オートミール

アトピーが治るまでの100日間というもの、来る日も来る日もオートミールばかり食べていました。というと、ちょっとオーバーですが、穀類のなかでは食卓への登場回数がいちばん多かったのも事実。食べ方いろいろですが、もっとも飽きのこないレシピをご紹介します。

Recipe【オートミール】

最終更新日:2017/02/06
この情報の重要度:

オートミール

オートミール、という食べ物があります。

ハリウッド映画によく登場するので、日本でも名前だけはたまに耳にしますが、実際に食べたことがあるよ、という方は少ないと思います。

オートミールの「オート」は、オート麦(オーツ麦、えん麦)の「オート」で、これを押しつぶすかカットするかした加工品を、おかゆ状に調理したものをオートミールといいます。

調理方法や味つけは、地域や家庭ごとに異なるそうです。題名は忘れましたが、長年連れ添った熟年夫婦がけんかして、夫が「おまえがつくるオートミールは最悪だ」と口をすべらせ、「あなた、何十年もそう思ってたの?」と妻がひどくショックを受ける、という映画がありました。米国人には、オートミールはパンとならぶ主食らしいですが、その場面から察するところ、感覚的には白米よりお味噌汁に近いといえそうですね。

イチローパパは、アル・パチーノが好きです。唐突になに? と思われたかもしれませんが、アル・パチーノの出演作品にはだからこそ特別な思い入れがあります。往年のアル・パチーノとジーン・ハックマンが共演した『スケアクロウ』というロードムービーにも、ジーン・ハックマンが田舎のやぼったいレストランでオートミールをほおばる場面があったことをよく覚えているのです。

作中のジーン・ハックマンは野卑な男で、食べながらべらべら喋っていて、どうも味わっているようには見えません。けれども、じつはこの男は出所したてで、娑婆に戻り、おそらくははじめて注文したのであろうメニューがオートミールだった、という点で、イチローパパはオートミールになんというか憧憬みたいな感情を抱いてしまったのですね。

その後もずっと手の届かなかったオートミールですけれど、アトピー100日完治術をはじめてからこちら、常食しています。アメリカからの個人輸入で、手軽かつ安価に手に入るようになったからです。

いろんな食べ方に挑戦しているのですが、簡単で、最も飽きのこない食べ方を今日は紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

用意するもの

オート麦1/2カップ、レーズンひとつかみ、塩、水1カップオート麦とレーズン

オートミールのつくり方

①押しオート麦と水、塩ひとつまみを鍋に入れ、火にかけます。

オートミールを煮る

②煮立ったら、かきまぜながら弱火で煮ます。

③途中でレーズンを入れて、また煮ます。

オートミールにレーズンを入れる④水がなくなったら完成。水分量は好みで調節してください。

 
オートミール

毎日のように食べても、ちっとも飽きません。歯ごたえはやわらかめのごはんのようですけれど、べちゃべちゃはしません。ぷりぷりしています。白米とちがい、おかずなしで満足できます。黒糖や生蜂蜜、ジャムをかけてもうまいですし、ケチャップや中華だしで味つけしてもいけます。昆布や梅干しなんかにもよく合います。

 
最近知ったのですが、オートミールは未精白の全粒穀物なので、食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含むそうです。欧米では、健康目的で食べる人も多いそうです。日本の玄米と同じですね。

がんや心臓病のリスクを減らすことがわかっているほか、オートミールに含まれる水溶性食物繊維の大部分はベータグルカン(関連記事はこちら)で、血中コレステロール値や血糖値が上昇するのを抑制したり、血圧をさげたり、排便をうながしたり、免疫を調節したりといった作用が多数報告されているとのことです。

アトピー治療期にぴったりのメニューだったのですね。このオートミールを日々の食卓に取り入れれば、精製食品の白米を食べ過ぎないですむという利点もあります。

イチローパパのお気に入りの押しオート麦のほか、無添加のレーズンなんかも紹介しておきますね。

 
押しオート麦(オートミール)「Bob’s Red Mill, Organic, Extra Thick Rolled Oats」
907g入りで、6ドル前後。原材料は、オート麦の押し麦のみ。オーガニックですから、安心です。

注)上の写真は「iHerb」の商品ページにリンクしています。初回のみ5ドル(最大10ドル)の割引が適用されるようになっています。もし、割引がうまく適用されない場合は、クーポンコード「GGK236」を手入力ください(以下同)。「iHerb」はわたしがよく利用している健康食品通販サイトです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

 
無添加レーズン「Bob’s Red Mill, Sun Dried Raisins」
6ドル前後。砂糖も添加物も入っていません。453g入りの大容量サイズですので、惜しげなく使えます。

 
生蜂蜜「Y.S. Eco Bee Farms, 100% Certified Organic Raw Honey」
907g。15ドル前後。こんなにうまい生蜂蜜がこんな値段で手に入るのは、日本ではちょっと考えられませんね。口にふくむとすうっとした清涼感があり、そのあとに蜂蜜らしいしっかりした甘みが広がります。これ、本当にうまいです。

 
にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。


photo credit: qmnonic via photopin cc

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻るバナー