあなたのからだも平均すると3分の2から4分の3は水なのです。

水がなければ、生命は成り立たない。

体内でいちばん大事な浄化装置であるこの水の循環システムによって、組織はすみずみまで洗われ、腸は浄化されています。水によって体温は一定に保たれ、体液は維持されるのです。

水を飲むことはすなわち、体内を浄化するうえでいちばん基本的かつ大切なことなのです。

1日に2リットルの水を飲む

わたしは野菜ジュースや青汁、ハーブティーなどとは別に、「水」を1日2リットルは飲むことに決めました。1日6杯ほどの水です。

それと別に、食前と食後にも1杯ずつ飲むようにしました。

食後に水を飲むと胃液が薄まるからいけないという人もいますが、昔の人は食後かならず緑茶を飲んだものです。わたしの祖母は「消化にいいから」といっていましたが、食後の水によってたしかに消化がスムーズになります(胃がもたれなくなった)。

腎臓を洗い流すことで、老廃物を溜めないという狙いもあります。

水道水(塩素)はやめる

アトピーのからだはきわめてデリケート。飲み水には十分な気配りが必要です。田舎育ちの方が都会に引っ越して、水が変わったら、アトピーになった、という話をよく耳にします。

水がうまいことで有名な、甲信越のある地域の老舗酒蔵の杜氏から、こんな話を聞いたこともあります。

「最近、山にダムができて、このあたりの水道水が地下水からダムの水に変わりました。そしたら、小学生の娘が急にアトピーになっちゃった。かわいそうで、弱り果てています。学校でもアトピーの子、増えているそうです」

その土地はそこここで湧水が湧き、道の駅では伏流水を無料で持ち帰れるようになっていたりして、水に不自由しているわけではないのです。ダムは、地元の有力者のごり押しでつくられたそうです。

水ならなんでもいい、とはいかないということです。

水道水はトリハロメタンや重金属などを含んでいる心配があります。トリハロメタンというのは、水道水中の有機物と塩素が反応してできる有毒物質です。発がん性が非常に高いといわれています。

トリハロメタンより恐いのは、残留塩素。日本の水道水の塩素濃度は世界一です。都市部の家庭の蛇口における塩素濃度は1ppm弱(東京は別)で、これはプールの水(プールの残留塩素濃度は法律で0.4ppm~1ppmと決められている)と同等かそれ以上なのです。

塩素を入れる目的は、雑菌や大腸菌の滅菌です。が、おなかの善玉菌もダメージを受けてしまう。

日本人のアトピー罹患率が、世界でも頭抜けて多いのは水道水が原因、と指摘する専門家もいます。彼らは塩素そのものが肉体にダメージを与えるからと説明していますが、わたしは塩素が腸内細菌のバランスを崩すからではないかと疑っています。

そんなわけで、わたしは水道水を絶対に口にしません。水はナチュラルミネラルウォーターと決めています。料理もこれ。腸が弱っていたりすると、水道水のなかをただよう有害物質がどんどん体内に入りこんで、微量でもダメージを受けますからね。

とにかく水はきれいであればあるほどいい。それを1日2リットル。

ただし、がぶ飲みはダメ。一度にたくさん飲むと、腎臓が疲れてしまう。こまめに水分を補給します。水を飲むのを忘れないよう、わたしはタイマーを使っていました。

にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireリンク

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。