保湿にヒルドイドを使っても大丈夫?

ふじさん
2015年12月10日

初めまして。19歳女性です。

昨日このサイトを見つけて、今日の朝から記事に書かれていたことを実践しています。

私は生まれつきアトピーでしたが、特にひどかったのは乳幼児の頃で、小学校にあがった頃には症状はごく軽いものにおさまっていました。しかし中学3年生、いわゆる受験期に入ると、ストレスからかこれまでにないほどの痒みに襲われ、顔、首、腕全体にアトピーがでてきたのです。それからステロイド漢方、かゆみ止め、保湿剤などさまざまなものを試してきましたが、症状はおさまることなく、19歳である今に至るまでずるずるとアトピーと付き合ってきました…。

私は再来年、成人式を迎えます。こんなボロボロでシワシワの肌で振袖に腕を通すなんて、絶対にいやです。まだ駆け出したばかりですが、この記事を参考に、100日間でアトピーを克服してみせます。

ここからは普通の質問なのですが…。

入浴時についてですが、直接ビタミンCを入れるのではなく、みかんの皮を浮かせた「みかん風呂」にするのは問題ないでしょうか?

もう一つ。イチローさんは肌の保湿を特にされていなかったようですが、私は現在病院から処方されるヒルドイドを使っています。お風呂上がりはもちろん、外出時でも肌のカサつきを感じたら塗るようにしているのですが、これも問題ありませんか? ヒルドイドを塗ったことによって肌が荒れたりすることは今までありませんでした。

みかん風呂ですかあ。柚子湯みたいでなんだか素敵ですね。そういえば、あと2週間ほどで冬至ですしね。ただ、みかんの皮には農薬が残留している可能性もありますから、皮膚のバリア機能が弱っているときは、わたしなら遠慮するかな。

そもそもわたしが浴槽にビタミンCを入れていたのは、水道水の塩素をとりのぞくためであって、風流を感じるためではないです(笑)。みかんの皮も多少はビタミンCを含んでいるはずですが、湯船の塩素をきちんと除去することはむずかしいのではないでしょうか。

ヒルドイドについては、よくわかりません。使ったこともありません。かと思ってちょっと調べてみたら、ワセリンとならぶ保湿剤なのですね。副作用もいろいろあるみたいです。

皮膚炎、かゆみ、発赤、発疹、潮紅、紫斑など。

気になったのは、「乾燥肌やアトピーなどで皮膚のバリア機能が弱っている状態だと、かぶれが起きるリスクが高くなる」という話。

ふじさんが使って大丈夫かどうかはわかりませんが、わたしはあまりスキンケアに熱心になると皮膚本来のバリア機能がそこなわれてしまうと思い、保湿剤はほとんど使っていませんでした。

19歳での食事制限はかなりたいへんだと思います。けれど、再来年の成人式までまだじゅうぶんに時間がある。アトピーの治療に必要なのは①にやる気、②に根気です。ふじさんの決意表明、しかと受けとめましたよ^^


PS:どこから始めるべきかわからない? ここから始めてみては!
にほんブログ村 健康ブログへ
参考になったらタップ&クリックください。
questionnaireバナー

アトピーが100日で完治した方法
このあと以下もよく読まれています。

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、100日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。また食生活アドバイザー(社団法人FLAネットワーク協会認定)の視点から、健康に暮らしていくための正しい食事法を提案。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。