「iHerb」でみつけた、うまい軽食&お菓子

食欲とどうつきあうか、はアトピー治療の重要テーマ

もともと大食漢で、間食や夜食を常習していて、ハンバーガーやカップ麺、洋菓子、和菓子、ジャンクフードには目がなかったものですから、そういうものを一切断つ生活はまことにツライものがありました。

間食のイメージ
根治したいまも、1日2食&少食、間食夜食抜きの食生活は継続しています。健康維持と再発防止のためです。といっても、節制しすぎてストレスが溜まらないように、たまには甘いものやおいしいものを買って食べています。食べるのは食後すぐです。添加物やトランス脂肪酸の入った食品はもう買いません。質の高いものを厳選していただいています。

ここで紹介するのは、わたしが実際に試してみて、本当に気に入ったものばかりです。アトピー治療中も、昼食をミューズリーやグラノーラだけで軽くすませたりしていました。豆乳やフルーツジュースに浸すだけで用意するのが楽だし、そのままぽりぽりと噛み砕いてもおいしい。なにより、食べる楽しみを与えてくれるので、少食のストレスが減らせるのです。

アトピー完治のため、といっても100日は長いです。少し症状がよくなってくると、食い気が湧いてきます。そうして少食がおろそかになり、やがて症状がぶり返していることに気がつき、愕然として落ちこむ。われながら食い意地の汚さに嫌気が差すことが何度かありました。

いかにして食欲と向き合うか、いま思えばアトピー治療において、これはとても重要なテーマでしたね。

【スポンサード リンク】

おすすめの軽食やお菓子

これから治療を実践する方や、すでに治療中の方には、次のようなものをおすすめします。食べることはヒトの根源的な欲求ですので、根治治療のみちなかにあっても、できる範囲で楽しんでいいと思います。それに、1日2食&少食や食事療法は、これまでのまちがった食習慣を正すのが狙いですから、完治したらおしまい、というワケにはいきません。かといって、なにか修行を積んでいるのでもありませんからね。

ミューズリー「Bob’s Red Mill, Old Country Style Muesli」
ミューズリーは、全粒小麦やデーツ、ヒマワリの種、レーズン、全粒ライ麦、全粒大麦、全粒オート麦、全粒ライ小麦、フラックスシード(亜麻の種子)、アーモンド、クルミをブレンドした、栄養満点のシリアル。フラックスシード入りだから、オメガ3系脂肪酸も摂取できます。砂糖や食品添加物は含みません。510g入りが5.3ドル前後。一見すると鳥のエサのようですが、豆乳やヨーグルトをかけるとうまいです。甘みがほしい場合、蜂蜜かジャムをかけて召しあがってください。お湯や豆乳で5分ほど煮ると、ほんのり甘い穀物粥が完成。これまた美味なのです。治療期もいまも昼食に食べています。

注)上の写真は「iHerb」の商品ページにリンクしています。初回のみ5ドル(最大10ドル)の割引が適用されるようになっています。もし、割引がうまく適用されない場合は、クーポンコード「GGK236」を手入力ください(以下同)。「iHerb」はわたしがよく利用している健康食品通販サイトです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

 
グラノーラ「Flax4Life, Flax Granola, Aloha Hawaiian Pineapple, Coconut & Mango」
亜麻の種子やオート麦、蜂蜜、乾燥パイン、水、無糖ココナッツ、有機蒸発サトウキビジュース、ドライマンゴー、紅花油などでできたフルーツグラノーラです。シナモンの香りが強いので、苦手な方は合わないかもしれません。紅花油のリノール酸がちょっと気になりますが、一人前(1/2カップ)で、オメガ3脂肪酸を2.4g以上も摂取できますから、まあ許容範囲かと。340gで6ドル前後。そのままぽりぽり食べてもうまいし、豆乳やパインジュースなんかにもよく合います。こちらも昼食にもってこいです。残念ながら、現在は販売終了しているようです。

 
オートミールのセットNature’s Path, Organic, Hot Oatmeal, Variety Pack
オートミールのバラエティパック。アップシナモン、マルチグレインレーズン、亜麻プラス、メープルナッツの4種の風味が楽しめます。50gパックが計8袋入って、4ドル前後。お値打ち品ですね。白砂糖や食品添加物不使用で、原料はオーガニック。有機ひまわり油が使われていますが、とるにたらない量です。調理が楽なのが一番の利点。1/2カップの水とともにお皿に入れ、電子レンジで1分。これで完成。押し麦がこまかく粉砕されていますから、食感は甘いおかゆ。オートミール特有のぷりぷりした食感を楽しみたいなら、こちらの記事を。

 
ココナッツクッキー「Go Raw, Organic Super Cookies」
ローフード(加熱処理をしていない、ナマのままの食品)のココナッツクッキー。有機ココナッツと有機ゴマ、有機デーツだけでできています。砂糖も不使用ですが、ゴマにはオメガ6脂肪酸が多く含まれるので、症状がある程度改善してから楽しんでください。本当にうまいです。うますぎて、食べ過ぎてしまうのが玉に瑕です。85g入り。4.3ドル前後。

 
オーガニックのシリアルバー「Health Valley, Organic Multigrain Cereal Bars, Blueberry Cobbler」
完全オーガニックのシリアルバー。1本37gで6本入り。5ドル前後。ビタミンB群やCも添加されている栄養食品。シリアルバーですが、やわらかくしっとりした食感で、クセになる甘さがあります。昼食代わりにはなりませんが、デザートにいいですね。ただ、つい食べ過ぎてしまいます。リンゴ味とこのブルーベリー味をいつも買っています。リノール酸や脱脂粉乳を含むので、完治後にどうぞ。そんなこととは露知らず、わたしは治療期に食べていました。悪化した記憶はないですが。

 
オーガニックのグミ「Yummy Earth, Organics, Gummy Bears」
25g入りの小袋が10個セットになって、6ドル前後。有機果物ジュースに有機玄米シロップと有機サトウキビ糖で甘みをつけ、ゼラチンで固めたヘルシーなグミ。クエン酸とアスコルビン酸を添加。有機ひまわり油が使われているので、大量には食べません。小袋がちょうどいいです。娘を餌づけするのに用いています。娘はアトピーではないのですけれど、お肌がデリケートで、食品添加物や悪い油にすぐ反応するため、添加物やマーガリン、ショートニング、大量の白砂糖などを含むお菓子は与えていません。でもこれなら安心なのです。

 
クランチバー「Kashi, Crunchy Granola Bars, Roasted Almond Crunch」
全粒オート麦や蒸発サトウキビジュース結晶、全粒穀物類や全粒粉、蜂蜜、天然ローストアーモンドバター、アーモンドなどでできたグラノーラバー。1袋2本入り(40g)が6袋入って、5ドル前後。さくさくした食感で、国産品のようにトランス脂肪酸など妙なものは添加されていません。ただ、キャノーラ油を少し使っているようなので、治療途上は食べませんでした。完治後は昼食に食べたりしています。1袋で満足します。

 
チョコバー「Raw Revolution, Raw Rev 100, Organic Live Food Bar, Chocolate Coconut Bliss」
オーガニックのチョコバー。原材料は、カシューナッツ、ヒマワリ種子カーネル、リュウゼツランの蜜、ココナッツ、デーツ、アーモンド、ココア、亜麻の発芽種子だけ。添加物ゼロ。個包装されたものが20個入っています。1個22gで13ドル前後。ヘルシーなスナックですが、チョコレートやココアは、カカオがアトピーの症状を悪化させることから、根治後の楽しみにとっておきました。「iHerb」の売り場を覗くたびに気になっていた商品で、ようやく食べられましたので、大満足です。自然な風味で甘すぎず、大人のおやつにちょうどいいです。

 
フラックスグラノーラバー「Kashi, Crunchy Granola Bars, Pumpkin Spice Flax」
上で紹介したグラノーラバーはアーモンド入りですが、こちらはかぼちゃや亜麻の種子が入っています。シナモン、ナツメグ、丁香などの香辛料がぴりりと利いていて、大人向き。1袋2本入り(40g)が6袋入って、5ドル前後。ざくざくした食感で、腹持ちがいいです。キャノーラ油が使われていますから、完治後に楽しんでください。クセになる味。

 
ララバー「Larabar, Coconut Cream Pie」
日本でもファンの多い「ララバー」。原材料は、デーツと無糖ココナッツ、アーモンド、カシューナッツ、エキストラバージンココナッツオイルだけ。砂糖不使用で、食物繊維たっぷりのヘルシーなナッツバーです。ララバーには「レモン」「チョコレート」ほかバリエーションがいろいろありますが、わたしはこのココナッツクリームが一番好きです。油はアトピーでも安心のココナッツ油。治療期もたまに昼食として食べていました。1本48gで210kcal。16本入りで、23ドル前後。歯にまとわりつかないキャラメルといった味わいです。

 
ここで紹介したものは全部、「iHerb」でそろいます。「iHerb」はとにかく品ぞろえが豊富で、白砂糖を使わない食品、無添加食品、オーガニック食品、ローフード(熱を加えない自然派食品)など、食べても罪悪感の少ない食品がずらりとならんでいます。日本では手に入らないようなものも多く、国産品よりずっと安価で手に入ります。

ぜひともお試しください。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

イチローパパの、男の料理レシピ

わが家の食事は、イチローパパことわたしが担当しています。妻の帰りが仕事で遅いからです。

妻は、娘の保育園の送り迎えや掃除、洗濯なんかをやってくれていまして、イチローパパ的にはいい感じで家事分担できていると思っています。ただ、妻はわたしにもっといろいろやらせたいみたいで、たまにつばぜりあいが勃発します。すると、娘がおろおろします。

けれど、わたしは掃除も洗濯も好きではないので、会社用にお弁当をつくってあげたりして、なんとか前線を死守しています(笑)。

ここにあるのは、最愛の妻と愛娘のため、日々腕をふるうイチローパパの料理レシピです。あるいは単に食べたものの記録です。基本的に、アトピーやデリケート肌――娘は食品添加物や悪い油にとても敏感なのです――でも、問題なく食べられる料理ばかりです。

ほかの方に読んでいただくため、というより、イチローパパの備忘録、という側面が強いです。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

Recipe【大豆肉団子の甘酢あんかけ】

今朝は早起きして午後過ぎには仕事を終えたので、夕飯のおかずはちょっぴり凝ったものに挑戦しました。

大豆肉を使った、ひじきと野菜のあんかけ団子です。ひじきは油ととても相性がいいので、ひじきを炒めるときだけ少量の油をひきましたが、それ以外は油を使っていません。肉団子も油なしです。

アトピー完治のための食事制限をしている方でも安心して召しあがっていただけますし、ダイエットにももってこいのひと皿です。

用意するもの(大豆肉団子20個分)

ひき肉タイプのソイミート(乾燥)2カップ、豆腐1/3丁、ねぎ10センチ、小麦粉50g、かたくり粉50g、塩こしょう

大豆肉団子のつくり方

①ソイミートをお湯で戻し、ねぎをみじん切りにします。

②ソイミートとねぎ、豆腐、小麦粉、かたくり粉をボールに入れて混ぜます。

20130819-2

③塩こしょうをテキトーに。

④直径3センチくらいの団子をつくります。

⑤フライパンにクッキングシートを乗せて、団子をじっくり焼きます。

20130819-3

⑥全体にこげめがついたらOKです。

20130819-4

 

用意するもの(甘酢あん)

ひじき1/2カップ、ピーマン3個、タマネギ小1/2個、ニンジン少量、合わせ調味料(4倍濃縮のめんつゆ大さじ3、砂糖大さじ2、酢大さじ2、豆板醤小さじ1/2、ガラスープの素小さじ1/2、水150cc、かたくり粉小さじ2)

甘酢あんの材料

甘酢あんのつくり方

①ひじきを戻し、野菜は千切りにします。

②合わせ調味料をつくっておきます。

③少量のオリーブ油でひじきを炒めます。

④野菜を入れて、さらに炒めます。

20130819-5

⑤野菜がしんなりしたら、団子と合わせ調味料を投入。

⑥強めの中火で一気に混ぜます。

⑦とろみがついたら完成です。

大豆肉団子の甘酢あんかけ

 
かなりうまいです。食感は豆腐のたくさん入った肉団子という感じ。ひじきがまるで川谷拓三さん。いまは亡き名脇役です。手間を惜しまなかったかいがありました。

 
にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

Recipe【大葉たっぷりの大豆肉みそ】

「会社帰りに八百屋で見かけたの。こんなに入っていくらだと思う?」

帰宅するやいなや、妻は大量の大葉をイチローパパの手にばさりと乗せて、笑顔でそう尋ねました。

大葉いい大葉です。色が濃くて、切れ込みが深く、葉が盛りあがっていて、でかすぎない。これが発育のいい大葉の条件なのです。

「100円」

イチローパパがそう答えると、とたんにつまらなさそうな顔になって、「おいしく料理してね」とだけいい残し、娘を迎えにさっさと保育園へ行ってしまいました。

正解だったようです。うかつでした。こういう場合は高めに答えるべきでした。

大葉はいまが旬です。旬の野菜は栄養満点だし、安いものなのです。

残されたイチローパパは、大葉40枚をとりわけ、肉みそをつくることにしました。残りは水を張ったタッパーに入れ、冷蔵庫へしまいました。これで1週間はもちます。

用意するもの

大葉40枚、ひき肉タイプのソイミート50g(乾燥)、味噌大さじ6、みりん大さじ3、砂糖大さじ2

大葉とソイミート

大葉たっぷりの大豆肉みそのつくり方

①ソイミートをお湯で戻します。

②大葉をみじん切りにします。

③味噌とみりんと砂糖を鍋に入れ、火にかけます。

④弱火でかきまぜ、とろみが出たら火を止めます。

⑤フライパンにオリーブ油かココナッツ油をひき、大葉とソイミートを炒めて、水分を飛ばします。

⑥それを鍋に入れて、2分ほど炒めながら、よく混ぜ合わせます。

 
大葉たっぷりの大豆肉みそ

ごはんのお供に最高です。これだけで大盛り2杯はいけます。かなり甘めの味つけですので、甘いのが苦手な方は、砂糖を減らすか、砂糖なしでもいいと思います。お肉の代わりにソイミートを使用していますから、アトピー治療期の食事制限にも対応していますよ。

ソイミートはスーパーでは手に入りづらいので、いちおう紹介しておきますね。

 
「サボ ソイミート フレーク」
300g入り。900円前後。「ケンコーコム」で入手できます。スイス産の、大豆だけでできた乾物。ひき肉風で、お湯に浸せばすぐ使えます。ソイミートはいろいろ試していますが、これは味も香りもいいです。

 ちょっぴり参考になったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

Recipe【大葉のおむすびとサラダ】

妻が大量に仕入れてきた大葉がまだまだ残っているので、今日は大葉でおむすびとサラダをつくってみました。

腸内環境を整えたり、アレルギーをやわらげたりしてくれる食材をふんだんに使っていますので、アトピー治療期の方にももってこいですよ。

ちなみに、体内の活性酸素を除去してくれる抗酸化物質にはビタミンCとかカテキンとかいろいろありますけれど、ごまに含まれる抗酸化物質ゴマリグナンがすごいのは、唯一、肝臓に到達して、肝臓内の活性酸素をやっつけてくれる点です。肝臓が活性酸素のせいで弱ると、体内に老廃物が溜まったり、肌が荒れたりして、老化が進むのですが、これを防いでくれるというのです。

ごまのこうした健康効果を感じるには、1日に大さじ1杯程度のごまをいただくといいそうです。ごまの殻は堅いので、すりごまのほうが栄養分が吸収しやすいらしいです。

トマトとキュウリと大葉トマトとキュウリと和えて、サラダをつくります。

 

大葉のおむすびの材料

ごはん茶碗1杯、大葉4枚、大きめの梅干し1個、白ごま

大葉のおむすびのつくり方

①大葉を千切りにして、梅干しは叩きます。

②大葉と梅干し、白ごまをごはんと混ぜ、おむすびをにぎります。

しそと梅干しのおむすび夏ばて解消によさそうです。梅干しの酸味と、大葉の清涼感が食欲を刺激してくれるのです。
 

大葉のサラダの材料

大葉6枚、トマト2つ、きゅうり1本、すりごま大さじ3、えごま油大さじ1、バルサミコ酢大さじ1、ナンプラー大さじ1.5、てんさい糖小さじ1、塩こしょう

大葉のサラダのつくり方

①大葉を千切り、トマトは乱切りにする。

②きゅうりは薄切りにして、よく塩もみする。

③すべてをボールに入れて混ぜる。

大葉のサラダさっぱりとしていながら、風味は深淵です。ナンプラーとバルサミコ酢は一見、仲が悪そうですが、えごま油がうまくあいだをとりもってくれて、ふたつとも個性を主張しすぎず、いい感じにまとまっていました。

今日の料理に使った調味料はこちらです。

朝日の「えごま油」
170gの瓶が4本セットになっています。Amazonで3000円前後。えごま100%オイル。わたしは完治まで毎食、サラダや納豆にかけてせっせと摂取していました。

アルチェネロの「バルサミコビネガー」
250ml入り。700円前後。オーガニック100%です。酸化防止剤を使わないのが、このメーカーのウリです。オーガニックのバルサミコ酢に有機ぶどう果汁をプラスしていて、酸味がほどよいです。

「ラヨン・ナンプラー」
Amazonで、700mlが720円前後。お徳用です。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

Recipe【ブロッコリーのゆで方】

ブロッコリーはイタリア原産の緑黄色野菜です。カリフラワーとともにキャベツを改良してつくられたそうです。

キャベツ同様、栄養も満点です。ナマのブロッコリーにはレモンの2倍のビタミンCが含まれます。ベータカロテン、ビタミンB1、B2、カリウム、リンなども豊富です。ベータカロテンは、皮膚や粘膜の保護に必要なビタミンです。アトピーの方にはうれしい野菜なのです。

ブロッコリーをうまくゆでるコツをまとめました。

用意するもの

ブロッコリー、お塩

ブロッコリーのゆで方

①ブロッコリーのつぼみと茎を包丁で切りはなします。
②つぼみに下から包丁で切り込みを入れ、手で食べやすい大きさに割きます。
③茎は皮を厚めにむき、芯を5mmほどの厚みにカットします。
④ボールに張った水でしっかりと振り洗いします。
⑤お湯を沸かし、塩を入れます。水1リットルに塩小さじ2くらい。
⑥2分ほどゆでます。
⑦ざるにあげて放置。水で冷やのはNG。水っぽくなりますので。

茹でブロッコリーお箸などでころころ転がしながらゆでます。

アトピー対応食この日の昼食です。オーガニックの全粒黒パンと無添加ジャム、有機ココナッツバター。それにカスピ海ヨーグルトと生野菜サラダ、ブドウです。ブロッコリーとオクラはゆでました。

夏野菜のパスタの具ついでに夕食用のパスタの具材も準備。夏野菜のナポリタンを予定しています。妻の大好物です。夕べ、リクエストがありました。ひき肉を炒め、野菜を炒め、塩こしょうと白ワインとハーブ、ケチャップで味つけします。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

Recipe【野菜搾りかすの蒸しパン】

ニンジンリンゴジュースを愛飲していますので、いつもニンジンとリンゴの搾りかすがでます。

忙しいときなど、たまに捨ててしまうこともありますが、食物繊維たっぷりですし、栄養素もたくさん残っているはずですから、基本的には料理に利用するようにしています。それに、捨てるとバチがあたりそうなので、搾りかすでなにをつくるかは、イチローパパにとってはわりとシリアスな問題です。

搾りかすを利用した蒸しパンは、わが家の定番です。アトピー治療期にもよくつくっていました。

新しい搾りかす料理が思いつかない日や、時間のないときなんかはいつもこれです。お手軽ですし、妻や娘も喜んで食べてくれます。

用意するもの

野菜の搾りかす、小麦粉100g、黒砂糖大さじ2、豆乳大さじ4、ココナッツ油大さじ1、重曹小さじ1/2

※搾りかすはなんでも可です。今日はニンジン大1本分を使います。黒砂糖は、きび糖かてんさい糖でもOKです。ココナッツ油はオリーブ油でも問題ないです。

野菜搾りかすの蒸しパンのつくり方

①ボールに搾りかすを入れ、豆乳と混ぜ合わせます。

②そこへ小麦粉、黒砂糖、オイル、重曹を入れて、よく混ぜます。

蒸しパンづくり

③生地がしっとりしてきたら、さらによくこねます。

20130816-2

④どんぶり鉢にラップを敷き、生地を入れます。

20130816-3ブルーベリーを生地にちらしてみました。

⑤上にラップを軽くかけてから、電子レンジでチン。600Wで4分が目安です。

⑥指で突いてみて、弾力があれば完成です。指の跡が残るようでしたら、追加で30秒ずつチンしてください。

20130816-4

20130816-5ハイ、できあがり。ブルーベリーがいい感じに溶け、食べるとほんのりと甘いのです。娘はその部分ばかりほしがります。ココアの粉末を入れても香りのいい蒸しパンができますよ。フルーツの缶詰やナッツなんかを混ぜこんでもおいしいです。リキュールの「マリブ」を入れると南国風にしあがりますね。頻繁につくるので、視界に入ったものをテキトーに放りこんで、実験しています。

リキュールとココアリキュールとココア。

「マリブ ココナッツリキュール」
1000mlで1400円前後。並行輸入品。

「バンホーテン ピュアココア」
200gで780円前後。砂糖などの混ざりものなし。純粋なカカオの粉。

 ちょっぴり参考になったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

Recipe【ニンジン搾りかす炒飯】

ニンジンの搾りかすで、今夜は炒飯をつくりました。

ココナッツ油とナンプラーの風味と香りが、熱帯東南アジアにいるような気にさせてくれます。今日の東京の、からみつくような熱気と湿気を含んだ大気に妙にフィットした一品でした。

用意するもの(3人分)

ニンジン搾りかす(2本分)、ひき肉タイプのソイミート30g(乾燥)、にんにく一片、ねぎ20cm分、ピーマン4個、ココナッツ油小さじ1、茶碗3杯のごはん、しょうゆ小さじ2、ガラスープ小さじ5、ナンプラー小さじ4、塩と黒こしょう

ニンジン搾りかすの炒飯の材料

ニンジン搾りかす炒飯のつくり方

①フライパンにココナッツ油をひきます。

②みじん切りしたにんにくとねぎを炒めます。

ニンジン搾りかすの炒飯

③ニンジン搾りかすをくわえ、水分が飛んだら、テキトーに塩こしょうします。

20130817-3

④大豆ひき肉(お湯で戻さなくてOK)を入れ、さらに炒めます。

⑤みじん切りしたピーマンとごはん、ガラスープを入れ、またも炒めます。

20130817-4

⑥しょうゆとナンプラーを投入し、よく混ぜ合わせます。

⑦これでOKです。味に不足があれば、塩こしょうで整えてください。

20130817-5

うまいです。家族に好評でした。今度、お弁当にこれを入れてください、と妻にお願いされましたので、ハイと答えておきました。うれしいものですね。つけあわせのマッシュポテトは、塩ゆでしたじゃがいもをマッシャーでつぶし、豆乳と塩こしょうをくわえただけ。生クリームなしでも、舌ざわりは十分なめらかです。

ニンジン搾りかすの炒飯

今夜使ったソイミートや油、調味料も紹介しておきます。アトピーでも安心。なおかつリーズナブルなものばかりです。

「サボ ソイミート フレーク 300g」
有機大豆でできた、ひき肉タイプのソイミート。「ケンコーコム」で、900円前後。

ユウキ食品の「化学調味料無添加のガラスープ」
130gで、500円前後。チキンエキスがベース。野菜や香辛料の香りもいいですし、化学調味料無添加がうれしいです。野菜炒めやあんかけ、炒飯、焼きビーフン、フォーと大活躍しています。「ケンコーコム」で買っています。

「ラヨン・ナンプラー」
ナンプラーです。700mlで720円前後とリーズナブル。カタクチイワシの風味がしっかりでていて、おいしいです。炒め物に使うと香ばしいですし、わが家ではしょうゆ代わりにいろいろ使っています。

ココナッツオイル「Jarrow Formulas, Organic, Coconut Oil,)」
有機ココナッツを生搾りしたオイル。454gで8.37ドル(2013年8月17日時点)。この油を使うと、「香りがいいし、なにより太らないのがいい」と、妻もご機嫌です。

注)上の写真は「iHerb」の商品ページにリンクしています。初回のみ5ドル(最大10ドル)の割引が適用されるようになっています。もし、割引がうまく適用されない場合は、クーポンコード「GGK236」を手入力ください(以下同)。「iHerb」はわたしがよく利用している健康食品通販サイトです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

 ちょっぴり参考になったかも、と感じたら、ぜひクリックください。