リンパマッサージ

効果に手ごたえあり、試す価値ありのリンパマッサージ

この記事の重要度:

運動不足や筋力低下だと、リンパ管が詰まり、リンパの流れがかなり悪くなっています。こんなときはリンパマッサージが力になってくれます。リンパマッサージでリンパの流れがよくなり、老廃物や体内毒素がスムーズに排泄されるようになるのです。でも、毎日しっかり運動して筋肉を鍛えることもお忘れなく——。

リンパマッサージは半身浴とセットでやると効果的

半身浴中血行がかなりよくなって、排尿が促進します。そこへリンパマッサージをプラスすることで、体内の掃除はさらに進むのです。

リンパのしくみをさらっと説明しておきますね。

リンパってなに?

ゴミ回収車のような役割を果たしています。

体内のゴミ(老廃物や毒素など)はリンパ液が拾い集め、リンパ管を伝って鎖骨の中央あたりまで運ばれます。そこでゴミは血管に引き渡され、今度は血管を伝って肝臓や腎臓へ入る。そして、ろ過され、おしっこやうんちといっしょに排泄されるのです。

血液のポンプは心臓ですが、リンパのポンプは筋肉です。だから血液と比較するとリンパの流れはとてもゆっくりで、1秒間に1センチくらいしか進まないのです。

リンパマッサージを行なうのは、リンパを無理やり流すためではありません(そんなことは不可能)。

当時のわたしは筋肉が落ちていた。筋力低下や運動不足はリンパを停滞させますので、リンパマッサージによって流れを改善し、リンパ管の詰まりを解消するのが目的です。

リンパマッサージのやり方

お風呂に浸かりながら、ゆったりとした気分で行ないます。

リンパマッサージ

まずは下半身からマッサージ。鼠径部(太もものつけ根)に向かって、いちばん遠い部分(足先)から肌をやさしく撫でていきます。リンパをゆっくり流していくイメージで行ないます。下半身が終わったら、上半身。鎖骨と腋の下に向かって、手首から順番にマッサージしていきます

リンパマッサージ、顔

最後は頭部です。まず顔全体から耳下腺へのマッサージ。ついで、あごのラインに沿って顎下腺へとマッサージ。最後は、首筋を鎖骨に向かってマッサージします。リンパ液は皮膚のすぐ下を流れていますから、強く押すとかえって流れが滞る恐れがあります。やさしくなでるように行なうのがポイントです。

リンパマッサージが終わったら、わたしは鳩尾(みぞおち)の周囲を指先でとんとん叩くようにしていました。そこには、身体の抵抗力をあげる働きをしている「胸腺」があり、指先で軽く刺激を与えると活性化できるからです。女性の場合は、乳がんやしこりの予防にもなるそうですよ。

さいごに

はじめてリンパマッサージを行なったときのこと。排毒をできるかぎり促進してやろうと力んでしまい、力を入れすぎたり、時間をかけすぎたりしてしまいました。

すると湿疹がひどくなったのです。なにもなかったところにまで湿疹ができたのです。

おそらくリンパマッサージによって、身体の奥底に沈殿していた老廃物が動きだしたのでしょう。老廃物はリンパ管や血管によって全身に運ばれ、しかし排泄できなかったものが別の場所で新たな炎症を引き起こしたのだと思います。

アトピーの身体は、ゴミ屋敷のようなものですからね。

リンパマッサージもやりすぎはよくない。ほどほどにしておくべき。

入浴と半身浴の方法についてはこちらにくわしく書きました。


Wikipedia「リンパ」リンパ管疾患情報ステーション一般財団法人日本予防医学協会Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.Awikipedia「Manual lymphatic drainage」、「Milady’s Guide to Lymph Drainage Massage」(Ramona Moody )、「Modalities for Massage and Bodywork」(Stillerman, Elaine)、「The Bodywork and Massage Sourcebook」(Levine, Andrew)、「Complete Lymphedema Certification」(Academy of Lymphatic Studies)、「Manual Lymph Drainage Combined With Compression Therapy for Arm Lymph- edema Following Breast Cancer Treatment」(Swedish Agency for Health Technology Assessment and Assessment of Social Services)、「Effects of manual lymphatic drainage on breast cancer-related lymphedema: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials」(Huang TW, Tseng SH, Lin CC, Bai CH, Chen CS, Hung CS, Wu CH, Tam KW)、「Investigating the Mechanisms of Massage Efficacy: The Role of Mechanical Immunomodulation」(Christine Waters-Banker, PhD, ATC,* Esther E. Dupont-Versteegden, PhD,* Patrick H. Kitzman, PhD,* and Timothy A. Butterfield, PhD, ATC, FACSM)「Crowhurst S, et al. (2013). How to do self-lymphatic massage on your lower body.」 「Harlow L, et al. (n.d.). Coping with lymphedema. 」「Majewski-Schrage T, et al. (2016). The effectiveness of manual lymphatic drainage in patients with orthopedic injuries. 」「Mayo Clinic Staff. (2017). Lymphedema. 」「Piller NB, et al. (2004). Manual lymphatic drainage — An effective treatment for lymphoedemas.」


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。