アトピーの原因(総解説)

アトピーになったのは、腸が壊れたから。では、腸が壊れる原因とはなにか。いちばんは不健康な食生活です。ついで便秘。このほか水分不足やストレスも腸の健康と密接にかかわっています。アトピーの本当の原因を、世界一わかりやすく解説していきます。

世界一よくわかる、アトピーの原因

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 25

腸が壊れたいちばんの原因は、まちがった食生活

アトピーになってしまった原因は、腸が壊れたから――これはもうわかりました。まだわからない、という方は、2つ前の記事からどうぞ。

この記事では、どうして腸が壊れてしまったのか、その原因をみていくことにします。

腸が弱ってしまった原因を知ることは、アトピーを完治させるための、いちばん重要な手がかりです。

腸が壊れる原因は4つ

アトピーの原因(腸が弱る原因)を重要な順番に挙げます。

  1. 食生活
  2. 便秘
  3. 飲み水の不足
  4. ストレス

抗生物質やステロイド、水道水の塩素など、ほかにもいろいろ考えられますが、いちばんの原因はやはり食生活です。

アトピーの原因1.食生活

  • 肉食中心
  • 野菜不足
  • 外食やコンビニ弁当が多い
  • ジャンクフードの食べすぎ
  • 甘いものが好き

現代人は多かれ少なかれこうした食生活の泥沼にハマっては抜けだせなくなってます。これが、ゆっくりと、しかし確実に健康をむしばんでいます。腸内にさまざまな毒素がたまり、腸粘膜や腸壁を傷つけていきます。

不健康な食生活で腸内の善玉菌が激減。代わって悪玉菌が台頭。悪玉菌のつくりだす毒素が腸にさらなるダメージを与えています。

こうなると、さらに大きな問題が起きる。善玉菌が抑えこんでいたカビや細菌やウイルスが爆発的に増殖するのです。

とくに危険なのが、日和見菌(ふだんはおとなしい腸内細菌)のひとつであるカンジダ菌がまたたく間に増えることです。カンジダは通常、善玉菌の監視下でおとなしくしているのですが、善玉菌が弱体化すると悪玉菌とグルになって、悪事を働きはじめます。

毒素を出して、腸粘膜や腸壁をめためたに破壊するのです。

悪玉菌と日和見菌(カンジダ菌)が善玉菌を尻目に腸壁を破壊

通常の腸は、善玉菌2割(理想は3割)に対し、悪玉菌1割、日和見菌7割のバランス。アトピーの腸は、善玉菌と悪玉菌の割合が逆転。さらに日和見菌のカンジダが急増しています

アトピーの腸内の細菌のパワーバランスは完ぺきに崩壊しています。

カンジダ菌とは?

単細胞菌類(カビの仲間)で、地球上のすべてのヒトの腸管と粘膜に棲息しています。女性の膣内感染から赤ん坊のおむつかぶれまで、カンジダが原因です。

ふつうは、善玉菌や免疫システムが増殖を抑えていて、健康被害を起きるのを防いでいます。でも、善玉菌が死んでしまったり、免疫力が低下したりすると、たちまち増殖。カンジダ症を引きおこします。

カンジダ症は特定がむずかしく、世界中の多くの人がそれと気づかぬままに苦しんでいます。典型的な症状は、粘膜や皮膚の感染、倦怠感、うつ、アレルギー症状などです。

アトピーの原因2.便秘

便秘で、腸のなかに食べ物が長時間とどまっている状態になると、食べたものは発酵します。腐敗するのです。

腐敗した食べ物から出る有毒ガス(腸内毒素)も、腸を傷つけます。脱獄囚のスプーンのように、腸の壁に毎日確実にトンネルを掘っていきます。

腐った食べ物のある環境は、悪玉菌やカンジダの増殖に恰好の舞台です。

便秘が慢性化すると、いろんな毒素が腸内にとどまり、スムーズに体外へと排出できなくなります。これも腸にダメージを与えています。

毒素

腐敗した食べ物の有毒ガス、腸内細菌が放出する毒素、食べ物や飲み物に含まれる有害物質(カビや自然毒、食品添加物、農薬、重金属、水道水の塩素やトリハロメタンなど)、体内でつくられたゴミ(老廃物)など。

ここで注意したいのは、毎日便通があるからといって安心できないという点。

重症アトピーだったころ、わたしも毎日1度はかならず便通がありました。それでも質や量に問題があるとか、腸内に宿便がたまっているといったケースがあるのです。

便秘の原因はさまざまです。食生活や水分不足、ストレスのほか、運動不足や薬の副作用なども排泄トラブルを引きおこしています。

腸粘膜と腸壁が弱るとどうなるか?

腸壁がどんどん薄くなっていきます。あちこちに穴が開きます。その穴は次第に大きくなっていきます。

すると、消化されていない食物たんぱくがそのまま体内に入ってしまう。

食物アレルギー発症がスタートするのは、この段階です。

ここで手を打っておけば、アトピーなんていう大問題に直面せずにすんだのですが、当時のわたしはなにも知らなかった。そのため抗体がどんどん増えていき、いつしか複数の食べ物に対するアレルギーが定着してしまったのです。

悪血症(腸壁から毒素やたんぱく質が体内へ侵入し、血液やリンパが汚染される)

たんぱく質だけでなく、いろんな毒素がいっせいに侵入してきます。腸管には血管やリンパ管がつながっています。血液やリンパ液をまず汚染し、それから全身に運ばれていくのです。

この状態「悪血症」といいます。

悪血症が、アトピーだけでなく、さまざまな生活習慣病の原因になっていると指摘する専門家も少なくありません。

この結果、解毒と排泄のシステムがパンクします。毒素は新しい出口を求め、皮膚から外へ出てこようとするわけです。

ファミレスやコンビニ、ファストフード店の食べ物は、体内を酸性に傾けます。お肉や甘いものも、です。

酸性度が増すと、これを中和しようとして、からだは大きな負担を強いられます。人間の血液は、つねに弱アルカリ性に保たれています。これが少しでも上下すると命にかかわるから、からだは必死にコントロールしようとするのです。

命に関わる一大事です。排泄どころの騒ぎではなくなってしまう。結果、正当な排泄機能がうまく機能しなくなります。有害物質や老廃物、毒素は行き場をなくしてしまう。

そうして汗腺から押しだされてくるのです。

【スポンサーリンク】

アトピーの原因3.飲み水

排泄、と聞くと、ほとんどのひとは「排便」を思い浮かべます。

が、「おしっこ」も「汗」も「息」も排泄です。

わたしたちのからだは、4つの排泄機能を持っています。

排便、排尿、発汗、呼吸

これらがたがいに協調しあい、正常に働いている状態なら、アトピーになんかならない。

飲み水が不足すると、このうちの「排尿」がうまくいきません。毎日しっかりと排尿を行なって、毒素を排泄するためには、十分な量の水が必要だからです。

十分で、きれいな水です。

健康本などによく「1日に2リットルの水を飲みなさい」とか書かれています。あれは正しい。でも「きれいな」が抜けている。

ジュースやコーヒー、お茶などで2リットル以上飲んでいる、というひとも少なくないと思いますが、そういうものはノーカウント。健康な排尿には必要なのは、「きれいなただの水」です。

アトピーの原因4.ストレス

  • 怒り
  • 憎しみ
  • 恨み
  • 悲しみ
  • 後悔

こういった感情が活性酸素をつくり、からだを酸化させることは、たくさんの研究からあきらかです。便秘になったり、腸内細菌のバランスを崩すこともよく知られています。

他人に悪感情を抱くことで、わたしたちは自分のからだを傷つけているのです(自分が正しくても、です)。しかも、ネガティブな精神状態というのは、からだによくないものを食べたとき以上にからだを酸化させるそうです。

なにかの本で、怒りに震えているひとの汗を調べたら毒素が見つかった、とありました。激しい恐怖で白髪になる、というのも本当の話です。育児ノイローゼの母親の母乳の質が低下していることはよく知られています。

心とからだを切り離して考えることはできないのです。

このことは胸にとめておいて損はないと思います。

腸の健康状態は、からだの健康状態そのもの

以上のような原因のいくつかが同時に起こり、腸は壊れたのです。

もう十分におわかりだと思いますが、腸の働きは健康全般に強い影響をおよぼしています。

いますぐケアしておかないと、いつかもっと重篤な病も発症する恐れもある。病名はちがっても原因は同じ。腸の不調こそ、現代社会にはびこるさまざまな生活習慣病を主原因なのかもしれません。

ちなみにアトピーなどの慢性皮膚病と腸との関係、いまやほとんど常識です。テレビや雑誌でもやっています。いろいろ調べたら、なんと半世紀もまえからすでに注目していた専門家もいたようです。

それよりずっと前から、東洋医学や伝統医学では皮膚疾患を内臓の病とみていたようです。

最近は世界中で「リーキーガット症候群」に注目が集まっています。日本語で「腸管壁浸漏症候群」。漏れている腸、という意味ですから、ここまで説明してきた内容とほぼ同じ。

当ブログにも解説記事がありますので、興味のある方はご一読ください。

この記事でわたしが伝えたかったこと

腸が壊れた原因、すなわちアトピーの原因を時系例にならべてみます。

アトピーが進行する過程

  1. まちがった食生活が腸を痛めつける。
  2. 慢性便秘になり、宿便がたまっていく。
  3. 腸内細菌バランスが崩壊していく。
  4. 悪玉菌とカンジダが増殖。
  5. 腸内毒素が腸をますます破壊する。
  6. 腸壁が薄くなり、穴が開く。
  7. 毒素が腸壁から体内へ入り、血液を汚染する。
  8. 解毒と排泄のシステムがパンクする。
  9. 肌に症状があらわれる(皮膚からの毒素排出がはじまる)。
  10. 腸壁の穴が広がっていく。
  11. 腸壁から食物たんぱくが侵入するようになる。
  12. 食物アレルギーになる。
  13. 食物アレルギーを起こす食べ物が増えていく。
  14. 食物アレルギーのスコアがあがっていく。

9番目までが発病初期の段階です。

解毒と排泄のシステムが血中の毒素を必死で処理しようとしたけれど、追いつかなくなり、毒素の流入量が排泄量をうわまわったため、皮膚から無理やり押しだされてきた、というのが、すべてのはじまりだったといえます。

わたしの感覚では、最初に症状が表面化するまでに数年(最低でも2~3年)くらい要していると思います。その間は、水面下で悪血症がじわじわと進行していたのです。

でもいったん症状が表面化したら、あとは早い。いろんな食物アレルギーがあらわれるまでに1年もあれば十分でした。

ひとり暮らしをはじめて(食生活が乱れて)から、3年ほどして湿疹が出るようになりました。やがて慢性化し、かゆみが強くなってきたため、皮膚科を受診しました。

そのときのアレルギー検査では陰性。IgEは基準値内。医師は「アトピーというわけでもなさそうね。この湿疹はなにかしらね。変ねえ」なんていっていました。

その後、薬を使って抑えていたのですが、どんどん悪化。1年後に別のクリニックで再検査をしたところ、スコアが跳ねあがっていました。医師には「あなた、アトピーよ」といわれました。

健康なひとでも肌に吹き出物ができたり、湿疹があらわれることがあります。悪いものを食べすぎたりして、一時的に皮膚から押しだされてくるのです。

ただし、ふつうはそこで終わる。

アトピーの場合、これが慢性化し、にっちもさっちもいかなくなっているのです。そして、この問題を放置していたために事態はますます深刻になってしまった。

10番目からは本格的なアトピーに突入していきます。

この段階を越えると、もはやなにを食べても反応してしまいます。医師が「アレルギー体質」と呼ぶものの正体、わたしはこれだと思う。

クスリでその場しのぎをつづけ、現実に目をそむけているあいだも、からだはダメージを受けつづけています。

その結果、こんなマイナススパイラルにハマっていくのです。

  • 新たな食物アレルギーを次々に発症。
  • それぞれのスコアがどんどんあがっていく。
  • 外用薬でも症状を抑えられなくなる。
  • 副腎疲労を起こす。
  • 悪血が冷え、からだのあちこちに滞留する。
  • カンジダ症に全身がむしばまれていく。

わたしも以前は、ステロイドやプロトピック、アレグラ(抗ヒスタミン剤)が手放せませんでした。しかし、クスリで付け焼き刃の治療をつづけていると、症状はますますひどくなり、難治化していきました。

さて、この記事でいちばん大切なポイントは、

アトピーとは、食生活、便秘、飲み水、ストレスが同時並行的に腸を弱らせているため、からだが毒素を適切に処理できない状態。

通常の解毒排泄器官がパンクしているために、皮膚にそのしわよせがきている、ということです。

わたしはアトピーをもう病気とは考えていません。

アトピーをひとつの状態、「解毒と排泄のプロセス」ととらえると、いろんなことが腹にストンと落ちるからです。

次の記事は、アトピーという不健康なこの「状態」から抜ける方法は存在するのか、という話です。

参考になったと感じたらタップかクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー