生菜食(生野菜を食す)

食前の生菜食

この記事の重要度:

アトピーを完治させるのにとても役に立った野菜があります。キャベツ、ダイコン、タマネギ、ニンジン、この4つです。これらは毎日食すべき。それも「生」で。その理由をわかりやすく解説していきます。

4種類の野菜を「生」で毎日食べる

生菜食は「なまさいしょく」と読みます。生野菜を食べる、という意味です。

毎日「生」で食べる必要があると考えたのは、キャベツとタマネギ、ダイコンとニンジンの4種。

ニンジン、キャベツ、タマネギ、ダイコン

キャベツは腸の粘膜を強化する

キャベツは、胃や十二支腸の粘膜を丈夫にしてくれます。

有名なビタミンU(キャベジンとも呼ばれ、胃を強力に健全化したり、ヒスタミンを不活性化させたりする)のほか、ビタミンK、ベータカロテン、カルシウムも豊富で、とくにビタミンCは100g中に44mgも含んでいます。

タマネギは血液さらさら、アレルギー改善に

タマネギは、スタミナ増強食。血液さらさら効果、便秘解消、アレルギー体質の解消などがよく知られていますね。

毎日1/4~1/2個は食べたいところ。わたしは1日1個いただいていました。辛いからといって、水にさらしすぎると成分が流れだしてしまいます。

ダイコンは胃腸の働きを整える

ダイコンは、でんぷんの消化酵素であるジアスターゼほか、たくさんの酵素を含んでいます。消化を助け、腸の働きを整えてくれます。

ジアスターゼには強い解毒作用と、焼き魚のコゲにある発ガン性物質をとりさる効果も。魚を食べる際はかならずいっしょにいただきます。胃のもたれや胸やけといった胃酸過多の症状にも効きます。

ビタミンCも豊富。皮のあたりには中心部の2倍ものビタミンCが含まれますから、わたしはすりおろします。

ニンジンには強い抗酸化作用がある

ニンジンは、緑黄色野菜ですから、強力な抗酸化物質のベータカロテンを大量に含みます。ビタミンA換算で100g中4100UI。そう聞いてもピンときませんが、成人男子の1日必要摂取量の2倍以上です。ベータカロテンは脂溶性ですので、食べるときは数滴の油といっしょだと吸収効率がぐっとアップします。

ニンジンはほかにも、ビタミンB1、B2、Cを少量、ミネラル類のカリウム、鉄、リンを多量に含みます。毎日食べていると、がんの予防になるし、視力強化にも役立ちます。肌がなめらかになります。血行を改善し、からだを暖める効果もあります。

生野菜を食べる目的

なんのために生野菜を毎日せっせと食べていたのか。

  1. 食事の量を減らしても満腹感が得られるから。
  2. 胃腸への負担が減らせるから。
  3. ビタミンや酵素を補給するため(※)。
  4. 腸内細菌のバランスと多様性をとりもどすため。
「生」でいただくのは、酵素やビタミンが熱で壊れるのを避けるためです。

野菜の食べ方

食前にいただくのが基本です。

キャベツとタマネギのサラダ

昼と夕は毎食、キャベツとタマネギを千切りにしたサラダからはじめていました。オメガ3系脂肪酸豊富なえごま油をまわしかけ、酵素たっぷりの塩麹か天然塩、バジルをふりかける。リンゴ酢をかけるのもオツです。本当においしくて、あきませんでした。ちなみにダイコンは毎夕食時、ダイコンおろしやじゃこおろしにして食べていました。

野菜を水にさらす

スーパーで買った野菜はカットして、ボールに水を張り、10分程度さらしています。水溶性の農薬なら流れます。でもさらしすぎは禁物。ビタミンCや薬効成分が溶けだしてしまいます。

野菜のスライサー

キャベツとタマネギの千切りには、スライサーが便利。包丁で千切りしていたころと比べると格段に食べやすいのです。キャベツは大きな塊のまま、千切りにできます。繊維と直角にカットすれば、口当たりがやわらかくしあがり、サラダにぴったり。

毎日キャベツをそんなには食べられない、というのなら、ザワークラウトを手づくりするのもおすすめ。発酵食品です。腸内環境を整える効果が高い。一石二鳥ですね。

オーガニックのニンジン

ニンジンは毎朝ジュースにしていただきます。皮も栄養が豊富ですから、まるごとジューサーにかけられるよう、オーガニック(農薬も化学肥料も使わずに栽培されたもので、有機栽培ともいう)のものを10キロ単位で箱買いしていました。

できればオーガニックか減農薬栽培の農作物を

田舎の両親がたったひとりの孫のため、家庭菜園で採れたオーガニック野菜を隔週で送ってくれますから、ふだん農薬を気にすることはほとんどありません。

とはいえ、アトピーのからだはデリケートなので、なるべく安全な食材を選びたいところ。

有機栽培で育った野菜は、化学肥料を使用したものとはまるきり味わいがちがいます。化学肥料で育った野菜は、オーガニックのものとくらべると、栄養価が数分の1に落ちているそうです。

土の差ですね。

野菜は成長過程で土壌から栄養分を吸収しますから、自然の摂理です。

にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireリンク

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。