アトピーによい食べ物

食べるべき食品、食べていい食品

この記事の重要度:

アトピー治療期に積極的に食べたい野菜や食材、その理由を解説します。キャベツ、タマネギ、ダイコン、ニンジン、生姜、おそば、お酢、梅干し……。オーガニック(有機)食材や食品、無添加食品などの入手先もこっそり教えますね。

アトピーによい食べ物を積極活用

アトピーの改善に役立つ食材とは、胃腸の健全化に役立ったり、消化を手伝ってくれたり、デトックスを推進してくれたりするものです。こうしたものを積極的にいただきます。

野菜はもりもり食べる

きんぴらゴボウとみそ田楽(こんにゃく)

きんぴらとみそ田楽。ゴボウもこんにゃくも、小腸から大腸までの大掃除に役立ちます。こんにゃくは、こんにゃく芋からつくられる、れっきとした野菜です。

キャベツ、玉葱、大根、人参を毎日食す、これは生菜食の記事に書いたとおり。

そのほか、わたしがよく食べていたのは、こんなアルカリ野菜です。

  • こんにゃく、山芋、ゴボウ(大腸の働きを活性化)
  • ほうれん草、小松菜、セロリ(胃腸を浄化、病んだ腸を健全な状態に)
  • もやし、きのこ類(排便を促す)
注意点

①ほうれん草はシュウ酸を多く含みます。関節炎や結石症の方は、食べすぎに注意。

②きのこ類(野菜ではありませんが)は便通改善に役立つほか、乱れた免疫系を正常化して、アレルギーをやわらげる効果が高いといわれています。が、カンジダの交叉反応を起こす可能性がありますから、食べて症状が悪化するときは食べないようにします(最初からきのこ類を避ける手もある)。

高繊維食品をとくに積極的に食べる

以上のようなアルカリ野菜をたくさん食べたのは、体内浄化に役立つだけでなく、食物繊維をたっぷり含んだ高繊維食品だからです。高繊維食品には、次のような利点があります。

  • 腸のぜん動運動を刺激する。
  • 腸壁をこするような働きによって大腸の掃除をしてくれる。
  • 食べ物を小腸から大腸へとスムーズに移動させる。

こうした利点があるのは、食物繊維が消化されないからです。

腸内に停滞している糞便、肝臓から送られてきた老廃物、食べ物に含まれていた毒素など、人体にとって不要なものの排泄を促進します。だから有害物質は腸内に定着する時間もなく、腸壁から剥ぎ取られて排出されてしまうのです。

野菜のほかにも高繊維食品はいろいろあります。

  • 穀類(押し麦、ライ麦、オートミール、ひえ、あわ、玄米、おそば)
  • 果物(リンゴ、アボカド、イチゴなど)
  • 種実類(ごま、栗、アーモンドなど)
  • 海藻類(ひじき、わかめ、焼き海苔など)

生姜には高い薬効がある

新生姜

わが家では欠かせない食材のひとつ。国産生生姜が基本。チューブタイプは使いません。加工食品は余分な成分を含みますし、薬効成分が変質しているからです。ちなみにニンニクもたまにすりおろして生で食べていました。ニンニクには、強いカンジダ殺菌作用があります。

生姜は毎日食べていました。生姜がないと漢方は成立しないといわれるほど、その薬効は高いのです。

からだを温め、全臓器を活性化させ、ガスを出し、消化を助ける。血液をさらさらにし、免疫力を高め、強い殺菌作用や抗真菌作用まである――。

まさに万能薬。料理にも使いやすいですね。すりおろしたり、みじん切りにしたりして、いろいろな料理に入れていました。

生姜湯や生姜紅茶もしょっちゅう飲んでいました。寒い時期はからだが芯からぬくもります。レシピはこちら。

主食を未精製の穀類に変える

精白すると、穀類からは胚芽やぬかの部分がとりのぞかれます。が、じつはそこにこそ栄養素が詰まっている。それがない穀類は、体内に入ると砂糖とほとんど変わりありません。砂糖を食べたときのように炎症とかゆみがひどくなるのはそのため。

精製穀類は、われらが天敵カンジダの大好物でもあります。

アトピーを癒やすための主食は、精製されていない穀類です。

玄米

わが家は長らく玄米食です。

玄米食にはさまざまな利点があります。

  • ビタミンとミネラルの補給源になる。
  • 肌の健康に不可欠な亜鉛が豊富。
  • 自然とよく噛んで食べるようになる。
  • 白米よりずっと腹持ちがいい。
  • 便通がよくなる。
  • 善玉菌のエサになってくれる。
  • カンジダの増殖に影響がない(そう感じます)。
  • 放射性物質の排泄に役立つ。

この記事にもっとくわしく書いています。

気をつけたいのは、無農薬で栽培されたものか、残留農薬検査をきちんと行なっているものを選ぶということだけ。農薬は、胚芽やぬかの部分に残るからです(だから白米には残留農薬の心配がほとんどない)。

玄米のライスケーキ

オーガニック玄米でできたライスケーキ。玄米パフを固めたものです。甘くないポン菓子みたいな食感ですね。1枚たったの10グラム。ふかふかですけれど、パリパリいわせながら頬張っていると、2枚くらいで食べたなあという満足感がわりと得られるのです。小食中はこんなのも便利でした。
玄米は白米と比較してたんぱく質が多いため、アトピーにはNGとする説があります。わたしも一時それで躊躇していたのですが、実際にはじめてみたらデメリットなんて微塵も感じませんでした。たまには白米が恋しくなる、という点をのぞいては(笑)。

もっともこれはわたしの話。まず試し、異常がないかどうか体調を入念にチェック、その繰り返しが自分にマッチする食習慣を形成していきます。わたしはそのために毎日のメニューをこまかく記録していました。

なお、玄米は弱酸性食品。「酸性食品・アルカリ性食品」の理論を信じるなら、白米(中酸性)、小麦(強酸性)より体内を酸性化し、血液を汚す度合いはずっと小さいということになります。

玄米食をはじめるに際し、玄米に含まれる反栄養素や玄米食による消化不良、好転反応のことなどいくつか知っておくべきことがあります。こちらの記事にまとめています。

白米や小麦に関しては次の記事「アトピーに悪い食品」でくわしく説明しますので、このくらいにしておきます。

おそば

麺類が食べたくなったら、おそばを食べていました。

数ある麺類のなかでも、おそばはたんぱく質をいちばん多く含んでいます。だからアトピー治療中はおそばを敬遠する方もおられますね。

でも、おそばは超健康食品。そして穀類でも数少ないアルカリ性食品です。

ビタミンとミネラルの含有量が多く、たんぱく質は必須アミノ酸8種を含む良質のもの。さらに消化されやすいデンプン、血管を強化するルチンを含みます。からだを温め、血流を改善してきれますし、腎機能を高め、尿からの老廃物排出を手助けしてくれたりもします。

ただし、おそばにはアレルギーや過敏症がある方もいます。食べると症状が悪化すると感じたら、やめたおくべきです。

十割そば

お昼は軽くおそばですませる、ということが多かったです。もちろん食前の生菜食は欠かしません。購入時はそば粉の配合率を確認。そば粉2割(8割は小麦粉)というものも少なくないのです。わたしは国産そば粉使用の十割そばを買っています。

刻みネギ(免疫力を高め、解毒効果も高い)をたっぷりとかけて。とろろそばもよいです。山芋は消化酵素が豊富。消化吸収を強力に助けてくれるそうです。

トウガラシは好物でしたが、やめました。トウガラシのカプサイシンには解毒作用や、血液や腸内の浄化作用があるのですが、弱った胃腸には刺激物でしかない。腸粘膜の再建が終わるまで、一味や七味は避けるのがベターです。

そばに農薬の心配はないの?

そばはもともと稲作に向かない痩せた土地で栽培されていた農作物。だから化学肥料がなくても立派に育ちます。

農薬もあまり使用されないそうです。なぜか。「蓼(たで)食う虫も好き好き」ということわざをご存知ですね。たいていの虫は苦味のある蓼科植物を敬遠するけれど、なかにはそれを好む虫もいます。転じて、人の好みはいろいろということの喩えになったわけです。

そばは蓼科なのです。

そのほかの穀類

玄米とそば以外で、精製されていない穀類には次のようなものがあります。

いますぐ白米を玄米に変えるのが難しいなら、アトピーが完治するまではこうしたものを主食にするといいのではないでしょうか。白米がどうしても食べたい場合、雑穀を混ぜて炊くという手があります。白米だけを食べるより、からだへの負担をぐっと減らせるはずです。

オートミールは好きで、わたしもよく食べましたね。最近グルテンフリーに注目が集まっていることから、あわやひえ、きびなどでつくられたパスタ麺や中華麺をスーパーで見かけるようになりました。中国産原料のものが多いようですが、そうでなければ利用する手もあります。

種実類(ナッツとシーズ)

穀類ではありませんが、ナッツやシーズ(種実類)は便利な食品。糖質制限をしていたころ、よく食べていました。腹持ちがいいし、穀類への渇望を減らしてくれます。

わたしのお気に入りの種実類はおもにこんなもの。

  • アーモンド(ビタミンEが豊富)
  • くるみ(オメガ3系脂肪酸を含む)
  • マカダミアナッツ(オメガ3系脂肪酸を含む)
  • ヘーゼルナッツ(どんぐりそのもの)
  • ひまわりの種(ビタミンとミネラルのバランスがいい)
  • かぼちゃの種(ほとんど中国産……)
  • 亜麻仁(オメガ3脂肪酸がたっぷり)
  • ごま(抗酸化作用が強い)

ナッツやシーズは糖質をあまり含みません。そもそも低GI食品ですから、たくさん食べても血糖値をあげにくいのです。ただし種実類の多くは酸性食品です。食べ過ぎには注意が必要です。

アーモンド、カシューナッツ(種実類のなかでは際立って糖質が多いため、食べませんでした)、ひまわりの種、ごまはアルカリ性食品ですよ。

ナッツ

難点は、一度食べはじめるととまらなくなるところ。過食はやはり、消化器には大きな負担です。ナッツやシーズのほとんどが、リノール酸(アレルギーを悪化させる脂質)を含みますので、この点からも食べすぎはダメ。油で揚げたり化学調味料が添加されているものは避けて、素焼きを選びます。生のほうが栄養価が高いという意見もあります。生の種実にはやや毒性がありますが、24時間水に漬けておけばOK。毒素が消え、栄養機能が高まります。

ナッツは比較的アレルギーを起こしやすい食品です。異常を感じたら、食べるのはすぐに中止します。腸だけでなく全身を傷つけます。

それからナッツやシーズはカビに汚染されていることが少なくないようです。中国産はいうまでもありませんが、ほかの国からの輸入品でも、数週間も貨物船のコンテナなどに詰めこまれて運ばれてくるわけですから、季節によってはカビが生えるのも無理からぬ話ですね。

その対策として、収穫後の農作物に農薬(防かび剤や殺菌剤)を散布する「ポストハーベスト」も問題になっています。

ちなみにわたしの場合、さすがにカビ臭いものにあたったことはありませんが、食べて異常を感じることは何度かありました(米国産のひまわりの種をたくさん食べたら、ひざ頭に赤い発疹がいくつか出現したり)。カビのせいか、はたまた防かび剤のせいなのかはわかりませんけれど、ためらわずに捨てるようにしています。

果物は食べすぎに注意する

果物はほとんどがアルカリ食品です。体内のアルカリ化に貢献してくれる。食べ過ぎなければOK。

アトピーによいとわたしが判断したのは、

  • リンゴ(1日1個食べてもいいくらい)
  • ブドウ(デトックスに役立つ)
  • キウイフルーツ(抗酸化作用の強いビタミンCとビタミンEが豊富)
  • パイナップル(消化酵素が豊富)
  • パパイヤ(消化酵素が豊富)

ほとんどの果物は自分が消化されるだけの消化酵素を含んでいますので、消化にさほど負担がかかりません。たまにおやつ代わりに食べてもOK。パイナップルとパパイアは強力な消化酵素を持っているので、お魚を食べた日のデザートなどにうってつけです。もちろん国内で栽培されたものを選びます。

ただし果糖を多く含みます。果物を過食すると、肝臓に負担がかかりますし、カンジダのエサにもなります。(かなり)控えめにしておく、ということを心に留めていました。

プルーンなどのドライフルーツは便秘にとても効きますが、糖質のかたまりですので基本的に避けるのが正解。オートミールに少しばかりのレーズンを入れるくらいは許容範囲としました。

梅干しは毎日食べる

12年熟成ものの梅干し

12年熟成させた梅干し。地方へ行くと、土地の農作物直売所へ立ち寄るようにしています。野菜や特産品などを買いこむためですが、そのときかならず梅干しも買っています。近所の農家のおばさんたちの手づくりですので、余計なものが一切入っていないのです。

すっぱいものは胃腸の炎症に効くそうです。

お酢や梅干しですね。お酢としょうゆ、かつお節を千切りサラダにかけると非常に美味です。

カンジダ症が進行するとイーストコネクションを引きおこすことがあります。カンジダだけでなく、ほかの酵母や真菌類全般にアレルギー反応が起きるようになるのです。

こうなるとお酢はNG。この場合、カンジダ症でも大丈夫とされている純リンゴ酢を使う手があります。同様にかつお節(製造工程で、カビを使って熟成させる)もNG。こちらはカビつけされていないもの(花かつおやかつお削りぶし)を使えばOK

添加物の使われた梅干し

梅干しは毎日1個ずつ食べていました。やはり無添加ものを買います。スーパーの梅干しの原材料表示を見ると、化学調味料や人工甘味料などがたっぷり。どうしてこんなに添加物が必要なのでしょうね。そのほうがおいしい、という消費者が多いのでしょうか。みんなが買うのをやめれば、まともな食品がもっと増え、安価に流通するのかもしれませんね。

さいごに

アトピーの治癒を早めるには、なにをどんなふうに食べるかが重要です。

完全に治るまでは、農薬やポストハーベスト(収穫後に散布される防カビ剤、防腐剤)、カビ汚染、食品添加物などの心配のない、安全な食材を選ぶ、ということもとても大切です。

にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireリンク

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。