高アルカリ食

酸性化した体をアルカリ体質に変える食事法

この記事の重要度:

アトピーの方の血液や細胞や尿などは酸性に傾いています。これをアルカリに引き戻すのは、アトピーを完治させるのに不可欠です。アルカリ体質になれば、体内にたまった毒素がどんど排泄、排出されるようになるからです。高アルカリ食の方法を解説します

酸性化した血をきれいにすると、毒素の排泄が促進

昔のわたしは、まちがいなく酸性体質でした。

たとえば瀉血(皮膚から血を吸いだす、東洋医学の療法)をやると、まっ黒で高粘度の血のかたまりがたくさんとれます。あきらかに酸化している。触ると指先がピリピリして、ツンとしたにおいがあります。「金属を浸けたら、溶けるのではないか」と感じたくらいです。

とにかくアトピーの方の血液が、酸性側に傾いているのはまちがいない。いわゆる、ドロドロ血です。でも、わたしたちの体内はつねに弱アルカリでないといけない(本当の酸性になると死んでしまう)。からだはだから、必死で中和し、浄化しようするのです。

血液が酸性化するいちばんの原因は食事。誤った食生活は、からだに余計な、過剰な負担を強いているというわけです。

人間のからだは、酸性傾向でなくアルカリ傾向にあるとき、どんな病気に対しても最大限の抵抗力を発揮してくれます。炎症は減り、皮膚のトラブルは減り、内臓の負担は軽くなるのです。風邪なんて引かなくなる。体内を酸性化する食べ物がいらないといっているのではありません。酸とアルカリのバランスを正常に保つのが大切という話です。

そこで、正食(正しい食事)に切り替えることが、病を、ひいてはアトピーを癒やすためになにより大切。「高アルカリ食」によって、酸性化し、汚れたドロドロ血は、きれいなサラサラの血へとよみがえります。

これに成功すると、たまった毒素が体外へどんどん排出されるようになっていきます。酸毒(尿酸などの体内毒素)もアルカリの尿には溶けやすい。これまた排泄が促進します。

アルカリ性食品8、酸性食品2のバランス

わたしは1日の食事の8割くらいをアルカリ性食品にするよう心がけました。

  1. アルカリ性食品8割
  2. 酸性食品2割

本当はアルカリ性食品100%としたいところでしたが、さすがにそれは無理。いくつかの書物に「慢性疾患を癒やすのに必要なのはこのバランス」とあったので、8対2の法則を採用しました。

アトピーや湿疹にかかっているなら、この「8対2」の比率を頭に叩きみます。いまよりアルカリ食をずっと多く食べ、酸性食をぐっと減らすのです。

たいていはその逆になっています。

酸性をつくりだすものばかりとっているから、すぐ風邪をひいたり、関節が硬くなったり、肌にシミがたくさんできたりする。からだに酸毒が蔓延しすぎて、細胞が「助けて」と悲鳴をあげている。

からだが酸性体質からアルカリ体質へ変われば、驚くほどの早さでからだが反応します。関節はやわらかくなり、風邪やアレルギーはよくなり、皮膚のシミは薄くなり、色つやがめきめきよくなってくる。

昔のような食生活に舞い戻らないかぎり、その状態はいつまでもつづくのです。

アルカリ性食品、酸性食品の摂り方

そんなわけで、わたしたちにはどの食品がアルカリ性食品で、どの食品が酸性食品なのかをよくよく理解しておく必要があるわけです。

アルカリ性食品はどんな食べ物か?

野菜(葉菜類、果菜類、根菜類)、果物、海藻類、きのこ類、大豆

酸性食品はどんな食べ物か?

肉類(豚肉、牛肉、鶏肉、羊肉)、魚類、卵、乳製品、穀類、砂糖

食べ物が代謝されたあとの酸性度あるいはアルカリ度が、酸性食品とアルカリ性食品を区別する指標となります。酸味のある果物のほとんどは、体内ではアルカリ性になります。

酸性食品とアルカリ食品の一覧表を以下にまとめていますので、献立を考える際はぜひ参考にしてください。

アルカリ性食品の摂り方

野菜や果物、それらのジュースといったアルカリ性食品はからだが消化吸収しやすいため、胃腸への負担が少ないのが魅力。そのぶん腸が休まる、という利点があります。

アルカリ性食品の摂取量は、食事全体の8割が目安です。

野菜は、葉物野菜を多めに摂りました。小松菜やほうれん草、キャベツ、レタス、ブロッコリー、セロリなどです。根菜類はその半分くらいにしました。葉物より消化に負担がかかります(過食すると、おなかが重くなります)。

この記事に、完治を早めてくれたアルカリ野菜などについて書いています。

果物は糖分が多く、カンジダをさらに増殖させるリスクがあります。だからカンジダ症の方が行なうプログラムでは、通常はNGとされます。

が、わたしは食べていました。フルーツは体内を強力にアルカリ化し浄化してくれる、と考えたからです。なによりおいしいですから(笑)。

でもかなり控えめにしました。やはり糖質は血糖値をあげ、顕著な炎症の増悪をまねきますし、カンジダも喜んでいる気がしたからです。

口にするのは新鮮な季節の果物です。ビタミンをそのまま摂取するために、生で。

果物のシチュー

最近は気分に応じて、シチューにすることも。煮て食べる。これがじつにうまい。立派な朝食や昼食です。激しい運動後のカロリー補給や、食後のデザートにもぴったり。果物を細切りにし、鍋に入れて、焦げつかないよう水を少し入れたら、火にかけます。写真はりんごとはっさく。はっさくは実家で採れたものですので、農薬の心配がない。果物は煮ると甘味が増し、食感がぐっとなめらかに。パンに乗せてもうまい。ただし、煮たフルーツからはビタミンが失われ、砂糖を食べるのとほとんど変わりがない。過食NG。アトピー克服前は厳禁。

日本人にはやはり日本で採れたものがいちばん。「地産地消」ですね。日本には古くから「身土不二」という思想(地元の食べ物がからだにもっともいい、という考え)があります。あれは正しい。わたしは故郷を遠く離れて暮らしていますので、少なくとも日本で採れた安全な農作物をいただくようにしています。

ハーブティーも、体内のアルカリ化を助けてくれます。腸壁を癒やし、腸内のカビ(カンジダなど)をやっつけてくれたりもします。

アルカリ性食品の留意点1.生野菜にゼラチンをかける

ゼラチン

生野菜のサラダは1日1回かならず食べました。

アトピーが治ってから、わたしはサラダにゼラチンをふりかけるようになりました。ゼラチンがいっしょだと、効率よく野菜のビタミンやミネラルを吸収できると知ったからです。

さらに善玉菌を増やす働きもある。コラーゲンの材料ですから、肌もうるおいます。くわしくはこちら。

ところが後日、カンジダがゼラチンに反応すると知りました。ゼラチンがあると、菌糸形へ変態を遂げるそうです。腸壁に食いこみやすくなる。わたし自身は利点のほうが多いと感じますが、カンジダが気になるアトピーの方はご注意を。

アルカリ性食品の留意点2.ナス科の野菜は食べない

唐辛子

野菜に食べすぎなんてありません。どんどん食べるべき。ですが、アトピーの方にはひとつだけ避けないといけない種類の野菜たちがいます。

ナス科の野菜です。

ナス科に含まれるたんぱく質の「レクチン」は、小腸の消化と吸収を阻害することがわかっています。さらには小腸の表面を傷つける。

レクチンを含む食べ物はナス科以外にもあります。が、ナス科のレクチンは加熱しても分解されないのが特徴。アトピーの方は、ナス科に敏感なケースが多いといわれています。

というわけで、酸・アルカリ反応とは無関係に、ナス科の野菜は無条件に避けるようにしました。

腸壁を破壊するナス科の野菜は?

トマト、茄子、ピーマン、パプリカ、唐辛子、胡椒

豆知識

米国のノーマン・チルダース博士(フロリダ大学食品農業科学研究所)は1993年、疫学調査によって「ナス科の植物は炎症を引きおこす」と結論づけています。論文はこちら

アルカリ性食品の留意点3.一部の野菜と果物は酸性食品

ほとんどの野菜と果物は体内でアルカリ性に変化します。

しかし例外もある。

体内を酸性化する野菜と果物は?

野菜/とうもろこし、じゃがいも
豆類/そら豆
果物/ドライフルーツ、クランベリー、ブラックベリー、工場加工のフルーツジュース

もっとも、野菜や果物、豆類の栄養と生命力は、そんな短所をおぎなって余りあるものです。食べすぎに注意するくらいで大丈夫。

アルカリ性食品留意点4.注意すべき食べ合わせ

かんきつ類と穀類と乳製品

自然療法の世界で、

  • 生りんご(ジュースは除外)とメロンはほかの食べ物といっしょに摂ってはいけない。
  • かんきつ類は穀類や乳製品といっしょに食べてはいけない

といわれることがあります。

朝食やおやつにそれだけを食べるのもいいけれど、食後のデザートにするのはダメ、ということのようです。

理由ははっきりとわかりませんが、自然療法というのは経験の医学。科学的な根拠はなくても案外正しいことをいっていたりする。というわけで、わたしはなんとなく守っていました。気にしない方はそれでかまわないと思います。

アルカリ性食品の留意点5.さらにアルカリ体質になる方法

最後に、さらにアルカリ体質になるための極意をいくつか紹介します。

レシチンは、頭の働きがよくなるといわれている成分。大豆由来の脂肪分です。高アルカリ性食品で、強力にからだをアルカリ化します。

生野菜サラダにゼラチンとレシチン

近ごろのマイブームは、レシチン&をトッピングしたサラダ。オリーブ油をまわしかけ、味つけは塩かしょうゆで。大さじ1杯のレクチンでコクが出ます。頭もたいそうよくなりました(ウソ)。物忘れがとまらない(涙)。

レモン果汁やライム果汁入りの水は、アルカリ体質にしてくれるうえ、体内浄化が進みます。

ついでにいうと、ポジティブな感情も体内のアルカリ度を高めることがわかっています。わたしはネガティブな気持ちが湧いたらいったん脇にどけます。そして散歩したり外を走ったり、映画やお笑い番組を楽しんだり、楽器を弾いたりして、気分転換をはかるようにしています。

酸性食品の摂り方

酸性食品の代表は、肉や魚、穀類、ナッツ類、乳製品、油脂、多くの加工食品など。固くて重たくて、消化吸収がしづらいのが特徴。

ただし例外があります。

これらはアルカリ性食品

おそば、アーモンド、オリーブオイル、ココナッツオイルなど

酸性食品を一度にたくさん食べると、血液が酸性化して、アトピーがますます悪化していくのがわかります。

治る前も治ってからも摂りすぎないように注意しています。酸性食品はたくさん摂らなくても、必要量は十分まかなえるのです。

たんぱく質(肉や魚など)の食べ方は、こちらにまとめています。

酸性食品の留意点1.注意すべき食べ合わせ

いろんな酸性食品を組み合わせて食べるのは、なるべく避けました。胃腸への負担が増すからです。たとえば、こういうこと。

  • パンに市販のジャムを塗りたくる(でんぷんと砂糖)
  • 肉と魚を同時に食べる(たんぱく質とたんぱく質)
  • 揚げ物など、油を使った肉料理(たんぱく質と油)
  • おにぎりとうどんをいっしょに食べる(多すぎるでんぷん食品)

食養生が禁じていることばかりですね。わたしは現在もこういう食べ方を避けるようにしています。

酸性食品の留意点2.砂糖や砂糖でできた食品はNG

エリスリトール

白砂糖や、白砂糖(あるいは果糖ブドウ糖液糖など)がたくさん使われている加工食品は一切食べませんでした。酸性食品であるばかりか、こうした糖質は体内のビタミンとミネラルを大量に消費します。ろくなことがないのです。

料理に使うのは、黒糖かてんさい糖。それも少量。アトピーが治るまでは、キシリトールやステビアがおすすめ。血糖値をあげませんし、キシリトールにはカンジダの抑制効果もある。もちろん、体内も酸性化しません。

このあたりの話は、こちらの記事にまとめています。

酸性食の留意点2.アルコール(お酒)はやめる

赤ワイン

ビールや日本酒のほか、酎ハイやカクテル系のアルコール飲料(砂糖入りのもの)も酸性食品です。焼酎やジン、ウォッカ、テキーラ、ウイスキーとった蒸溜酒は中性ですが、いずれにしてもアルコールは肝臓にかなり負担をかけてしまいます。

治るまではやめるのが正解。わたしはそうしました。

どうしても飲みたいなら、たまにグラス1杯の赤ワインを飲むくらいはOKかもしれません。赤ワインはアルカリ性食品ですし、抗酸化作用の強いポリフェノールたっぷりです。ただし、イーストコネクション(おもにカンジダが引きおこす、いろんな酵母食品にアレルギー反応が生じる症状)の場合は、症状が悪化します。

やはりお酒はあきらめるのが得策。

酸性食品の留意点3.体内の酸性度を高める便秘を解消する

便秘は体内の酸性度を高めます。慢性的な便秘の場合、腸内の便をできるだけ早く排泄することがなにより大切。野菜をたくさん食べても出ていかないとき、わたしは次のような手を使いました。

このほか、ストレスや不安、怒り、自己嫌悪、劣等感、憎しみといったマイナスの感情も、血液を酸性に傾けることがわかっています。上手に気分転換をはかります。

血液が汚れていると、酸とアルカリのバランスが崩れる

「ポッテンガーの猫」で有名なフランシス・ポッテンガー博士はこんなことをいっています。

「悪血症(毒素がからだにたまっている状態)がつづくと、からだの基本構造が壊れる。組織の酸・アルカリバランスが酸性に傾く。これが、毒性の症状の発生と固定化に深く関係している。このような場合、アルカリ食などで、体内にアルカリを投与することが必要だ」

ポッテンガーの猫とは

10年間、900匹のネコを追跡調査し、食事が心身に与える影響を観察。不健康なエサを食べたネコたちは2代目になると多くが病気になり、3代目では身体機能に異常があらわれたり、皮膚疾患、精神異常が急増したりしたそうです。

アトピー体質というと、現代医学ではアレルギー体質と同じ意味ですが、じつはそうではないと思うのです。からだが決定的な酸性化傾向にある状態のことだと思います。

だからわたしたちは、正しい酸とアルカリのバランスの大切さをきちんと自覚する必要がある。食養生(高アルカリ食など)でアルカリ体質をつくることの意味は、まさにこの一点にあるといえます。

これによって、わたしたちは健康や自然治癒力、免疫力を最大レベルで維持していくことができるのです。

気にしすぎるのはよくない

アルカリ体質をつくるのは、アトピーを完治されるうえでとても大切ですが、あまり気にしすぎるのはダメ。神経質にやるとつづきません。かえって、ストレスです。ストレスはなによりからだを酸性化させます。

アルカリ性食品8、酸性食品2のバランスはだいたいの目安、というくらいの感覚がちょうどいいと思います。厳密にやろうとすると、台所でキッチンスケールとにらめっこするハメになる。そんなことは必要ない。

酸性食品とアルカリ性食品についての知っておけば、動物性食品(肉や魚、乳製品)、甘いもの、精製穀類(白米、白小麦粉、白砂糖ほか)など、体内で毒素をつくりやすいものを自然に食べすぎないようになる。これがアルカリ食いちばんの意義であり、メリットなのだと考えています。

運動不足には、とくに高アルカリ食が向いている

スポーツマンやガテン系の方は、食べ物の毒素(酸毒)も体内で燃やしてエネルギーに変えることができるそうです。

しかし運動不足ぎみのひとには、このプロセスがありません。デスクワークが中心だったりして、日ごろほとんど運動しないという方は、アトピーが治ってからも高アルカリ食を意識するといいようです。

いいかえると、毎日からだをしっかり動かす生活を送っていれば、それほど気にする必要はないということかもしれません。

栄養学は、アルカリ性食品と健康との関連性を認めていない

最後にもうひとつ。

自然療法や伝統的医療、代替医療の世界では、酸とアルカリのバランスを考慮した食養生が重要な役割をになっています。けれども日本の栄養学は、アルカリ性食品や酸性食品と健康状態との関連性を認めていません(個別の研究者や医師、栄養士には、アルカリ性食品の摂取をすすめるひとも少なくない)。

ちなみに海外の疫学調査では、酸性食品が病気のリスクとなるとわかっています。このため、骨粗しょう症の予防としてアルカリ性食品をとることが推奨されていたりします。

この問題、まだ結着がついていないようですね。

この記事にもうすこしくわしく書いています。

どっちにしても、現代の栄養学者も、野菜がからだをつくり、果物がからだを浄化するという点では意見が一致しています。そして、ほとんどの野菜と果物はアルカリ性食品です。それにアルカリ性食品をたくさん食べるとすこぶる体調がいい、というのが、わたしの実感でもあるのだからしかたない(笑)。

高アルカリ食はアトピーを癒やし、病気にならないからだをつくる。わたしたちはこれでからだを癒やし、健康を維持することができる。そう確信しています。

にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireリンク

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。