いま診てもらっている医者がアトピーなのですが……

mocoさん
2016年8月22日

今かかっている医者は(詳しくは聞いてませんが)見た目に解るほどのアトピー体質なんです。その医者は食物アレルギーの検査はする必要はないし、あまり気にすることはないと言います。

医者はIgEの値は変わらないと言いますが、体質が改善されることもあるのでしょうか?

イチローさんのように、実際にアトピーを完治された方もいらっしゃるので、改善する方はされるし、個人差があるのかもしれませんね。

信条や立場、考え方、生き方はひとそれぞれです。世の中にはいろんな意見があります。ひとつだけたしかなのは、人任せでなく、自分で考え抜いて取捨選択し決断をくだす習慣を身につけるべきということ。ご自分の人生です。

わたしも「一生治らないよ」と宣告されました。そんなはずはない、と考えました。自分で治す方法を手探りしました。失敗しながらもあきらめず、そしていまがあるのだと思います。

個人差があるかどうかはわかりませんが、自分の心とからだとしっかり向き合えばおのずと結果はついてくる、わたしはそう信じています^^

mocoさん
2016年8月23日

イチローさんもひどい時は病院で医者にかかってたのですか? 「一生治らないよ」と宣告したのは医者ですか? ひどい医者ですね。

本当にイチローさんはすごいです。絶対に治すぞっていう意思が強いんですね。

私は医者になんか絶対にかかるか! 医者は薬を出すだけだし、親身になってくれないと思って、いつも自己流で失敗ばかり。悪いサイクルばかり回っています。人生の時間がもったいないですね。今も薬を全身に塗って、家中毎晩掃除機をかけて、疲れるし時間もすごくかかるし・・・。今日も帰ってまた掃除かと思うと何とも言えない気持ちになります。

その医師をひどいとは思いませんよ。いま思えば、あれはたんなる不見識です。

もちろん、そのときは奈落につきおとされたような気分を味わいました。「こんな残酷なことを平然といいはなつなんて、この先生には人情や慈悲のこころがないのか。温かい血が通ってないのか。同じ人間とは到底思えん」なんて憤慨しましたけれど(笑)。

でも、罹患したのはその先生のせいではないですからね。難治化したのは薬のせいだと思いますが、これはわたしの不見識です。よく調べもせず、使いつづけたのがまずかった。

努力する人は希望を語り、怠けるひとは不満を語る(井上靖)

為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり(上杉鷹山)

とくに意志が強いわけでもないですよ。だから、怠けそうになるとこんな言葉を思いだすようにしています^^


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。