Recipe【大葉のおむすびとサラダ】

妻が大量に仕入れてきた大葉がまだまだ残っているので、今日は大葉でおむすびとサラダをつくってみました。

腸内環境を整えたり、アレルギーをやわらげたりしてくれる食材をふんだんに使っていますので、アトピー治療期の方にももってこいですよ。

ちなみに、体内の活性酸素を除去してくれる抗酸化物質にはビタミンCとかカテキンとかいろいろありますけれど、ごまに含まれる抗酸化物質ゴマリグナンがすごいのは、唯一、肝臓に到達して、肝臓内の活性酸素をやっつけてくれる点です。肝臓が活性酸素のせいで弱ると、体内に老廃物が溜まったり、肌が荒れたりして、老化が進むのですが、これを防いでくれるというのです。

ごまのこうした健康効果を感じるには、1日に大さじ1杯程度のごまをいただくといいそうです。ごまの殻は堅いので、すりごまのほうが栄養分が吸収しやすいらしいです。

トマトとキュウリと大葉トマトとキュウリと和えて、サラダをつくります。

 

大葉のおむすびの材料

ごはん茶碗1杯、大葉4枚、大きめの梅干し1個、白ごま

大葉のおむすびのつくり方

①大葉を千切りにして、梅干しは叩きます。

②大葉と梅干し、白ごまをごはんと混ぜ、おむすびをにぎります。

しそと梅干しのおむすび夏ばて解消によさそうです。梅干しの酸味と、大葉の清涼感が食欲を刺激してくれるのです。
 

大葉のサラダの材料

大葉6枚、トマト2つ、きゅうり1本、すりごま大さじ3、えごま油大さじ1、バルサミコ酢大さじ1、ナンプラー大さじ1.5、てんさい糖小さじ1、塩こしょう

大葉のサラダのつくり方

①大葉を千切り、トマトは乱切りにする。

②きゅうりは薄切りにして、よく塩もみする。

③すべてをボールに入れて混ぜる。

大葉のサラダさっぱりとしていながら、風味は深淵です。ナンプラーとバルサミコ酢は一見、仲が悪そうですが、えごま油がうまくあいだをとりもってくれて、ふたつとも個性を主張しすぎず、いい感じにまとまっていました。

今日の料理に使った調味料はこちらです。

朝日の「えごま油」
170gの瓶が4本セットになっています。Amazonで3000円前後。えごま100%オイル。わたしは完治まで毎食、サラダや納豆にかけてせっせと摂取していました。

アルチェネロの「バルサミコビネガー」
250ml入り。700円前後。オーガニック100%です。酸化防止剤を使わないのが、このメーカーのウリです。オーガニックのバルサミコ酢に有機ぶどう果汁をプラスしていて、酸味がほどよいです。

「ラヨン・ナンプラー」
Amazonで、700mlが720円前後。お徳用です。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。