カンジダとイーストコネクション

カンジダ症は、抗生物質の内服や食生活の乱れ(とくに甘いものの食べすぎ)、水道水の残留塩素、ステロイドやピル、頭痛薬などの薬が原因で起こります。長引くと食物アレルギーやイーストコネクションを発症するほか、さまざまな慢性疾患を引きおこします。やさしく解説します。

カンジダ症(イーストコネクション)

この情報の重要度:

  • 1
  • 5
  • 30

カンジダの顕微鏡写真

このブログの方法で完治したのち、ひょんなことからカンジダ症(イーストコネクション)になりました。

食生活の乱れが原因です。炭水化物、とくに甘いものの食べすぎ、それと辛いものの食べすぎ、あとワインの飲みすぎなどが原因かと思います。たぶんまちがいありません。

自分自身の名誉のためにお断りしておきますが、食生活が乱れたのにはきちんとした理由があります。が、その話は後回しにするとして、まずはカンジダ症(イーストコネクション)がどんなものかを簡潔に、でもしっかりと解説していきます。

カンジダ症(イーストコネクション)とは

カンジダというのは真菌(カビ)の一種。イースト菌(酵母菌)に分類されます。女性のカンジダ膣症などを引き起こす菌ですね。

腸内常在菌ですから、健康な人の腸にもかならず棲んでいます。必要だからです。善玉菌であるビフィズス菌やアシドフィルス菌の栄養源なのです。

問題が起こるのは、カンジダが大繁殖してしまった場合。原因はひとつ。腸内細菌バランスが崩れることです。いつもカンジダの増殖を抑えこんでいるビフィズス菌やアシドフィルス菌がなにかの拍子に減ってしまうと、カンジダが腸内フローラの勢力地図を塗り替える、という筋書きです。

いろいろと支障がでます。

一番は毒素を発生させて、腸粘膜を傷つけること。するとどうなるのか。リーキーガットの記事にくわしく書きましたが、まずはこんな症状が出ます。

  • 便秘、下痢
  • 胃腸の不快感、不調
  • 膣炎(カンジダ膣炎)
  • 食物アレルギー

カンジダ症(イーストコネクション)の原因

カンジダ症(イーストコネクション)を引き起こす原因は、善玉菌の減少と書きました。では、カンジダが増え、善玉菌が減るのはどうしてなのか。

 

1.抗生物質の内服

抗生物質を内服すると、腸内の細菌は全滅します。善玉菌も悪玉菌も根こそぎやオダブツ。カンジダの天下がやってきます。

2.食生活の乱れ

炭水化物のとりすぎはカンジダを増やします。糖質は彼らのエサ。砂糖や炭水化物(とくに精製されたもの)を食べると、カンジダが大喜びします。

このほか、アルコールやカフェイン、辛いもの、食品添加物、野菜の残留農薬、魚に含まれる重金属なども、腸内細菌のバランスを崩す一因となっています。

3.水道水の残留塩素

日本の水道水は、先進国のなかでも目立って塩素濃度が高い。世界トップです。都市部家庭の蛇口における残留塩素濃度はおおむね1ppm弱。プールの法定残留塩素濃度が0.4ppm~1ppmですから、プールの水より飲み水の塩素のほうが濃いわけです。

水道水に塩素を添加するのは、大腸菌の消毒が目的です。大腸菌も善玉菌も同じ腸内細菌。水道水は真綿で首を絞めるように、おなかの善玉菌をじわじわ殺しているのです。

※東京の水は最近浄化が進んでいます。東京都水道局は、都内の残留塩素濃度の目標を0.1~0.4ppmとしているようです。

4.薬

1の抗生物質以外にも、腸内細菌が間接的にダメージを受ける薬があります。

ステロイドホルモンや頭痛薬などです。ステロイドは免疫力を低下させ、腸内に細菌やウイルス、カビを招きいれます。善玉菌が弱ります。ピルや頭痛薬(イブプロフェン、アスピリン、インドメタシンなど)は腸粘膜を弱らせ、腸内を善玉菌にとって居心地の悪い環境に変えます。

5.そのほか

免疫不全、化学物質や環境ホルモン、寄生虫、甲状腺の機能低下、ビタミン不足なども、カンジダの増殖にひと役買っているといわれています。

また、糖尿病やブドウ糖代謝障害の方にもカンジダ症が多いことが知られています。高血糖となった体内は、糖質を好むカンジダたちにとっては楽園のようなものなのです。

 

カンジダ症(イーストコネクション)の症状

カンジタ症が引き起こす症状、病気にはこんなものがあります。

 

リーキーガット症候群が引き起こす症状、病気

乳児のアトピーの原因になっているケースも多いそうです。

カンジダ症が慢性化すると、やがてカンジダアレルギー(カンジダ過敏症)を発症します。カンジダそのものに対するアレルギーだけでなく、交叉反応があらわれることも少なくありません。カンジダの仲間であるイースト菌(酵母菌)にまで、からだがアレルギー反応を示すようになるのです。

イースト菌を使ってつくられる食品は、次のとおり。

  • パン
  • ビール、清酒、ワイン
  • 味噌、醤油
  • みりん、お酢

イーストコネクションを引き起こすと、日常生活に支障をきたします。

わたし自身、一時は日本酒やワイン、味噌にも反応が出ていました。お尻に出ていた湿疹が熱を持って赤くなり、かゆみがあらわれるのです。お酢もダメだったように思います。はじめのころはカンジダ症とつゆ知らず、安物のまがい物だからダメなんだな、などと考えて、値の張る「福島の黒酢」や「八丁味噌」を買いました。

でもダメ。首をひねりましたね。

黒酢と八丁味噌豆味噌嫌いの妻にひどく叱られました。こんなにたくさんどうするの。でも、ようやっと食べられるようになりました。

なんだか日本人失格の烙印を押された気分でしたね。味噌や醤油なしでも生きていける国に引っ越すしかないぞ、と。

もちろん、そんな経済的余裕はない。だから治そうと決意。海外ではイーストコネクションはわりとポピュラーな様子。書籍もたくさん刊行されています。

 

カンジダ症の本

 

こういうものを参考に、体内のカンジダを一掃した次第です。徹底的にやりました。湿疹のある状態というのは、それだけで大きなストレス。気分が滅入ります。

【スポンサーリンク】

蛇足(カンジダ症になったワケ)

遅延型食物アレルギーの検査結果にしたがって、毎日の食事からアレルギーのある食べ物を除去すると、からだがぐっと楽になります。

このとき心に根ざすのは、

  • これがアトピーの根本原因だったのではなかろうか。
  • 原因物質さえ食べなければ、もう再発はないのではなかろうか。

という考えです。

乳製品や卵、小麦グルテンが腸を傷つけたことが、わたしのアトピーの最初の引き金だったのでは? そういう疑問が湧いたのです。

その思いは日増しに強くなっていきました。ある日、思い切って確かめることにしました。なにしろ、わたしは生来、好奇心のかたまり。

食事制限を全部やめました。

炭水化物や甘いものを好きに食べる。深夜だろうが明け方だろうが腹が減ったら食べる。食品添加物の入ったからだに悪そうなものもむさぼり食う。お酒はがぶがぶ。で、また食べる。

控えめにしていた辛いものも解禁としました。そばを食べるときは、まっ赤になるくらい七味をかけ、料理には唐辛子をぽいぽい投げこむ。自分のぶんは、妻や娘が白目をむくくらい激辛にしていました。

2か月ほど問題なくやり過ごしました。よしよし、と安穏としていたら、再発の兆候がやってきました。

 

× 食物アレルギーになる → 腸粘膜を傷つける
○ 腸粘膜が傷つく → 食物アレルギーを引き起こす

 

ということなんだなあ、と痛感しました。

しかし、まあ大丈夫。このブログにある方法をもう一度やればすぐ元通りになるはず。

ところが今回はなぜかうまくいきませんでした。1週間たっても改善しない(お尻に発疹がたくさん出ていました)。お通じが悪くなっていたので、冷蔵庫にあったビール酵母(妻用)を飲んでみると、湿疹がわっとひどくなってあたふたしました。でも、やめたらもとに戻る。数日空けてもう1度飲んだら、またわっと悪くなる。

このあたりで、カンジダ症を疑いだしました。

カンジダ症の人は、同じイースト菌(酵母)のビール酵母なんかに交叉反応があらわれることがあると、いつか小耳にはさんだことがあったからです。そういえば、ワインを飲むと、いつからかからだが変調をきたすようにもなっていました。

そこで、カンジダ症の自己チェックをやってみたのでした。

大当たり。残念。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー