ヒューマンフローラ

消毒殺菌は肌の天敵!? 素肌改造スキンケア

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 25

赤みとかゆみが減り、乾燥肌がしっとり

ヨーグルトがスキンケアに使えることを発見したこともあって、善玉菌の力で肌の健康を取り戻そうという考え方「整菌スキンケア」(くわしくは後述)に興味をもちました。

ちょうどそのころ、顔面のアトピーが急に悪化してきた、なんとかしたい、と話す知人から何かいいスキンケアグッズはないかと繰りかえし聞かれていたもので、ある整菌スキンケアアイテムを手に入れることにしました。

その知人のため、ということもありますが、感想を聞いてみたかった。

以下は知人の談――。

「これまで何を使っても刺激になって顔の赤みが増していたけど、これはそういうことがない。あと、しみない。1週間くらいで赤みとかゆみがあきらかに減った。風呂あがりのカサカサ(乾燥)もだいぶマシ。癒やし、というとちょっと大げさかな。だけど息がすっと抜けるような感じがした。でも1週間で使い切ってしまった。もっとないの?」

ごめん、それ、お試し版だからね……それよりヨーグルトとくらべてどう? わたしの話を聞いてヨーグルトを肌に塗ったこともある知人にそう聞いたら、

「似たような感じだけど、ヨーグルトよりいい。身体が乳くさくならないし」

という答えが返ってきました。

皮膚の善玉菌を守り育てる

「整菌」というのはつまり、菌を守り育てる、ということ。

ヒトの身体は微生物のとの共生関係のうえになりたっています。その最たるものが腸内細菌。乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が元気に働いてくれるおかげで、きょうも(健康なひとの)腸内の健康は保たれています。

彼らが元気を失うと、だから身体がいろんな不調をきたすわけです。つまり病気になる。アトピーもそうやって起きている。

彼ら善玉菌の仕事場は、じつは腸内だけではありません。老若男女にかかわらず、肌の表面にも善玉菌が棲みついていて、わたしたちの身体を紫外線や雑菌、カビなんかから24時間守ってくれているのです。

この皮膚の善玉菌を「皮膚常在菌」といいます。

皮膚常在菌は皮膚細胞の成長をうながし、皮脂をエサにして肌表面にバリアを張り、さらには炎症を抑える酵素を放出しています。皮膚常在菌のバランスが適正だと、次のようなトラブルを防ぐことができるといいます。

皮膚の善玉菌(皮膚常在菌)の働き

すなわち肌の善玉菌である皮膚常在菌は素肌の健康の急所というわけ。整菌スキンケアの狙いもまさにここにあります。

「整菌」に役立つ成分を配合することで、毎日使っているだけで皮膚常在菌を元気にしよう、増やそう、そうすれば彼らが肌の乾燥や炎症を抑え、免疫力を高めてくれる、というシナリオです。

わたしの想像ですが、ヨーグルトのスキンケアが炎症や肌荒れを抑えてくれたのは、ひょっとすると「整菌」に役立ったからかもしれませんね。

スキンケアアイテムの目利きのポイント

ちまたにはたくさんのスキンケアアイテムがあります。

そのなかから自分にフィットするものを探しあてるのは、砂浜に落としたピアスを見つけるくらい至難の業。「これ、いいかも」と思い、購入前にいざ配合成分をチェックしてみても、見慣れないカタカナばかりで、どれが肌によくて、どれが悪いのか、いまいち判然としない。

でもじつは、アトピーの方が注意すべきポイントはわりとハッキリしている、とわたしは考えています。

  1. 合成界面活性剤が使われていないか
  2. 皮膚のバリア機能を高めるか

この2つ。

①の合成界面活性剤はわたしの経験上、もう確実に肌を痛めます。アトピー肌の天敵だと思う。普通の石けんをやめて、無添加石けんに変えただけでぐんと改善したという方は非常に多い。敏感肌対策やアトピー対策を謳う製品に合成界面活性剤を使ったものがあるのが不思議でならない。本気でユーザーのことを考えていないのだろう、と疑ってしまう。

②のバリア機能はいまさらいうまでもありませんね。アトピー肌に必要なのは「美白」とか「ピチピチ」とかのキャッチコピーではない。バリア機能が損なわれた肌から、これ以上アレルゲン(カビや細菌やダニの死骸などのハウスダスト、化学物質など)が侵入しないようにする、これがなにより大切。

そこで、整菌のためのスキンケア用品「ヒューマンフローラ」の開発元に確認したところ、合成界面活性剤は使っていないとのこと。さらにパラペンや防腐剤、香料などの刺激成分も不使用で、反対に炎症やかゆみを軽減する成分を配合しているそう。

バリア機能を高めるか、という点に関しては、ここまで書いてきたとおり。皮膚常在菌が元気になれば、バリア機能も自然と回復するはずです。

ヒューマンフローラのラインアップ

ヒューマンフローラの商品ラインアップは、次のとおり。

ヒューマンフローラのシャンプー、ボディソープ

シャンプー、ボディソープ。両方とも成分はまったく同じものだそう。ぬめりがあります。まず頭髪を洗い、その泡で全身をやさしく洗う。しばらく放置して、さっと流す。ぬるぬるを残すのがポイント。ぬめりが善玉菌を育てるのです。

ヒューマンフローラのローション

保湿力、保水力の高いローション。乾燥が気になるところになじませるだけ。顔だけでなく、頭皮から足までどこにでも使えるとのこと。シャンプーやボディソープのようなぬめりはないです。

ヒューマンフローラのモイスチャーミルク

モイスチャーミルクは肌をやさしく保護。数滴を手のひらにとって、肌荒れしているところへ指の腹でそっとつけるだけ。

このほか、フォーム(洗顔、メイク落とし)、クリーム(手や唇の荒れ、耳切れ)などもあるようです。いずれも普通の化粧品のような強いにおいはありません。男性でも違和感なく使えるように感じます。

ただし、どんなアトピー対策法にも適不適があります。自分に合うかどうかはやってみないことにはわからない。スキンケアグッズはとくにそうです。わたしのように、まずはお試し版を使うのがベター。

肌を殺菌、消毒するのはまちがいだった

昨今、多くの人が除菌や抗菌、滅菌に熱心です。まるで潔癖教の信者にでもなったかのように、そういう謳い文句のある商品をお札のようにありがたがっている。

かくゆうわたしの妻も潔癖教信者のひとり。家族がトイレに行くたび、石けんで手を洗ったかどうかを鋭い目つきでチェック。寝床では夜な夜よな「殺菌、消毒、抗菌、除菌」と、呪詛のような寝言をつぶやいています。

というのは冗談ですが(笑)、ばい菌が恐いからと殺菌除菌グッズを日常的に使ったり、肌をせっせと消毒したりしていると、知らない間に肌の善玉菌まで殺している。これが、いろんな皮膚トラブルの一因となっているようです。

発展途上国にアトピー患者は少なく、いても重症者はほとんど存在しないそうです。アトピーが先進国特有の病という状況の裏側には、そういう過剰な清潔志向があるのかもしれませんね。

アトピー肌でひんぱんに起きる黄色ブドウ球菌の大繁殖にしても、背景には皮膚常在菌の減少があることがよく知られています。

そして黄色ブドウ球菌にやられると、さらに「殺菌」に目が向いてしまう。浸出液で洋服が汚れるし、乾いたら乾いたで洋服に肌がべったり貼りついて痛みますからね。そういうときはわたしも、イソジンやらオキシドールやらで患部をむきになって消毒していました。でもいくら菌をやっつけても、効果は一時的なもの。数時間後にはまた復活してくる。

いま思えば、あれは自然の摂理に逆らっていたのでしょう。本当に必要だったのは、身体に棲む微生物の力を借りることだった。

当時はスキンケアに関心を持っていませんでしたけれど、もし「整菌」という考え方を知っていたら、あるいはもっと早く思考モードのスイッチの切り替えができていたかもしれない。もっと早く完治していたかもしれない。この記事を書きながら、ふとそんなことを思いました。

ヒューマンフローラを一度試すことは、「アトピーは病気というより、人間の身体と共生している微生物の不均衡だ」ということを肌で感じるきっかけになるように思いましたもので、この記事を書いた次第です。

ヒューマンフローラのお試しセット

いまなら「お試しセット」が1000円で入手可能。ボディソープとローションとモイスチャーミルクの3点セット。5日分。
参考になったと感じたらタップかクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー