今日からできる農薬対策 ~食べ物の残留農薬は体を蝕む

この記事の重要度:

農薬散布

日本は世界でも指折りの農薬使用国です。食品に含まれる残留農薬はアレルギーの原因になっている可能性が高い。野菜や果物を無農薬かオーガニックに変えただけで、アトピーが治ってしまう人もいるのです。農薬のリスク、残留農薬の多い作物と少ない作物、家庭でできる農薬対策をお話しします。

GMO作物の危険性 ~新たなアレルギーを引きおこしている!?

この記事の重要度:

遺伝子組み換えトウモロコシ

GMO(遺伝子組み換え)作物に注入される外来遺伝子は、人間の体にとって異物。アトピーの方のように食べ物に体が敏感な場合、新たなアレルギーの引き金を引く可能性が高いのです。GMO作物の発がん性を証明した実験もあります。問題なのが、日本はGMO作物の消費大国であること。気をつけないと、知らないうちに大量に口にしています。

ヨーグルトはやめるべき!? おすすめ一覧、食べ方、注意点

この記事の重要度:

逃げだす乳酸菌

アトピーやアレルギーの抑制効果があるヨーグルトを一覧とともにご紹介。ヨーグルトを手づくりする方法や、アトピーの方が実践するべき食べ方、ヨーグルトを食べることによる健康リスクまでをわかりやすく説明しています。ヨーグルトなんて食べても意味がない、という意見とその理由もお話します。

炭水化物(糖質)はヒトの食性に適さないのか?

この記事の重要度

古代人

糖尿病の方たちを中心に、糖質制限がもてはやされています。たしかに従来のカロリー制限による食事療法では病の進行を食いとめるのは困難。ところが糖質制限なら、つらい食事制限抜きに血糖をコントロールできて、肥満も解消する。しかし糖質はほんとうにわたしたちの健康にとって天敵なのでしょうか、ヒトのからだは糖質の代謝に適応していないのでしょうか。

砂糖は毒! アトピーでも安心な甘味料(糖質)

この記事の重要度:

甘味料いろいろ

アトピーが悪化する糖質(甘味料)と、使っても大丈夫な甘味料についてくわしく解説しています。あまたの甘味料のGI値や甘味度、特徴などもまとめていますので、アトピーが完治した方や、アトピーでない方の役にも立つはずです。

油が決め手! オメガ3、オメガ6、トランス脂肪酸の違い

この記事の重要度:

アレルギーの症状の改善と悪化には「油」が大きく関わっています。アトピーなら絶対に知っておくべき話です。どの油を使えばアトピーが改善し、どの油でアトピーは悪化するのか、きちんと解説していきます。世界各国が危険視しているトランス脂肪酸についても丁寧に説明。これを読めば、マーガリンはもう使えません。

アトピーに悪い食べ物が、治癒の足を引っ張っている

この記事の重要度:

アトピーの方が口にしてはいけない食品について解説します。食べ物に含まれる毒(食毒)はいたるところにあふれています。お店で何気なく食べ物を選んでいると、毎日まちがいなく多くの毒をからだに入れることになります。自分や家族を守るのは、知識と意識です。

玄米でなぜアトピーが悪化するのか?

この記事の重要度:

玄米と味噌汁、ぬか漬け、納豆

玄米でアトピーが悪化するのにはきちんとした理由があります。人体に有害な反栄養素のフィチン酸とアブシジン酸を含みますし、強い排毒作用があるから好転反応が起きることもある。消化不良を起こしやすく、残留農薬の危険性もあるのです。でもご安心を。すべてに対策法があります。

食品中のヒスタミンにご用心!

この記事の重要度:

ヒスタミンを含む魚たち

アレルギーの症状を引きおこすことで知られるヒスタミン。じつは食品中にも含まれています。ひょっとすると毎日食べているもののなかに、アトピーの症状を増悪させているものがあるかもしれない。ヒスタミン含有量の多い食品などについて理解を深めるための記事です。

乳製品がアトピーを悪化させる、その理由は?

この記事の重要度:

牛舎

アトピーの方にとって、ヨーグルトは救世主となりうるのか? 乳製品全般を食べてもいいのか? こうした疑問にすべて答えます。牛乳やチーズ、ヨーグルトといった乳製品のリスク、バターなど一部の乳製品のメリットなどをしっかりとお伝えします。