腸の健全化が、アトピー完治のカギ

腸に休息を与え、善玉菌を増やしてアトピーを治す

アトピー根治のカギは、腸の健全化です。弱った腸が健康になれば、アトピーは治ります。

罹患歴十数年のわたしが、最後の100日間の手はじめに実践したのはこの3つです。

①1日2食&少食 5章「根治療法①」へGO!
②週1回の断食 5章「根治療法②」へGO!
③食前の生菜食 5章「根治療法③」へGO!

①は、消化器に休息時間を与えてあげる、ということです。②も同じ。丸1日、固形物を食べないでいると、消化器はずいぶんと休まるようで、これを繰り返すことでぐんぐんよくなっていきます。治るまで絶食できれば一番いいのでしょうが、それでは命にかかわります。そこで③。キャベツやタマネギ、ダイコンなど、消化を手助けしてくれる野菜を食前にナマで食べ、胃腸の負担を極力減らしてあげるのです。

次に着目したのは、腸内環境を整えるということです。善玉菌を増やそうという計画です。そのために実践したのがこちら。

④乳酸菌の摂取 5章「根治療法④」へGO!

昔はどの家にもかならずあった「ビオフェルミン」。これを毎食後に飲むだけでアトピーが治ったという人もいるようです。ヨーグルトや味噌、納豆、漬け物などの発酵食品も多く摂るように心掛けました。

【スポンサード リンク】

運動と油、この2つもアトピー改善の重要な要素

次に大切なのが、体を動かすということです。毎日しっかり運動して筋肉を鍛え、食べたものが体内でだぶつかないよう基礎代謝をあげてやる。同時に汗をたっぷりかき、老廃物や有毒物質、ステロイドの残留物などを体外へ排出することは完治への近道です。というわけで、

ということになります。

最後になりましたが、これもとても大切な改善要素です。

⑥食べていい油、ダメな油を知る 5章「根治療法⑥」へGO!

体内でのアレルギー反応には摂取した油の種類が大きく関わっている、ということはいまや常識です。くわしいことは後述しますが、ひらたくいえば、サラダ油をたくさん摂っているとアレルギーが悪化し、青魚(オメガ3系脂肪酸を多く含む)をたくさん食べていれば、アレルギーを抑制してくれますよ、というお話です。

以上がアトピーの根治療法(病気を根っこから治す治療法)となります。これらにくわえて、対症療法(当面の症状を抑える治療術)も同時並行で行なっていけば、根治までの時間をさらに縮めることができるはずです。

なお、対症療法は、3章で紹介した、脱ステ期に試した治療法もいくつか含みます。振りかえってみれば、惜しいセンまできていたのがよくわかります。ただ、そのすべてが対症療法に終始していて、たとえば食生活を魚中心の和食に変えたのは正解だけれど、根治の根幹である1日2食&少食が欠落しています。ある程度まで改善しながら完治にいたらなかったワケがいまはよくわかります。

わたしが実践した根治治療と対症療法について、次章からさらにくわしく解説していきます。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは参考になったかな、と感じたら、ぜひクリックください。

②週1回の1日断食

【★★★★★】

断食は胃腸を休ませるのにうってつけ

胃腸を休ませるという点で、断食にまさる方法はありません。1日2食も、いうなれば半日の断食です。

1日2食に慣れてきたころ、1日断食に挑戦しました。さらなる効果を実感しました。丸1日、水だけで過ごす水断食が基本形ですが、ほかにも野菜ジュースやすまし汁だけを飲む方法、寒天だけを食べる方法といろいろあるようです。

ポイントは、丸1日固形物を摂らない、という点ですね。あと、前日の夕食は腹6分目くらいにしておかないと、断食日の空腹のつらさが増します。

わたしは最初、朝昼晩とニンジンリンゴジュースを飲んでいましたが、3回目あたりから水断食に切り替えました。断食中はからだが重く、ジュースをつくるのが億劫ですし、水断食のほうが効果が顕著に感じましたもので。

断食の方法は複数ある

断食の方法をいくつか紹介しましょう。

【水断食】
1日に2リットル以上の水を飲みます。ほかの断食法にもいえることですが、食事からの水分摂取ができないぶん、意識して水分を摂取する必要があります。
【ニンジンリンゴジュース断食】
ニンジンリンゴジュース(レシピはニンジンリンゴジュースの記事)を朝昼晩と2杯ずつ飲みます。ほかに午前中と午後に生姜紅茶(レシピは生姜紅茶、生姜湯の記事)を1杯ずついただきます。
【寒天断食】
10gの寒天を540mlの水で煮ます。450mlまで煮つめて、黒砂糖30gと塩5gを溶かせば完成です。これを昼と夜、熱いまま飲むか、冷蔵庫で固めて食べます。黒砂糖を入れずに固めて、冷やしたものに蜂蜜をかけてもOKです。空腹のつらさが緩和され、腸捻転とか腸閉塞を防ぐ効果もあるそうです。
【酵素断食】
専用の酵素ドリンクを昼と夜に飲む断食で、腸内の掃除がしっかりできます。甘いものが好きな方にはいいかも。「酵素ファスティング」ともいわれ、女性のモデルさんタレントさんで実践している方も多いようです。
【すまし汁断食】
540mlの水に昆布と干し椎茸を10gずつ入れて、数時間おきます。それから火にかけて、沸騰寸前に昆布と椎茸をとりだし、しょうゆを30ml入れます。黒糖30gも溶かします。これを昼夜2回、熱いうちにいただきます。断食のストレスがやわらぎ、宿便が出やすいそうです。
【青汁断食】
ミキサーかジューサーを使って、5種類以上の野菜250gからつくった青汁を昼と夜に飲みます。面倒なら市販品でもOK。断食中は青汁でも胃への負担が大きいので、倍に薄めるといいそうです。蜂蜜30gや酵素をプラスする方法もあります。参考記事/青汁。

おなかがすいた、と感じるのは、低血糖の反応です。めまいやふらつきなどの低血糖症状がでたときは、黒糖をひとかじりするとすぐにおさまります。

断食明けの食事は、消化器に極力負担をかけないよう、おかゆと梅干しなんかがいいようです。わたしは断食翌日の朝はニンジンリンゴジュース1杯にして、昼はおかゆと梅干し、夜は普通食をごく軽めにいただいていました。

【スポンサード リンク】

断食で最も注意すべきなのは、復食(補食)

断食道場や断食病院などでは、3~7日間くらいの断食(もっと長いのもあります)を行なっているところもあります。長期間やればそれだけ効果が高いらしいですが、ひとりでやるのは危険があります。断食終了後、少しずつ時間をかけて普通食に戻していくことを復食あるいは補食といいますが、復食に失敗すると逆効果で、かえって胃腸を痛めてしまうようです。へたすると腸捻転を起こすこともあるといいます。

1日断食を週1回やれば、4日間の断食を月1回やるのと同等の効果が得られるそうですので、こちらがおすすめです。わたしはそうしていました。

じつは完治後も月に1~3回、1日断食を行なっています。たまに胃腸を休ませてあげると、体調がぐんとよくなるのです。

断食のイメージ

栄養失調に効果のあった方法とは

長らく食事制限をつづけて、ときおり断食などを行なっていると、栄養状態が悪くなることがあります。低たんぱく食を実施しているとなおさらでしょうね。わたしの場合、お肉はおろかお魚もほとんど食べていなかったので、食事制限を開始して1か月くらいで、爪の先ががたがたになり、表面が剥離しはじめました。当時、ほかの病気の回復期で体重が落ちていたことや、基礎代謝が生来高いことなんかも関係していると思います。

その病気を完全に治癒させるためにも、なんとかせねば、と考えて、ある方法を思いつきました。その方法は、栄養失調の記事にまとめています。邪道ですから、おすすめはしませんが、栄養失調を自覚されたら目を通してみてください。

にほんブログ村 健康ブログへ うん、参考になったぞ、と感じたら、ぜひクリックください。

 

食事制限や断食で栄養失調になったら?

たんぱく質不足にプロテインを活用、結果は?

食事制限をスタートして1か月くらい経ったある日、つま先がぼろぼろ剥がれていることに気がつきました。数日たってもそれが治りません。それどころかひどくなってゆく。

栄養不足を痛感したわたしは頭を抱えました。爪が弱っているということは、たんぱく質が不足しているということ。しかし、消化にいいとされるお魚でさえ、食べると悪化するため、なるべく食べないようにしていました。大豆は悪化を招かないのですが、納豆とか豆腐、煮豆なんかでたくさん摂取していましたから、これ以上摂取したくない。大豆は健康食品ですが、過剰摂取にはこれまた弊害が生じるのです。かといって、食事量そのものを増やすと、胃腸が休息をとれなくなる。

そこで苦肉の策として思いついたのが、プロテインを摂取するということでした。以前、筋トレ用に買ったものがたまたま部屋にあり、目についたからです(笑)。

【スポンサード リンク】

うちにあるのはホエイプロテイン。つまり、牛乳由来のたんぱく質です。アトピーに乳製品はご法度ですから、本当ならNGです。事実、以前飲んだときは症状が悪くなりました。しかし現在は牛乳たんぱくを分解してくれる心強い味方がうちにいます。そう、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌たちです。

わたしは、ヨーグルトを手づくりする際、このホエイプロテインを牛乳に混ぜることにしました。彼らが牛乳のたんぱく質といっしょにプロテインのたんぱく質も分解してくれることを期待したからです。

 
プロテインとヨーグルト「100%CFMホエイプロテイン マッスルビルディングタイプ 1kg徳用」
Amazonで5000円前後。たんぱく質含有率92.9%。かなり優秀な数字です。人工甘味料や植物油脂なども含まない、高品質のプロテイン。わたしが知るかぎり、これが最高です。

 
結果は吉と出ました。

完成したヨーグルトを食べても、症状の増悪はありませんでした。爪も1週間で元通り。

めでたしめでたしというワケです。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。