カモミールティー

カモミールティーは腸の炎症を抑え、腸内を殺菌

この記事の重要度:

自然療法家たちは慢性皮膚病の治療用にカモミールを使います。湿疹やかゆみ対策にいいとか。が、それより注目なのは、胃腸の炎症を癒やし、腸内を殺菌する働きです。アトピーを癒やすのにぴったりです。淹れ方、注意点などをお伝えします。

カモミールティーの茶葉

ハーブとして愛されているのは、葉っぱや茎でなく花。りんごのような甘い香りがあります。

カモミールティーの効果

カモミールティーは、皮膚疾患の自然療法によく使われています。というか、いろんな症状によく使われるハーブティーですね。

手持ちの事典『食の医学館』を引くとこう書いてあります。

おもな働きは鎮静、保温、発汗、抗炎症作用などです。具体的症状としては、不眠症、イライラ、初期の風邪、頭痛、生理痛、胃炎、吐き気、にきび、湿疹、かゆみの改善に有効。

煮汁は「かゆみどめ効果が高い」ともありました。しかし、「アレルギー体質の人は皮膚炎を起こすことがある」とも。わたしはかゆみ対策に使ったことはありません。

飲用していて感じたのは、こんな症状にかなりよさそうだぞ、ということ。

  • 胃腸(消化吸収)の不調
  • 便秘(排泄不良)

カモミールティーは胃腸に作用して、胃や腸の炎症をしずめる働きがあるといわれています。同時に便秘対策にもなる。

アトピーの方がまず注目すべきハーブティーといえます。腸の機能低下からくる皮膚症状も、カモミールティーを常飲すればやわらぐはず、とわたしも考えました。

傷の消毒にも使われます。腸の殺菌剤としても有名です。これもアトピーのひとには見逃せないポイント。腸内細菌のバランスを整える働きが期待できます。

自然療法の世界では、乾癬の治療にカモミールティーはマストアイテムだとか。肌の症状が改善するまで飲みつづけ、治ってからも排泄促進のためにたまに飲むそうです。

乾癬は、慢性皮膚炎の一種。強いかゆみがあり、皮膚がうろこ状になったり、赤く腫れたり、ひどい落屑に悩まされたりするそうです。アトピーにとても似ている。

自然療法家たちは、アトピーも乾癬も原因は同じで、あらわれ方がちがうだけ、といっています。

カモミールティーの淹れ方

カモミール茶葉

  1. 茶さじ4分の1杯をコップに入れて、熱湯をそそぐ。
  2. 15~30分くらい放置する。
  3. 濾して飲む。
茶さじ1杯何グラム?

小さじすりきり1杯強くらい(5cc)。ティースプーンだと山盛り一杯ほど。茶さじ1/4は、1cc強。

つくりおきはダメ。毎回新しく淹れて、肌がきれいになるまで欠かさず飲みつづけます。飲むのは、夜か就寝前です。甘みがほしいときは、オリゴ糖を入れます。善玉菌も増やせて一石二鳥。

カモミールティーの風味

カモミールティー

ふつうにおいしいです。

リラックス効果が高いといわれていますが、納得です。毎晩ベッドに入るまえに飲むようになって、ぐっすり眠れるようになった気がします。

当ブログの健康法の基本は、腸壁の健全化正しい食事、体内浄化(排泄力アップ)。カモミールティーやスリッパリーエルム茶はこれらを支え、アトピーの完治を早めるのにもってこいの理想的なハーブティーなのです。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。