アトピーにいい(改善する)&食べていい食べ物

アトピー治療期に積極的に食べたい野菜や食材、その理由を解説します。キャベツ、タマネギ、ダイコン、ニンジン、生姜、おそば、お酢、梅干し……。オーガニック(有機)食材や食品、無添加食品などの入手先もこっそり教えますね。

②食生活改善~食べるべき食品

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

【★★★★☆】

アトピー改善に役立つ食材とは?

消化にいいたんぱく質をいただいたら、さらに胃腸の健全化に役立ったり、消化を手伝ってくれたり、デトックスを推進してくれたりする食材を積極的にいただきます。

キャベツ、タマネギ、ダイコン、ニンジンを毎日食す、これは先述しました。

生姜を毎日の食事にとりいれました。生姜がないと漢方は成立しない、こういわれるほど薬効が高いです。からだを温め、全臓器を活性化させ、ガスを出し、消化を助ける。血液をさらさらにし、免疫力を高め、強い殺菌作用まである。まさに万能薬です。料理にも使いやすいですね。すりおろしたり、みじん切りにしたりして、いろいろな料理に入れていました。

生姜湯や生姜紅茶もしょっちゅう飲んでいました。寒い時期はからだがぽかぽか温もります。つくり方は生姜紅茶と生姜湯の記事にまとめました。

生姜わが家では欠かせない食材のひとつ。国産生生姜が基本ですが、たまにはチューブタイプも利用していました。ただ、加工食品は余分な成分を含みますし、薬効成分も多少変質していると思います。

大腸の働きを活性化させるのは、こんにゃくや山芋、ゴボウです。

ほうれん草は胃腸を浄化し、病んだ腸を健全な状態に戻してくれます。

もやしやキノコは食物繊維が多く、排便を促してくれます。

キノコは乱れた免疫系を正常化し、アレルギーをやわらげる効果が高いです。

完全栄養食のおそばを、毎日の食卓にとりいれる

うどんでなく、おそばを食べていました。麺類中、たんぱく質を最も多く含むという理由から、アトピーの治療を行なっている方にはおそばを敬遠する方もおられますが、おそばは超健康食品です。ビタミンとミネラルの含有量が多く、たんぱく質は必須アミノ酸8種を含む良質のものです。消化されやすいデンプンや、血管を強化するルチンを含みます。からだを温め、血流を改善してくれます。腎機能を高めて、尿からの老廃物排出を手助けしてくれます。

きのこのあんかけそばお昼は軽くおそばですませる、というのが当時の定番でした。といっても、食前の生菜食とヨーグルトは欠かしませんでしたが。食べて症状が悪化するならよしたほうがいいですね。購入時はそば粉の配合率を確認します。たいてい原材料表示に書いてあります。そば粉2割(8割は小麦粉)なんてものも少なくないです。わたしは8割か10割を買います。

食べるときは、刻みネギ(免疫力を高め、解毒効果も高いです)をたっぷりかけます。とろろそばもいいです。ヤマイモは消化酵素が豊富で、消化吸収を強力にバックアップしてくれるそうです。トウガラシは好物でしたが、やめました。トウガラシのカプサイシンには解毒作用や、血液や腸内の浄化作用があるのですが、傷んだ胃腸には刺激物ですからね。腸の健全化が完了するまでは、一味や七味は避けるのがベターです。

果物やお酢、梅干しも胃腸にはグー

果物は食べ過ぎなければOKです。リンゴは1日1個食べてもいいくらい。排泄効果にすぐれるのはブドウ。抗酸化作用の強いビタミンCとビタミンEが豊富なのはキウイフルーツ。プルーンは便秘にとても効きますね。パイナップルやパパイアは強力な消化酵素をもっていますので、お魚を食べた日のデザートにうってつけです。ほとんどの果物は自分が消化されるだけの消化酵素を含んでいますので、消化にさほど負担がかかりません。

すっぱいものは胃腸の炎症に効くそうです。お酢や梅干しですね。お酢としょうゆ、かつお節を、千切りサラダにかけると非常に美味です。米だけでつくられた米酢(純米酢)を使っています。酸味がまろやかなので、あらゆる料理に使えます。原材料に「醸造アルコール」と書いてあるお酢は、醸造アルコールを足して強引に発酵を早めたもので、健康効果があまり期待できないようです。

梅干しは、お酢と同様、クエン酸を多く含みます。毎日1個食べていました。無添加の梅干しです。梅と塩だけでできるはずなのに、原材料を見ると化学調味料の添加されたものがほとんどで驚きますね。

梅干し野生の梅と塩だけからつくられた梅干し。毎日食べています。フルーティです。スーパーにはないので、無添加食品をたくさん売っている「ケンコーコム」で買っています。

添加物の使われた梅干しスーパーの梅干しです。化学調味料や人工甘味料など添加物たっぷりです。なぜこんなに添加物が必要なのか、首をひねってしまいます。こっちのほうがおいしい、という消費者が多いのでしょうか。みんなが買うのをやめれば、まともな食品がもっと増え、しかも安価に流通するのかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

アトピーの宿敵、食品添加物

アトピーがきっかけで、わたしは買い物の際、原材料表示をいちいち確認する習慣を身につけました。後述しますが、日本は食品添加物の天国です。規制はゆるいです。資本主義の世の中は企業の利益優先でまわっていますから、これは仕方のない話です。

ありとあらゆる食品に危険な添加物がたっぷり入っています。知らないうちにそうしたものをどんどん体内へ摂りこんでしまっているのです。怖いですね。アトピーや花粉症が急増している背景には、こうしたことが大きく関わっている、といわれています。

「食」に関して、日本は比較的安全だと思っている方も多いようですが、本当はちがいます。菜食主義者などが多い欧州や米国なんかには総じて健康意識の高い人が多く暮らしているので、オーガニック商品や無添加食品、ローフードなどが多く製造販売されていて、選択肢は豊富です。需要があるから価格も抑えられています。

※加工されていないナマの食材を用いた食品のこと。加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルを効率よく摂取するのが狙い。

けれども、日本は需要そのものが少ないため、選択肢がほとんどありません。スーパーにならぶ商品はどれも食品添加物たっぷりで、オーガニックや無添加商品というと、山の手の奥さまが特別な自然食品店で大枚はたいて買うもの、という感覚ですよね。狂牛病しかり、食品偽装しかり、食品添加物しかり、放射能しかり、ニッポンの「食」の安全神話はとうの昔に崩壊しています。

自分のからだは自分で守る、この意識を大切にしています。

オーガニック食品や無添加食品を入手するには

オーガニック食品や無添加食品を多数とりあつかう、現時点で信頼できるお店は、国内では「オイシックス」「らでぃっしゅぼーや」「ケンコーコム」、海外では「iHerb」あたりですね。また、一部の生協でも有機栽培や減農薬栽培の野菜果物、オーガニック食品、無添加食品をとりあつかっているようです。

前にも紹介しましたが、ここでも念のため紹介しておきます。

 
一般会員(Oisixおためしセット)
「おためしセット」で、まずは試してみるといいです。

らでぃっしゅぼーや
無農薬や低農薬栽培の野菜、果物などが買える、老舗の宅配サービス。入会金も年会費もいりませんので、気軽にはじめられます。「らでぃっしゅぼーや」のことは、こちらの記事にくわしくまとめました。

iHerb
米国の健康食品通販サイト。日本向けページがありますから、問題なく買い物が楽しめます。商品の説明は英語ですが、ブラウザには翻訳機能があるからご安心ください。商品点数3万5000点以上。健康意識の高い人々が多く暮らすお国柄か、オーガニック食品や無添加食品の品ぞろえはすごいです。オーガニックや無添加の油やパン、ジャム、蜂蜜、調味料、香辛料、麺類、シリアル、グラノーラ、お菓子、飲料などなど、生鮮食品以外ならなんでもあります。サプリメントも豊富です。「iHerb」のことはこの記事にまとめています。

水道水はやめて、ナチュラルミネラルウォーターを飲む

最後になりましたが、水はミネラルウォーターを飲んでいます。

トリハロメタンやダイオキシン、鉛などの有害物質は極力からだに入れたくありません。

なにも高額な水である必要はありません。わたしはスーパーで、ケース(2リットル6本入り)を買っていました。それが面倒なら、ウォーターサーバーを検討してみるのも手です。

わが家では以前、水のケースがいつも10箱ほど積みあがっていたのですが、明けても暮れても「これが邪魔なの」と妻が眉根を寄せるため、思いきってウォーターサーバーの導入を決めました。

ウォーターサーバーは水道水をろ過したものというイメージが強かったので、二の足を踏んでいたのですが、調べてみると、ナチュラルミネラルウォーターを宅配してくれるサービスがたくさん登場していました。

山積みの箱が消えると、家のなかはすっきり。お湯もすぐに出ますから、妻はご満悦です。

飲み水に気配りすることの大切さと、ウォーターサーバーの話は、「飲み水に無頓着であることの怖さ」の記事にまとめています。

ミネラルウォーター以前よく飲んでいた天然水です。

 ちょっぴり参考になったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー