スリッパリー・エルム茶(ニレ皮の粉末茶)

スリッパリーエルム(アカニレの木)の内樹皮には粘性があります。この樹皮粉末で淹れたお茶は、アトピーの方の傷んだ腸壁をやさしく保護し、腸壁の修復を支えてくれるのです。特徴から淹れ方までを解説していきます。

スリッパリーエルム茶(ニレ皮の粉末茶)で腸粘膜が回復

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 27

スリッパリー・エルム茶(ニレ皮の粉末茶)

スリッパリーエルム(ニレ皮の粉末)は、傷ついた腸粘膜を守ってくれる

中国医学や漢方の世界では、スリッパリーエルム(アカニレの内樹皮)は、もっとも効果のある鎮痛剤とされています。それだけでなく、体内の有毒ガスを吸収したり、腸の炎症をやわらげたり、排泄を促進したりという働きもあるとか。

米国ではネイティブ・アメリカン(インディアン)が数千年ものあいだ、自然療法の薬として利用してきたことでよく知られています。

さて、わたしたちがもっとも着目すべきなのは、アカニレの内樹皮には粘膜のような性質があるという点。これが小腸と大腸の内壁に保護膜のようものをつくってくれるのです。

アカニレの内樹皮の粘り成分(粘液)は、軟膏やトローチ、スキンケア製品などに利用されています。この粘液が、壊れた腸壁を刺激して修復を助け、腸粘膜へ毒素が染みこむのをさまたげ、排泄も促進してくれるわけです。

これが本当なら、一石三鳥の仕事ぶり。

アトピーというのは、腸からからだに入りこんだ毒素を外へ出そうとしてもがくなかで起きている。スリペリーエルム(ニレ皮の粉末)にはおおいに期待できます。

スリッパリーエルム茶(ニレ皮の粉末茶)の淹れ方

調べてみると、アカニレの木の内樹皮の粉末が必要だとわかりました。でも、北米原産。日本では手に入りにくいだろう。と思ったら、Amazonで売っていましたが(さすが)。「スリッパリーエルム バークパウダー」というのが、100グラム1600円ほど。

ちょいと値が張る。

1杯分1グラムほどなので、100日分(1日16円)と考えれば、まあ許容範囲かもしれませんけれど。

北米からとりよせることにしました。

スリッパリーエルムパウダー(アカニレの内皮の粉末)

iHerbの「アカニレパウダー」。453グラムで3000円弱でした。453日分です(笑)。海外では歯や喉の痛み、傷の治療薬にも使われています。湿布として使えば、引っかき傷を癒やしたり、皮膚から毒素を引きだしたり、肌がやわらかくなったりといった働きが見込めるそうです。あまったら、別の用途で使えますね。

飲むのは朝。淹れ方はかなり変わっています。

  1. 茶さじ4分の1杯の樹皮粉を、コップ1杯のぬるま湯に入れる。
  2. よくかき混ぜる。
  3. 15~20分たったら飲む。
茶さじ1杯何グラム?

小さじすりきり1杯強くらい(5cc)。ティースプーンだと山盛り一杯ほど。茶さじ1/4は、1cc強。

30分以上置くと成分が変わるとか。ご注意を。

これを食養生開始後15日間、毎朝飲用します。できれば食事の30分前。そのあとは、肌がきれいになるまで1日おきに飲んでいきます。重症の場合は、15日間以降も飲みつづけるといいそうです。

香辛料のような特有の香りがあります。わずかに甘みがあり、ぬめりがあります(これが腸粘膜を保護)。別にまずいものではないです。ハーブティーといっても樹皮の粉末ですから、お茶という感じはしません。カフェインは含みませんが、タンニンを含みます。

毎朝1杯のスリッパリーエルム茶が治癒を促進

わたしの腸壁は、糖質制限によってふたたび消耗しました。このお茶は、そこからの回復を支えてくれました。

お米とかお蕎麦、やきいもなどを食べて1間後ほどたつと、それから数時間は胃か十二指腸(小腸の入り口)のあたりが重たくなって、胸苦しかったのです。ところが、飲みはじめて7日目にはなくなってしまいました。

朝はスリッパリーエルム茶にはじまり、カモミールティー(以下参照)で1日が終わる。もちろん食養生が奏功したという面も大きいとは思います。

が、こうしたハーブティーが腸をやさしく保護し、粘膜の再建を支えてくれたことをわたしは疑っていません。

妊娠中は注意

妊娠中か妊娠予定の方は飲んではダメです。流産の可能性があるそうです。アメリカ開拓時代には、移民たちが中絶剤として使っていたといいます。

参考になったと感じたらクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー