ライラック乳酸菌

植物性乳酸菌をオカラが大腸末端まで届ける

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

ライラック乳酸菌

量より質で勝負の乳酸菌サプリメント

乳酸菌博士(自称)のわたしが三本指に入れる乳酸菌サプリは、乳酸菌革命とビフィーナ、ラブレ。どれも朝晩にごくりと飲みくだすだけで、翌朝快腸。便意がなかなかこなくて、いらいら気をもむことがない。

というわけで、この3つはわたしのなかで殿堂入りを果たしていたのですが、ここへ新たに追加したいものがひとつ出てきました。

ライラック乳酸菌です。

有胞子性&植物性のライラック乳酸菌

このライラック乳酸菌、菌数は2粒に1億個ですから、さして多くない。ところが威力バツグン。毎朝それを実感してしまう。不思議です。

どうも理由は乳酸菌の種類にあるようです。

このサプリには「ライラック01株」という、納豆菌の仲間でもある乳酸菌が封入されているのですが、これが有胞子性なのです。有胞子性の乳酸菌というのは一つひとつが硬い殻に包まれています。だから胃酸や胆汁酸、熱などにやられることがない。元気に生きたまま腸へ到達するのです。そして元気に働いてくれる。

しかも「ライラック01株」は植物性。つまり強靭です。

植物性乳酸菌はなぜ強いのか?

栄養分の少ない環境で生き延びてきたことから、一般に動物性乳酸菌(ヨーグルトやチーズなどの菌)より強いといわれています。強いというのはつまり、生命力(繁殖能力や戦闘能力、環境適応能力、定着能力)がすごい、というようなこと。

製造元によると、実際にこの菌はほぼ100%、胃や小腸をくぐり抜けて、生きたまま大腸へ達することがわかっているそうです。

オカラカプセルが大腸末端まで菌を届ける

もうひとつ特筆すべき点があります。カプセルの材質です。

ふつうのカプセルはゼラチンやセルロース製ですが、ライラック乳酸菌のカプセルはオカラ製。いうまでもなく、オカラというのは豆乳のしぼりかす。乳酸菌のエサである食物繊維のかたまりです。

おかげで、カプセル内の乳酸菌は大腸へ進むにつれ、オカラを食べながら発酵(増殖)していくわけです。そうして大腸の奥の奥まで到達する。肛門まで届いているかもしれません(見たわけではないので、たしかなことはわかりませんが)。

ともあれ、悪玉菌がとくに多いのは大腸の後半部。そこへ植物性乳酸菌を送りこむというのはすなわち、ゲリラの駐屯地に一騎当千の対テロ部隊をもぐりこませるようなもの。ライラック乳酸菌は大腸における特殊作戦部隊といってもいい気がする。

最近の乳酸菌サプリは1日分数百億個とか量的にすごいことになっています。これに対し、ライラック乳酸菌はわずか1億個と時代に逆行するかのよう。でも、飲めば毎朝その働きぶりを実感できる。

製造元は「本当に生きた菌が腸に届けば、この量で十分に作用を出せる」といっていますが、たしかに強い菌を大腸の最奥部まで生きて届けられたら、十分なのかもしれないぞと感じさせる威力があります。

量より質で勝負、ということのようです。

ちなみにオカラカプセルは腸内善玉菌のエサにもなります。彼らはエサを食べると短鎖脂肪酸をつくります。大腸の末端部には便が溜まっています。便の毒素は腸壁を傷つける原因ですが、短鎖脂肪酸があると腸壁の修復が進みます。

ライラック乳酸菌のパッケージ

完全植物性(菌は大豆で育てているそうです)。乳アレルギーの方も安心。62粒入り。初回980円で以降3758円(定期コース)。次回発送日の7日前までなら、いつでも休止や解約OK。単品購入だと4537円(送料別)なので、定期コースで申し込んでおいて、合わないと感じたらキャンセルするのがかしこい買い方かも。
「ライラック01株」は、ライラックという花から見つかったそうです。ヨーロッパ原産ですが、北海道でもよく目にします。花言葉は「恋の芽生え」「青春の喜び」。どっちもわたしには遠い昔の話。でもこれを飲んでいたら、もうひと花咲かせられたりして(笑)。
参考になったと感じたらタップかクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー