アトピーに悪い飲み物

アトピーの方が飲んではいけない飲み物は? 牛乳、乳酸菌飲料、炭酸飲料、スポーツドリンク、市販のフルーツジュース、野菜ジュース、コーヒー、アルコール飲料などです。わたしも治るまで飲まないようにしました。理由も解説します。

アトピーに悪い飲み物

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 30

アトピーのひとが飲んではいけない飲み物

アトピーに悪い飲み物

飲み物についても当ブログのいろんなところに書いています。が、あっちこっちに散らばっていますので、ここにまとめました。

アトピーなら飲むべきではない飲み物(わたしが飲まないようにした飲み物)についてです。

1.牛乳

牛乳はとても消化しづらい。つまり便秘を起こしやすい。消化しづらいということは、腸内で腐敗しやすいということですから、悪玉菌も増えやすくなります。

牛乳たんぱくのカゼインが乳製品アレルギーを引きおこしやすい、というのも問題です。さらにカビ毒や農薬が残留している可能性を指摘する声も少なくない。アトピー完治をめざすなら、まっ先に避けるべき、そうわたしは考えました。

くわしいことは、こちらの記事に書いています。

牛舎乳製品とアトピー
アトピーに乳製品は不向き アトピーが治ってしばらくのち、糖質制限食にうつつを抜かした時期があります。肉や卵、乳製品を好き...

2.炭酸飲料

砂糖、人工甘味料、人工香料、着色料、保存料などがたっぷりと使われています。

こうした飲み物は、アトピーのからだには毒。アトピー治療の決め手は、なんといっても血液の浄化にあります。アトピーでない方にとっても、炭酸飲料のとりすぎは肝機能にダメージを与えます。1日コップ1杯でも多すぎる、と指摘する研究者もいます。

炭酸飲料が飲みたいときは、天然の炭酸水(ペリエとかサンペレグリノとか、天然水に炭酸ガスをくわえたもの)を領していました。ここへレモンかライムをしぼり入れると、体内浄化飲料に早変わりします。おいしいです。

スポーツドリンクも砂糖たっぷり。避けるのがベター。

3.果汁

市販のフルーツジュースはやめました。

砂糖や添加物(保存料や着色料)が添加されているもの(果汁入り飲料)はもちろんですが、果汁100%ジュースも基本的には避けていました。アトピーのからだには、果糖は負担が大きいからです。果糖は果物に含まれる糖質です。体内で中性脂肪に変わり、炎症を加速させますからね。

さらに市販のジュースは、熱殺菌されています。つまり、ビタミンや成分が壊れていたり変性している可能性がある。原料の果物がどんなものかもわかりませんね。わたしが加工業者なら、新鮮な高品質の果物なんてまず使わない。もったいないし、高いから。すると、残留農薬の心配も出てきます。

熱殺菌

市販の飲料は熱殺菌を行なうことが、食品衛生法で義務づけられています。ペーハー4.0未満なら、65℃で10分以上とか厳格に決められていますので、生のフルーツジュースを家庭に届けることはできないのです。

どうしても飲みたいときは、自分で新鮮な果物を買ってきて、ジューサーでしぼっていました。手づくりのニンジンリンゴジュースはとくにおすすめ。ヘルシーだし、本当にうまい。

Recipe【ニンジンリンゴジュース】
人間のからだには約30種のビタミンと、約100種のミネラルが必要です。これらすべてを含むのが、ニンジンです。とくに、万病のもとである...

同じような理由から、市販の野菜ジュースも利用しませんでした。どうしても飲みたい場合は、トマトジュースやトマトが入った野菜ジュースは避けるとベターです。トマトなどナス科の野菜に含まれるレクチンは腸を傷つけますので。

4.乳酸菌飲料

アトピーを治すには、乳酸菌の摂取はとても大切。でも、ほとんどの乳酸菌飲料は砂糖を添加しています。牛乳や乳成分、ぶどう糖果糖液糖が入っているものもあります。

熱殺菌によって、乳酸菌は死んでいます(死んでいても、腸内環境を整える働きは期待できますが)。

【スポンサーリンク】

5.コーヒー

缶コーヒーはやめました(昔は1日2~3本飲んでいた)。低品質の豆を使っていることは簡単に想像できます。香料が入っていたりするのは、その証拠。コーヒーチェーン店にも近寄らないようになりました。やはり、豆の品質が心配だからです。

というのは、コーヒー豆は農薬とカビの汚染リスクがきわめて高い農作物だから。くわしいことはこの記事に書いています。

コーヒーカフェイン、カビ、農薬 ~コーヒーは悪化因子?
ちかごろ、朝食代わりにバターコーヒーをたしなんでいます。 ある日、コーヒーのことをもっと知りたいなんてふいに思い、いろい...

わたしは安全な生豆を買って、自分で淹れるようにしています。

ただし、アトピーの症状が強く出ているときは、飲まないのが正解。治癒が遅れます。

6.アルコール飲料

アトピーを完治させるために払った犠牲のなかで、もっともつらいのが禁酒でした。大好きなビールをはじめ、アルコールはすべて断つことにしました。

アルコールは体内でアセトアルデヒドという毒素に変わります。夜にお酒を飲むと、肝臓は朝までその解毒に追われ、ほかの毒素の処理に手がまわらなくなってしまう。貴重な解毒排泄タイムである「睡眠時間」がムダになってしまう。治癒が確実に遅れます。

唯一の例外は、辛口の赤ワインです。週に1日だけはグラス1杯を飲んでいいことにしていました。

ワインはアトピーにいいポリフェノールや鉄分を含んでいますし、その程度ならストレス発散になってかえってよかろう、と考えたからです。

「今週も養生、ご苦労さん」と、自分を賞賛しながら呑むことで、脳の報酬系を刺激し、やる気を維持するという狙いもありました。

というのは、のんべえのひねりだした後づけの理屈ではありますが(笑)。

禁酒は、もともとお酒をあまり(一切)飲まないという方には関係のない話です。

とにかく治療開始後2~3か月は、食養生をきちんと守る必要があると思います。

肌がきれいになってたきら、少しずつ以前の食べ物を食卓にプラスしていくのはアリです。が、症状がぶり返したら、すぐにもとの食生活に戻り、それまでより時間をかけるべき。からだが適切に毒素を処理できるようになっているかどうかを注意深く見極める必要があります。

治ってからも1年くらいは養生をつづけるのが無難だと感じます。皮膚の症状は消えていても、腸は完全には癒えていないし、食物アレルギーも依然としてそこにあるからです。

次の記事では、アトピーにいい飲み物についても書いていきます。

アトピーにいい飲み物
アトピーにいい飲み物 ひとつまえの記事で、アトピーに悪い飲み物について説明しましたので、今度はアトピーにいい飲み物につい...
参考になったと感じたらタップかクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー