きのこごはん

「きのこごはん」のレシピ

この記事の重要度:

きのこといえば秋。秋といえば炊きこみごはん。というわけで、きのこをふんだんに使った炊きこみご飯のレシピをご紹介します。美味です。イチローパパの太鼓判。家族も(たぶん)喜んでいます。ぜひ一度お試しあれ。もしおいしくなかったら? そんなの知りません(笑)

今日は夕方から涼しい風が吹いてきました。

残暑厳しい昨今ですけれど、秋の気配がそろりそろりと忍び寄ってきているのでしょうか。

さて、秋といえば、炊きこみごはんです。

ちょっと気が早いですが、今宵はきのこごはんを炊いてみました。

きのこといえば、ベータグルカンアレルギーを抑える成分です。わたしのアトピーを癒やすのに力を貸してくれたメニューなのです。

きのこ類で症状が悪化するように感じるという方は、このレシピは避けてくださいね。腸内で酵母(カンジダ)が繁殖していると、真菌類全般に身体が過敏に反応することがあります。イーストコネクションと呼ばれる症状です。

用意するもの

きのこごはん

お米3合、きのこ(しめじ、なめこ、舞茸を各半パック)、だし汁500cc、しょうゆ60cc、日本酒60cc

きのこごはんのつくり方

①お米(わが家は玄米)をといで、1時間ほど浸水させます。
②水を切り、炊飯器に入れて、出汁としょうゆ、お酒を入れて、よく混ぜ合わせます。
③きのこを入れます。
④スイッチオンで完了です。炊きあがったら、一度しゃもじでかきまぜて、10分ほど蒸らします。

きのこごはんのお弁当

お腹がすいていたものですから、炊きあがったら即「いただきます!」。うまっうまっ、などと妻や娘といいながら、食事しながら大きな舌鼓を打ちました。うっかり写真を撮り忘れてしまいました。写真は、妻のためにつめたお弁当です。かわいらしいお弁当箱です。これでは不足のようです……。いや、やめておきましょう。だれにでも秘密はあります(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です