冷たいもの辛いもの甘いものと精製食品は食べてはいけない

アトピーの方が口にしてはいけない食材食品について解説します。冷たいもの、辛いもの、甘いもの、精製食品(白砂糖、白小麦粉、白米)などを遠ざけ、黒糖や黒パン、生蜂蜜、ココナッツ油を摂りましょう。理由とおすすめアイテムを紹介しています。

③食生活改善~食べてはいけない食品

この情報の重要度:

  • 0
  • 1
  • 0
  • 25

【★★★★☆】

次は、根治するまで食べてはいけない食品についてです。

冷たいもの、辛いもの、甘いものを避ける

まず、冷たいものを避けます。消化に悪いうえ、ほかの食物が消化される際にはその足を引っ張ります。

辛いものもNGですね。本来、トウガラシのカプサイシンなどは排毒効果が高く、血液や腸内を浄化してくれるのですが、傷ついた腸管には刺激が強すぎます。かえって粘膜が荒れます。

甘いものはできるだけ減らしました。とくに精製された砂糖、いわゆる白砂糖は毒です。食べると、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンBを中心としたビタミンを過剰消費します。白血球の働きが弱まります。

甘味料は、黒糖かてんさい糖を使っています。精製されていないお砂糖は吸収がゆっくりですので、からだへの負担が小さいです。ビタミンとミネラルも補給できます。オリゴ糖や蜂蜜もいいですね。

黒糖
「波照間島産黒糖」
波照間島の黒糖です。Amazonで450g500円前後。石垣島からフェリーに乗って行ったことがあります。キビ畑の広がる、のどかで美しい島でした。島内に黒糖工場もありました。そんな思い出から、黒糖はよくこれを買っています。沖縄の黒糖は島ごとに風味が異なり、食べ比べると楽しいです。ビタミンとミネラルをバランスよく含みます。そのままかじってもうまいです。

てんさい糖北海道特産のてんさいからつくられた砂糖、てんさい糖。スーパーで買えます。ミネラル、ビタミンが豊富です。

オリゴ糖は、大腸までしっかり届き、乳酸菌のエサとなって、善玉菌を強力に増やしてくれます。そのままでは腸壁から吸収されませんので、砂糖のようにからだに負担をかけないのがうれしいです。しかも、このオリゴ糖は純度ほぼ100%。摂りすぎてもOK。料理にも使えます。カイテキオリゴの詳細はこちらにまとめています。

精製された“白い”食品は、なるべく除去する

精製された、白い食品はなるべく食べないほうがいいです。白砂糖や白米、白小麦粉などです。こうした食物は吸収がよすぎて、あっという間に血流に流れこみ、血液をどろどろにします。そして、すい臓から過剰にインスリンを分泌させます。アトピーの悪化因子のひとつといわれます。

さらに、大量のインスリンが分泌されると、血糖値が急激にさがります。すると、疲労感やいらいら、不眠、集中力欠如、気分の落ちこみなどが現れます。甘いものがよけい食べたくなります。白砂糖は麻薬、といわれるゆえんですね。インスリンの過剰分泌を繰り返していると、すい臓が弱り、しまいには糖尿病になります。

といっても、主食を玄米食にするというのは、家族がいるとなかなか難しいです。うちは白米です。小麦粉は全粒粉を使うという手がありますね。食パン菓子パン総菜パンは完全にやめました。精製うんぬん以前に国産品にはほぼ100%、リノール酸を多く含む植物油やマーガリン、ショートニングが使われているからです。もっぱら黒パンを食べています。

※玄米は白米以上にたんぱく質が多いので、アトピーにはNGとする説があります。試していないので、真偽は不明です。いずれにせよ、食べる食べないは、自分のからだで試してみるほかなさそうです。食べて異常があったら除去する、この繰り返しですね。そのため、わたしは毎日のメニューを記録していました。

黒パン(全粒ライ麦パン)「Bavarian Breads, Flaxseed Bread」
いつも食べている黒パン。全粒粉のライ麦パンです。穀物の粒をそのまま固めたようなパンで、ずっしり重たく、独特の酸味があるのが特徴です。妻に食べさせると、第一声は「まず~い」でした。でも、噛みごたえがあって、わたしは好きです。しっかり咀嚼すると、食べ物本来の味や値打ちがよくわかります。写真手前はオメガ3脂肪酸を多く含む亜麻種子入り。奥右はひまわり種子入り。奥左はオート麦、大麦、小麦全粒粉入り。いずれも原料はすべて有機栽培。4.4ドル前後。トーストして、ココナッツバターやアーモンドバター、蜂蜜、ジャムなんかを塗って食べるとほんと最高なのです。

注)上の写真は「iHerb」の商品ページにリンクしています(以下同)。初回のみ5ドル(最大10ドル)の割引が適用されるようになっています。もし、割引がうまく適用されない場合は、クーポンコード「GGK236」を手入力ください(以下同)。「iHerb」はわたしがよく利用している健康食品通販サイトです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

 
ココナッツバター「Artisana, 100% Organic Raw Coconut Butter, 16 oz (454 g)」
前にも紹介したココナッツバターです。有機ココナッツをまるごと絞ってつくられています。むろん無添加。南国料理の好きな方にはとにかくおすすめです。常温保存していると、油分と果肉や脂肪分が分離します。固まったところはパンにつけていただき、油分は料理に使います。ナンプラーとの相性が最高です。454gで11ドル前後。

 
アーモンドバター「Artisana, 100% Organic Raw Almond Butter」
ちょっと贅沢品のオーガニック生アーモンドバター。約400g入りで17.2ドル前後。ビタミンEが豊富。抗酸化作用が強いので、積極摂取しているオメガ3系脂肪酸が体内で酸化するのを防いでくれます。自然の風味が生きています。ナッツ類はリノール酸を多く含むものが多いですが、アーモンドはオレイン酸が中心ですので、安心していただいています。

【スポンサーリンク】

完全栄養食の生蜂蜜は、腸内環境を整える

5章の根治療法でも書きましたが、蜂蜜は生蜂蜜が断然おすすめです。有機酸が腸内の善玉菌を増やしてくれますし、酵素が生きています。加熱処理した蜂蜜は酵素が死んでいますので、むしろ体に毒だという専門家もいます。

生蜂蜜「Y.S. Eco Bee Farms, 100% Certified Organic Raw Honey」
わたしの最愛の生蜂蜜。オーガニックで、907g入り13.5ドル前後。国産だと1万円はくだらない品です。何度もリピート購入しています。常温で固まっていますが、これこそ安心のしるし。常温でさらっとしたものは、収穫時期の早すぎる(熟成度の低い)ものが多く、添加物を足していることも少なくない、と聞いたことがあります。

 
中国産蜂蜜中国産のはちみつです。キッチンの片隅にうち捨てられていました。室温で液体状です。妻によると、1000円を切っていたそうです。安いけれど、中国産は要注意。人工甘味料や水あめなんかで嵩増ししたものが多いそうです。数年前の中国政府の検査では「純粋はちみつ」のラベルをつけていながら、規約に反し人工甘味料などの混入が疑われた商品が検査対象の約2割にのぼったそうです。

治るまで、アルコールは控える

最後になりましたが、完治までの100日間、お酒は完全にやめていました。強いお酒は胃腸を荒らしますし、冷えたお酒は胃腸の働きをにぶらせます。

キンキンに冷えたビールなんか最悪です。度数こそ低いですけれど、冷たいうえに、醸造酒にはもともとからだを冷やす性質がありますから、腸内環境を確実に悪化させます。悪玉菌優勢の状態になって、腸がますます傷つくのです。同じく醸造酒の仲間である日本酒やワインなんかも同様ですね。

といいつつ、以前は夜な夜なジンやウォッカを酩酊するまで飲んでいたものですから、最初はかなりつらかったですけれど(笑)。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー