重症アトピーや脱ステロイドのリバウンドへの対処

極度の悪化や脱ステのリバウンドを簡単かつ迅速に改善する方法

この記事の重要度

アトピーがこの瞬間、どうにもならないくらい悪化しているというなら、リンゴダイエットや糖質制限を試してみてください。肌症状が急速に改善して驚かれる方が少なくありません。その具体的な方法と注意点を解説します。なお、どちらもアトピーの根本原因を解決するものではありません。症状が落ちついたらきちんと根本原因にアプローチしてくださいね。

一筋の光明

薬に頼りすぎたために——つまり皮膚からの毒素の排泄をむりやりとめたために症状がどんどん悪化してしまい、最後は薬もまったく効かなくなってしまいました。

十数年前、脱ステに踏み切ったときの話です。

脱ステには1年以上を要しました。

その間はまさしく地獄でした。アトピーを重症化させてしまった経験のある方ならみなさん経験されていると思いますが、浸出液が全身からあふれだし、来る日も来る日もフローリングや敷布団がまっ白になるほどの落屑がある。

2年後にはようやく落ち着き、アトピーの症状が9割方治まりました。それからは平穏な日々を送っていましたが、数年後に環境の変化とストレス、さらに食事の乱れから再発。かつてないほどに悪化して瀉血(悪い血を抜く)という強硬手段に出たことはほかの記事にも書いているとおりです。

食生活を見直したり、漢方やお灸に頼ったり、サプリメントスキンケア用品、保湿剤を大量に買い込んだりしてもどうにもならず、瀉血のほかに道が残されていなかったからです。もちろんふたたびステロイドに手を出すことはどうしても避けたかった。

でもいまは、瀉血など必要なかったと考えています。

脱ステ期のリバウンドも、一見すると手のほどこしようがないと思える症状悪化も次の2つの方法で劇的に改善することがわかっているからです。

リンゴダイエット

リンゴダイエットの具体的な方法は以下の記事を読んでいただくとして、開始後3日もすると肌がみるみるきれいになります。

最長7日間つづけたことがあります。このときは全身の細胞がよみがえったように感じました。湿疹やかゆみはすっかり消えました(このときは軽症でした)。

体内に新たな毒素が侵入することがなくなり、いろんな食べ物を代謝する必要もなくなりますから(果物は身体への負担がきわめて少ないのです)、肝臓や腎臓が本来の解毒と排泄の仕事に集中することができるのでしょう。さらにも消化吸収の仕事からほとんど開放され、排泄に集中できる。体内が浄化されているのを強烈に感じましたね。

ただし、デトックスは活発になります。場合によっては部分的に強い好転反応を感じることも。わたしも一部分だけはかゆみと湿疹が強くなりました。

糖質制限

糖質は炎症の悪化ともっとも強い関わりがあります。糖質を完全に制限することで、症状はすぐにウソのように治まってきます。これは、実際に糖質制限を行なった友人や知人、あるいは当ブログ読者の方の感想です。

方法は以下のとおり。

ただし、糖質制限を長期に渡ってつづけるのはリスクが高い。わたし自身が糖質制限食を2年間行なってみて、そう結論づけています。

くわしいことは上記の記事に書きましたが、食べ物の栄養素はそれぞれが連係しあって働いています。単体で働いているのではありません。どんな栄養素にもプラスとマイナスの面があります。複雑に絡みあっています。糖質は身体に悪くて、たんぱく質は身体に必要で、食物繊維やビタミンは身体によい、というような簡単な話ではないのです。

すべてはわたしたちの食生活の全体において、どう作用するかにかかっています。糖質制限やローフード、グルテンフリーなどいろんな食事法が流行っていますけれど、「過ぎたるは及ばざるがごとし」という昔の格言より正しいものはありません。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。