Recipe【ニンジンリンゴジュース】

人間のからだには約30種のビタミンと、約100種のミネラルが必要です。これらすべてを含むのが、ニンジンです。とくに、万病のもとである活性酸素をとりさるベータカロテンの含有量は相当なものです。

リンゴはビタミン類のほか、種々のミネラルや酵素、有機酸をバランスよく含みます。放射性物質を体外へ排出してくれるペクチンや、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖なんかも含んでいます。

これらニンジンとリンゴからつくったジュースは朝の栄養補給源としてたいへんすぐれたものなのです。わたしがアトピーを完治させるにあたっては本当に欠かせないものでした。英国やメキシコではがん治療にニンジンリンゴジュースを用い、かなりの成果をあげているそうです。

【スポンサード リンク】

ニンジンリンゴジュースのつくり方

①ニンジン2本とリンゴ1個を用意。

ニンジンとリンゴニンジンのベータカロテンは皮の部分に多く含まれます。有機栽培なら皮ごと安心して使えます。わたしはいつも有機ニンジンを「自然食21」で買っています。有機栽培のリンゴも「自然食21」でとりあつかっていますが、稀少かつ高価なので、ジュースにするのはちょっともったいないです。普通のリンゴは農薬の使用量が多いそうなので、わたしは皮をむいて使います。

②ニンジンの皮は栄養に富むので、タワシで洗い、皮ごとカット。

ニンジンを切るこれで大きめのニンジン2本分です。搾ると、200ccになります。

③リンゴの皮をむき、同じくカットします。

④ニンジンとリンゴをジューサーで絞り、ジュースをつくります。

juicerニンジンの搾りかすは、蒸しパンやピザ生地にしたり、ふりかけをつくったり、チャーハンに混ぜこんだりして活用しています。食物繊維のかたまりですから、捨てるのが惜しいです。リンゴの搾りかすは、乳酸菌のエサになるかと思い、ヨーグルトに入れています。

⑤すぐに、レモン汁かお酢_(1)を少量くわえてください。

サワードリンクレモンとお酢でつくった自家製サワードリンクです。ジュースに少し入れます。

⑥油_(2)を数滴落とし、ゆっくり噛みしめるように飲みます。

脚注 (1)ニンジンにはビタミンCを破壊する酵素が含まれます。レモンやお酢に含まれるクエン酸はその働きを弱めます。(2)ニンジンのベータカロテンは脂溶性ですので、油といっしょにとると吸収がよくなります。

300cc juiceわっ、と小さく叫んでしまうほど美味です。乾いたからだの隅々に染みわたります。わたしはこれで毎朝起きるのが楽しみになりました。

市販のニンジンジュースやリンゴジュースは基本的に使いません。というのも、生きものはほかの生きものの命をいただいて命を長らえさせている、というのが自然の摂理です。アトピー治療のために飲むのであれば、生きている、つまり生ニンジンと生リンゴからできたジュースをいただくべきだと思います。濃縮還元などの、スーパーのジュースは熱処理され、パック詰めされたもので、もう生きているとはいえませんし、実際に酵素などは死活しています。

といっても、生リンゴが入手しづらい夏場なんかは、100%ジュースで代用するのも仕方ないと思います。わたしは濃縮還元ではなく、ストレートジュースを使っています。味わいはもちろんですが、見た目の色つやも全然ちがいます。

葉とらずりんご青研の「葉とらず りんごジュース」
ストレートジュースです。絞りたてのリンゴを熱殺菌し、そのままパック詰め。1リットルパックが12本入って、4500円前後。1パックはリンゴ6個分の果汁を含みますから、リンゴ1個約61円。夏場に生リンゴを買うよりオトクですね。無加糖、無加水、無香料で、賞味期限は製造日から約6か月。濃縮還元のジュースとは味わいがまるきり別物です。一度これを飲むと、もう濃縮還元は飲めません。それくらいうまいです。妻は娘のため、これを寒天やゼラチンで固めてゼリーをつくっています。ある日、濃縮還元ジュースでつくったものと食べくらべてみましたが、味がまるでちがいました。

シャープの「juicepresso」
Amazonで、2万8000円前後。うちでは毎朝、コイツがうなり声をあげます。以前は、安価な高速分離方式ジューサーを使っていましたが、本当はずっとこれがほしかった。ある日、妻がコンロで電気コードを焦がしてしまったため、ついにお許しが出て、わが家へやってきたのです。金属刃で素材を切り刻む高速分離方式とちがって、石臼のようにスクリューで素材をゆっくりすりつぶすため、栄養素の破壊が少なく、大量の空気混入による酸化も防げるそうです。しあがりは濃厚で均一。高速分離方式のように成分の分離もないです。ずっと以前はミキサーを使っていましたが、あちらは材料を切り刻んで混ぜ合わせるので、飲み心地がどろりとしていますし、ニンジンとリンゴをまるごと食べるのと同じことですから、胃腸を休めることにはつながらないですね。

 ちょっぴり参考になったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

Recipe【ブロッコリーのゆで方】

ブロッコリーはイタリア原産の緑黄色野菜です。カリフラワーとともにキャベツを改良してつくられたそうです。

キャベツ同様、栄養も満点です。ナマのブロッコリーにはレモンの2倍のビタミンCが含まれます。ベータカロテン、ビタミンB1、B2、カリウム、リンなども豊富です。ベータカロテンは、皮膚や粘膜の保護に必要なビタミンです。アトピーの方にはうれしい野菜なのです。

ブロッコリーをうまくゆでるコツをまとめました。

用意するもの

ブロッコリー、お塩

ブロッコリーのゆで方

①ブロッコリーのつぼみと茎を包丁で切りはなします。
②つぼみに下から包丁で切り込みを入れ、手で食べやすい大きさに割きます。
③茎は皮を厚めにむき、芯を5mmほどの厚みにカットします。
④ボールに張った水でしっかりと振り洗いします。
⑤お湯を沸かし、塩を入れます。水1リットルに塩小さじ2くらい。
⑥2分ほどゆでます。
⑦ざるにあげて放置。水で冷やのはNG。水っぽくなりますので。

茹でブロッコリーお箸などでころころ転がしながらゆでます。

アトピー対応食この日の昼食です。オーガニックの全粒黒パンと無添加ジャム、有機ココナッツバター。それにカスピ海ヨーグルトと生野菜サラダ、ブドウです。ブロッコリーとオクラはゆでました。

夏野菜のパスタの具ついでに夕食用のパスタの具材も準備。夏野菜のナポリタンを予定しています。妻の大好物です。夕べ、リクエストがありました。ひき肉を炒め、野菜を炒め、塩こしょうと白ワインとハーブ、ケチャップで味つけします。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。