バターコーヒー

バターコーヒーをブレンダーで撹拌中

バターコーヒー

コーヒーが大好きな人間って、だれでも一度は喫茶店のマスターになりたいと思ったことがあるのではないでしょうかね。けれど、ほかの商売と同じように、いったん職業にしてしまうと、なかなか大変なものらしい。

脱サラして喫茶店をはじめた知人がいますが、大量の豆の管理やらクレーム対応やらバイトくんの扱いやらで、日々骨身を削っている様子。時節柄、お客の入りもよくなく、資金繰りも厳しいそうです。

「喫茶店をはじめなければよかったと後悔していることがひとつある」

先日、だれもいない店内で彼はこう洩らしました。

おカネか? そう聞くと、

「喫茶店のお客さんにはもうなれないからね」

ほかのお店に入ることはあっても、内装や豆の品質、ブレンドのしかた、味と香り、接客……そういう五感で感じるものすべてを経営者の目でチェックしてしまうとか。1杯のコーヒーをもう純粋に楽しめないようになったというのです。それがつらい、と。

わかるなあ、その気持ち。

というわけで、コーヒー好きは家で試行錯誤しながら、自己流コーヒーの味と香りを追求、堪能しているうちが華。そうやってひとり悦に入っているのが幸せなのです。

さて、きょうはわたしのイチオシのコーヒーをご紹介。

最高にヘルシーなコーヒー、バターコーヒー

わたしは1日3杯、コーヒーを飲むことにしています。

基本はブラックですが、朝の1杯(朝食抜きの日)や、疲れたときの1杯をバターコーヒーにしています。

大さじ2杯の脂肪分を入れることで、エネルギーをただちに補給できるからです。

おかげで、朝食抜きでもバリバリ仕事がこなせる。

でも、ありがたいことに胃腸は休ませておける。血糖値にほとんど影響を与えませんから、午前中に腹の虫が鳴く、ということもないです。驚きです。

食べ物のエネルギー

エネルギーが摂取できる食物は炭水化物、たんぱく質、脂肪の3つ。炭水化物とたんぱく質は体内で1グラムあたり4kcalのエネルギーにしかなりません。が、脂質は1グラム9kcalのエネルギーを生みだす。バターコーヒー1杯で、200kcalほどのエネルギーが摂れるのです。さらにバターには腸をきれいにして、善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)を増やしてくれる酪酸塩が豊富に含まれています。

クリーミーでじつにうまいです。疲弊した脳が、身体が息を吹きかえすのを感じます。

炭水化物のように血糖値を急激にあげる心配もない。継続的に飲めば、むしろ血糖値はさがるようです。

コーヒーは抗酸化作用が強いことでも知られています。アトピーなどで炎症が起きていると、体内では活性酸素が大量につくられています。これが血管や細胞を傷つけている。コーヒーには、この活性酸素を減らす働きが期待できる。

コーヒーは、善玉菌を増やすポリフェノールも豊富。ポリフェノールというと、ワインを思い浮かべますが、コーヒーはワインよりポリフェノールが多いそうです。

さらに、コーヒーのカフェインには脳内の炎症を食いとめ、認知力をアップさせる働きがあります。認知症を予防してくれることが研究でわかっています。

頭脳の働きがぐっとよくなるわけです。

なによりカフェインを摂取すると、気分がよくなります。ドーパミンとセロトニンが活性化するからです。ハイテンションで1日のスタートを切ることができる。

わたしが朝のコーヒーを欠かさない、いちばんの理由はそこにあります。

ただし、カフェインは肝臓や副腎に負担をかけます。副腎の働きが落ちると、免疫力が低下します。副腎疲労や、アトピーの症状の強く出ている方(重症の方)は、コーヒーや緑茶、ウーロン茶などのカフェイン入り飲料はストップするのが正解です。
用意するもの

バターコーヒーに必要なもの

  • 熱々のコーヒー
  • 発酵無塩バター、もしくは澄ましバター(ギー)大さじ1杯
  • MCTオイル大さじ1杯

発酵バターを使うのは、乳酸菌発酵しているぶん整腸作用が高いから。でも、ふつうのバターでもOKです。

わたしはバターでなく、澄ましバター(ギー)を使っています。乳製品全般にアレルギーがあるからです。

ギーは純粋な乳脂肪。カゼインなどの乳たんぱくをまったく含みません。バターもたんぱく質をほとんど含みませんが、乳製品にアレルギーがある場合は避けたほうがいい。

MCTオイルというのは、ココナッツオイルから中鎖脂肪酸を抽出したもの。スポーツマンの栄養源として利用されたり、病院の点滴の成分になったり、脂質吸収障害のある赤ちゃんのための粉ミルクに添加されたりしています。

とても吸収されやすく(エネルギーに変換されやすい)、栄養面でのメリットが大きいからです。

しかしわたし自身はそういう健康機能より、MCTオイルの風味を気に入っています。ココナッツオイルよりずっと洗練された、良質の生クリームのような味わいが楽しめます。

MCTオイルは、ココナッツオイルで代用してもOKです。

バターコーヒーになぜココナッツオイル?

MCTオイルやココナッツオイルをプラスするのは、健康機能がとっても高いから。

とくにアトピーの方が注目したいのは、高い抗真菌作用。

毎日、ココナッツオイルを摂るだけで、カンジダ症の改善、予防につながるのです。

MCTオイルとギー

写真左のMCTオイルは日本製。その隣は米国製 MCTオイル。いちばん右は澄ましバター(ギー)です。オーガニックの牧草で飼育された乳牛のミルクからつくられています。
バターコーヒーのつくり方
  1. 安全安心なコーヒー豆をミル(挽く)。
  2. カップにバターとMCTオイルを入れる(固まっていてもOK)。
  3. コーヒーをドリップする。
  4. ブレンダーで撹拌する。

撹拌するのは、身体がバターやオイルをエネルギーとして使いやすくなるからです。撹拌しないと、あぶらぎっていてまずい、という理由もあります。とにかくブレンダーできちんと混ぜあわせます。

バターコーヒーをブレンダーで撹拌

最初、家にあるブレンダーでかき混ぜていましたが、強力すぎて注意しないとコーヒーがこぼれてしまう(2~3人分をまとめて撹拌するのには向きます)。そこで目をつけたのが、ミルク泡立て器。IKEAの400円のがすぐに壊れたので、現在はHARIO製を使っています。さすがに頑丈です。カップ1杯のコーヒーには、こっちのほうが向きますね。洗うのもラク。とりまわしもラクです。

バターコーヒーの注意点

1.良質の豆を入手する

オーガニックのコーヒー生豆

わたしは良質の生豆をチョイスするようにしています。自分の目で確認しながら選別(カビ豆などの不良豆を除去)し、自宅キッチンで焙煎します。ミルする(挽く)のは飲む直前です。

面倒なら、スペシャリティーコーヒー(不良豆の選別ずみ)やオーガニックの豆を選ぶ手もあります。コーヒーにかぎらず安価な品物というのは、品質や管理状態がよくありません。カビ農薬などの汚染リスクが高い。

健康になるために飲んでいるバターコーヒーが、反対に健康に悪影響を与えていたらバカみたい。それならハナから飲まないほうが賢明です。

挽き立てのコーヒーが味わえる、というのもレギュラーコーヒー(粉)にはない、豆ならではの特典。

部屋にただよう香りがいつもと全然ちがう。鼻孔が喜んでいるのがわかる。うーん、言葉ではうまく伝えられませんね。百聞は一杯にしかず。ぜひお試しあれ。

2.自家焙煎する

できれば、焙煎は自宅で行なうとベター。

コーヒー豆は焙煎した瞬間から酸化がはじまります。それから2週間くらいは「熟成」と呼んでいい期間ですが、それをすぎると「劣化」。コーヒーの健康機能は期待できません。

レギュラーコーヒー(粉)を利用するなら、2週間で飲み切ってしまうのが得策です。

3.バターはグラスフェッド(牧草飼育)を選ぶ

グラスフェッドというのは、牧草飼育の意。

近ごろの牛はグレインフェッド――トウモロコシやモロコシ、米などの穀類で育てられた牛がほとんどですけれど、これは牛本来の食性とは異なります。

そういう乳牛のミルクは栄養価が低いばかりでなく(オメガ3系脂肪酸が極端に少ないなど)、汚染されている危険性があります。エサに残留農薬やカビ毒が含まれている可能性がある。

だから、わたしはグラスフェッドのバターを選んでいます。さきほども買いたように、健康のために飲んでいるものが、気づかないうちに健康を害していたとしたら本末転倒です。

そんなに高いものではありませんしね。

1杯換算で60円弱。MCTオイルと合算すると1杯100円弱。あと豆代がかかりますが、外で飲むよりずっと経済的。なにより健康的。

あ、カフェインが体内に残っていると、あきらかに睡眠の質に影響が出ます。コーヒーは16時以降は飲まない、というのがわたしのルール。

ご注意

この記事は、アトピーだけれど、コーヒーが好きでたまらない、やめられない、という方のために書きました。どうせ飲むなら、健康的なものを楽しんだほうがいいからです。が、症状がひどいときは、コーヒーもバターも遠ざけたほうが無難。カフェインは確実に副腎や肝臓にストレスを与えます。動物性脂肪(魚以外)は、消化器が弱っているときは負担が大きいですし、体内の炎症レベルをぐっと高めることがあります。

アトピー完治までのわたしの軌跡

上京イメージ

上京してアトピーに

20代で発症した湿疹が、ステロイドで成人型アトピーに変わる

わたしのアトピー歴について、ざっと説明します。アトピーの具体的な手当てとは関係ありませんから、時間や興味のない方は飛ばしてください。

20代後半で上京して数カ月後のこと、おでこにしつこい湿疹ができました。当時はステロイドに関する知識がまったくなく、「液体ムヒ」を繰り返し塗って対処していましたが、やがて背中やお腹にも湿疹が広がっていきました。いま思えば、コンビニ中心の食生活と生活リズムの乱れからくるものだったのでしょう。が、当時はそんなこととは露知らず、皮膚科の扉を叩きました。

座っていたのは、きれいな女医さんでした。

「あなた、アトピー?」
「いえ、違いますよ」
「念のためアレルギー検査してみましょうか?」

しかし、ハウスダストに少しばかり陽性反応があるくらいで、総IgE値も基準値内。ステロイドを処方してもらい、帰ってそれを塗ったら、ひとまず湿疹は治まりました。

これが地獄の入り口と気づくのは3年後のこと。

湿疹はすぐに再発し、ステロイドを塗布します。その繰り返し。このままではいけないと感じ、大きな病院で調べてもらったけれど、やはり原因はわからずじまいでした。そこでもステロイドが出されますそうして症状が徐々にひどくなっていき、1年後に門をくぐった別の病院で再度アレルギー検査を受けたところ、なんと検査項目にある抗体のほとんどに高い陽性反応を示しました。総IgE値も、健常者のレベルをはるかに超えていました。

なんとかしなければならない……。焦りは日増しに強くなり、ドクターショッピングの日々がやってきました。けれども一向によくなってくれない。どの病院でも判をついたようにいわれるのが、

「アトピーは一生治らないから、薬でコントロールするしかないよ」

この言葉を聞くたび、背筋が凍りつく思いがしたものです。

仕事の忙しさもあって、有効な対策を打てないまま3年が経過しました。そのころにはいちばん強いステロイドも効かなくなり、顔だけはプロトピックでなんとか抑えていたものの、頭髪は抜け、あちらこちらで硬貨大の脱毛が起こり、首から下は象皮症と色素沈着と炎症の嵐。ハードワークと寝不足続きでもうへとへとなのに、それでもかゆみで3時間以上続けて眠れない。とにかくものすごいありさまでした。

プロトピックで腎臓病!? 副作用の怖さを知って断薬を決意

ある日、初めて訪れた病院で、プロトピックを2年ほど使っていることを告げると、出し抜けに腎機能を調べるための血液検査をされました。プロトピックを長期間連用すると腎臓に障害が出る可能性があるというのです。これまで何人もの医師の診断を受けましたが、そんなことを教えてくれた医師はいませんでした。

これを聞き、外用薬だからたいした副作用はないだろう――医師からはそんな説明を受けていました――と高をくくっていたことを猛烈な反省。薬の副作用について真剣に調べはじめました。

出るわ出るわ。

恐ろしくなり、もはや薬が効かなくなっていたことも手伝って、結婚を機に薬をやめることを決心しました。妻の協力を得て、一気にステロイドをやめ、その後、プロトピック、抗ヒスタミン剤と順に中止。リバウンドは、それはもう怒濤の激しさでのしかかってきました。しかし薬をやめれば治ると強く信じ、サプリメントや健康食品、塩浴や塩マッサージ海水浴、日焼け、サウナなどを駆使しながら、なんとか断薬期間を乗り切ったのです。

財布の紐は固いほうなので、さほど高額なものには手を出しませんでしたが、それでも全支出額を積算してみると相当な額になると思います。われながら必死だったのだとあらためて感じます。

まともに眠れるようになったのは断薬から3年くらい経ったころ。気がつけば、症状の8割方が治まっていました。リバウンドが終わると症状はぐっと軽くなり、湿疹なども時折少し出るくらいでしたので、その後の数年間はたいした対策はとりませんでした。ちょっと湿疹が出たら、入浴時に自然塩でマッサージするくらいで治まっていました。

それからの数年は小康状態を保ち、平穏な日々が流れていきました。ところが数年前――。地獄のような、アトピーの再発が待っていたのです。

数年後、いきなりのアトピー再発

突然それはやってきました。皮膚に湿疹があらわれ、やがて全身のあちこちが青紫に染まり、それが広がるに伴って、蕁麻疹を併発。激しい頭痛にも襲われるようになったのです。2週間に1度くらいのペースで、高熱が出ました。

薬をやめてからずいぶん時間が経過していたため、リバウンドとは考えにくいのですが、しかしまったく原因がわからない。手始めに煙草お酒を断ちましたが、好転の兆しはありません。食事を見直し、毎日激しい運動を行ない、漢方薬お灸などにも手を出しましたが、坂を転がるように悪化していきます。しかし、わたしはそれを都度、メンゲン反応(好転反応)だと思いこみ、やがて違ったと気づく。そんなことを繰り返していました。

最終的には瀉血療法に手を出しました。後述しますが、瀉血は汚れた血を専用器具で抜きとるという治療法で、卓効があります。が、やめどきがわからず、これしかないと信じて続けた結果、わたしは死にかけました。ひどい貧血で歩行困難となり、トイレに行くだけでも息切れする始末。最後は、本当に命を失いかけたのでした。

独自の方法論で、アトピーを完治させる

わたしはなんとか九死に一生を得ました。これまでもアトピーの改善には本気で取り込んできたつもりでしたが、不死鳥のように死の淵から蘇ったわたしは、あらためて腰を据えて過去の体験を検証し、まずはネットの体験談や書物を猛烈な勢いで読みあさりました。

アトピーだけでなく、皮膚疾患全般、生活習慣病全般、栄養学などに関する書物や雑誌記事を読みあさり、無数の研究論文に目を通しました。洋の東西、古今を問わず。仕事柄、医療関連の書物や学術論文、研究論文などに当たることが多かったのも幸いしました。

試しに栄養学関連の資格を受けてみたら、なんの勉強もせずぶっつけ本番で合格するくらいの知識が身についていました。

食生活アドバイザー2級の合格証

社団法人FLAネットワーク協会認定「食生活アドバイザー」2級の認定証(といっても1級があるわけでなく、なぜか2級と3級しかない)。さしたる資格ではないです。なんていうと、検定事務局や受験者の方々に失礼ですね。でも合格率は2級35%、3級65%です。難関資格ではない。でも「食」全般にそれなりに通暁していないと合格できません。試験会場でほかの受験者(女性が圧倒的多数)に聞いたら「テキストを買って、半年勉強した」とか「2万円する講座に通った」なんていっていましたから。なお食生活アドバイザーとして活動しようという意志はわたしにはありません。ただ、このブログは最低限の見識と基礎知識をもって運営されていることをご理解ください。

そして、このころには「アトピーは不治の病」という固定観念は、頭のなかからすっかりはがれ落ちていました。

アトピーの原因と治し方を見つけた

わたしは確信しました。

  • アトピーになったのにはれっきとした理由があった。
  • 自分で治せる。
  • 自分にしか治せない。

書物などを通して、信頼できそうな専門家や自然療法家、研究者らの思考方法を追体験したのち、アトピーを完治させるための方法を組み立てました。それを淡々と実行に移しました。もうこれしかほかに手がない。不退転の覚悟でした。

100日後、十数年にわたってわたしを振りまわしてきたアトピーと、ついに決別することができたのです。