GMO作物の危険性 ~新たなアレルギーを引きおこしている!?

この記事の重要度:

遺伝子組み換えトウモロコシ

GMO(遺伝子組み換え)作物に注入される外来遺伝子は、人間の体にとって異物。アトピーの方のように食べ物に体が敏感な場合、新たなアレルギーの引き金を引く可能性が高いのです。GMO作物の発がん性を証明した実験もあります。問題なのが、日本はGMO作物の消費大国であること。気をつけないと、知らないうちに大量に口にしています。

共生微生物の驚きの役割! 腸内細菌は健康の守り神

この記事の重要度

マイクロバイオーム

ヒトの腸管には100種100兆個の共生微生物が暮らしています。腸だけでなく、耳のなかから皮膚まで、微生物はどこにでもいて、わたしたちのからだを守ってくれている、人体の「器官」なのです。体内の細菌のバランスと多様性が失われることは、健康を害することに直結します。くわしく解説しますので、興味のある方のみお読みください(笑)。

治癒の足を引っ張る食物アレルギーに注意!

この記事の重要度:

遅延型アレルギー血液検査キット

食物アレルギーには即時型(IgE)と遅延型(IgG)があります。本当に恐いのはIgGです。食物過敏症(食物不耐症)と呼ばれるもので、発現までに数時間、遅いと数日かかることもあります。その後は数か月(最長1年)も体内で炎症を起こしつづけます。IgGが引きおこす症状や、検査の必要性についてお話しします。

油が決め手! オメガ3、オメガ6、トランス脂肪酸の違い

この記事の重要度:

アレルギーの症状の改善と悪化には「油」が大きく関わっています。アトピーなら絶対に知っておくべき話です。どの油を使えばアトピーが改善し、どの油でアトピーは悪化するのか、きちんと解説していきます。世界各国が危険視しているトランス脂肪酸についても丁寧に説明。これを読めば、マーガリンはもう使えません。

ホントの話、禁煙と禁酒でアトピーは治らない?

この記事の重要度:

いろんな酒

禁酒や禁煙を決意するのは、アトピーの悪化時です。でも実は、その時点では「焼け石に水」。期待するほどの効果は得られません。なぜなら直接の原因ではないから。アトピーとお酒、煙草の関係から、アトピーを悪化させない呑み方まで解説。なお、お酒と煙草が身体に負担をかけるのは事実。完治させるつもりならやめるべき。デトックスは確実に早まります。

アトピーに治療法はある? ない?

この記事の重要度:

氷山のたとえ(目に見える皮膚の症状をいくらとりのぞいても、水面下には病気の本体てあるリーキーガットやカンジダ症、アレルギー、悪血症が残る)

現代医学では、アトピーに治療法はないとされています。病院でも対症療法が中心です。でも薬や保湿剤でいったん改善しても、原因はそのまま。だからみんな悪化を経験し、脱ステや脱保湿を考えるのです(これでは完治しない)。本当に本質的な治療法はないのでしょうか。

世界一よくわかる、アトピーの原因

この記事の重要度:

悪玉菌と日和見菌(カンジダ菌)が善玉菌を尻目に腸壁を破壊

アトピーになったのは、腸が壊れたから。では、腸が壊れる原因とはなにか。いちばんは不健康な食生活です。ついで便秘。このほか水分不足やストレスも腸の健康と密接にかかわっています。アトピーの本当の原因を、世界一わかりやすく解説していきます。

腸が壊れている

この記事の重要度:

たんぱく質、有害物質、有毒ガス(腸内毒素)が腸壁から体内へ侵入してくる

アトピー最大の原因は、弱って傷ついた腸粘膜です。腸が壊れていると、アレルギーの原因となるたんぱく質がきちんと分解されないまま体内へ侵入してきます。それ以外の有害物質や有毒ガスも体内へ入りこみます。アトピー完治の第一歩は、腸を元気にすることです。

アトピーの本当の原因は、遺伝でも体質でもない

この記事の重要度:

T細胞、NKT細胞、肥満細胞、ヒスタミン、アレルゲンなど、アレルギーのメカニズム

現代医学は、アトピーの原因を遺伝や体質と説明します。病院でも、判で押したようにこの説明が繰りかえされる。しかしアトピーの多くは遺伝や体質ではないのです。真相はもっと単純。腸にトラブルが起きているのです。