海水浴と日焼けは、肌を強くする、癒やす

海水浴と日焼け

この記事の重要度:

海水浴と日焼け(タンニング)が、アトピー症状を大きくやわらげてくれたことについて書いています。お天道さまや自然の力というのは、やはりすごいものですね。

ずっと昔の話ですが、海水浴と日焼けがアトピーを癒やすのにとても効果があったので、そのことを書いておきます。

海水浴がアトピーを癒やした

海水浴は効果絶大でした。

ハワイへ行ったとき、透明度世界一に選ばれたこともある、美しいプライベートビーチで一日中泳いでいたら、初日からアトピーが驚くほどよくなり、3日目にはほとんど消えてしまいました。夜もぐっすり眠れました。強い太陽、ミネラルたっぷりの海水、ストレスフリーの時間、この3つの相乗効果でしょうね。

この体験から、脱ステ期はちょっと無理してでも、年1回は常夏の島へ旅行するようにしていました。余裕があったわけではないのですけれど、芋の子を洗うような国内の海水浴場でアトピーの肌をさらすのは、どうにも気がひけましたもので。帰国後は毎回おけらになって、半年くらいきゅうきゅういってました(笑)。ちなみに、塩浴をはじめたのは、この体験が下敷きです。

海水浴

フィジーのとある島へ訪れた際、アトピーが急速に癒えたことはいまもはっきり覚えています。フィジーではカバカバという向精神薬の存在も知りました。カバカバは、不眠解消の役に立ってくれました。ちなみにカヌーを漕いでいるのはタイ人と米国人の、ゲイのカップルです。ソフィスティケートされた、やさしい2人でした。

日焼けは肌を強くする

日焼け(タンニング)も効果がありましたね。

夏場、ベランダや近所の河川敷に寝転がって全身を焼いていると、効果てきめん。日光を浴びると体内でビタミンが合成されたり、免疫力があがったりするそうですが、日焼けとともにアトピーの炎症はかなり治まってきます。日差しで肌が強くなるのか、日光の強力な殺菌力が作用するのか、理由は定かでありませんが、とにかく効果絶大。汗を大量にかくのも、デトックスという意味でいいのでしょうね。

冬場は、小型のタンニング(日焼け)マシンを買って、家のなかで焼いていました。紫外線の影響が怖かったので、脱ステが終了した時点で過度の日焼けはやめ、タンニングマシンも売り払いました。

海水浴も日焼けも対症療法にすぎませんし、一年中できるものでもありません。が、夏場の症状の軽減には役立つと思いまして、わたしの体験談をご紹介しました。


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。