オイルマッサージ

毎日10分のオイルマッサージで、排便&排毒促進

この記事の重要度:

腸と肝臓を毎日10分、オイルでマッサージしてやれば、宿便や老廃物がスムーズに排泄されます。肝臓の解毒機能がよみがえります。アトピーの体内を浄化するのにひと役買ってくれるというわけです。マッサージに必要なオイルや方法をまとめました。

オイルマッサージで排便、排毒が加速する

ここで紹介するオイルマッサージは、たんなる肌の水分補給(保湿)や肌の保護、バリア機能の回復といった、よくあるアトピー対策スキンケアではありません。

そういう効果もあるかもしれませんが、もっと根本的にアトピーの原因をつぶすために行なっていました。

2種類あります。

  1. 腸のマッサージ(排便促進)
  2. 肝臓のマッサージ(体内浄化とデトックス促進)

それぞれを(ほぼ)毎日5分の計10分行なうだけで、腸と肝臓の健康状態がぐんぐんよくなるのを感じました。便通がよくなり、全身のデトックスがぐんとスピードアップするのを実感したのです。

便秘がちの方にはうってつけだと思います。アトピーの症状の改善をさらに加速させたい、という方にはおすすめ。最初は面倒ですが、習慣化すればどうということはありません。その威力を実感すると、続けたくなるはず。

1.排泄力がアップするオイルマッサージ(腸)

腸のマッサージ

オイルを手にとって、おへそのまわりをよくマッサージします。とくに重点的にやっていたのは、右の脇腹。老廃物や毒素は、この部分にもっともよく溜まります。

  1. 仰向けに寝転がり、膝を立てる(腹部から力が抜ける姿勢)
  2. 右脇腹を下から上へ、右の肋骨の下までゆっくりもみあげる。
  3. そこから左肋骨の下へ移動。
  4. 今度は、左脇腹を下へとゆっくり移動していく。
  5. 恥骨までいったら、また最初から。

に沿って、手を動かします。腸内の老廃物や宿便を動かし、外へ出すためです。右から左へ円を描くようにゆっくりマッサージすると、腸のぜん動を促すだけでなく、腸壁が弱りやすい大腸の上部の血行もよくなるのです。

マッサージのコツ

片手だとうまくいかないので、両手でやるようにしたら、いい具合にマッサージできるようになりました。

30~60分ほど念入りにやれば、週1回でも十分とされています。が、1回にそれだけの時間を割くのは大変です。手も疲れます。だからわたしは、お風呂に入る前か後に5分間、肝臓のマッサージと合わせてやっていました。

はじめてやったときは、便通がよくなるのがはっきりわかりましたね。

浣腸と組み合わせるとさらに効果的でした。浣腸後に排便でお腹が大方すっきりすると、詰まっている(ねじれている?)部分が見てわかるのです。ぽっこりとふくらんでいる。そういえば以前から、そこがちょくちょくふくらんでいたなあ、と思いだしました。

そこで翌日、そこを重点的にマッサージ。また浣腸。すると、たちまちへっこんでしまったのでした。

その後もしばらくはその部分を押すと痛みがありました。それで念入りにもむようにしていました。アトピーが治ったころには痛みも消えていました。溜まっていた宿便が出ていったのか、あるいは腸のねじれが治ったのか、真相は藪のなかですが、この経験からわかったのは、オイルマッサージによって、腸内のトラブルが起きている場所がわかる、ということです。

2.デトックスを促進するオイルマッサージ(肝臓)

大事なことを「肝心」(肝腎と書くことも)といいます。心臓が大切なのは当たり前ですけれど、肝臓と腎臓もそれと同じくらい大切です。

その肝臓の働きはおもに、

  • 栄養を使えるかたちに変化させる、たくわえる。
  • 解毒
  • 体内の水分調節。
  • 大腸の働きを強める。
  • 脂質の消化に必要な胆汁を分泌。
  • ビタミンを活性化する、たくわえる。

ほかにも数えきれない働きがありますが、いちばん重要なのは解毒です。肝臓は、身体の外から入ってきたり、体内でつくられた有害なものを無害なものへ分解し、腎臓や腸から体外へ排出してくれています。その量、なんと10分間に12リットル。来る日も来る日もそれだけの血液をろ過してくれているわけです(安静時)。

だから肝臓が弱ると、さまざまなトラブルが起きるのです。アトピーの方は体内に毒素が大量に溜まっています。これは健康を害しているだけでなく、じつは気づかないうちに精神状態にまで悪影響をおよぼしているそうです。

では、肝臓が衰弱するいちばんの理由はなにか? 食生活です。アトピーの改善や完治に、正しい食事が欠かせないのはそのためです。身体に悪いものを入れないこと、肝臓を修復するための栄養を正しく摂取すること、この2つが不可欠なのです。

肝臓のオイルマッサージ

前置きが長くなりました。外部からの刺激で肝臓をよみがえらせる、もっとも有効なテクニックが、肝臓のマッサージなのです。

肝臓全体をやさしく、とことんマッサージします。やり方はこのとおり。

  1. 椅子に座り、右の乳首から肋骨の下までをよくもむ。
  2. 身体の前から側面、背面へと手を移動させていく。
  3. これを5分間繰りかえす。

マッサージに使うオイル

マッサージ用オイル

マッサージ用と銘打って、いろんなオイルが市販されていますが、家にあるオリーブオイルかココナッツオイルでまったく問題ありません。

さいごに

身体の器官はすべて、たがいに影響しあっています。

ある器官を浄化すれば、ほかの器官も浄化されていきます。肌をきれいにするには、だからこそ全身の浄化に目を向ける必要があるのです。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。