親、家族

本やアトピー完治の体験談などを読み、自分も食養生でアトピーを治そうと決意。が、事情を知らない親や家族にやる気をくじかれてしまう。こんなケースは少なくありません。そんな場合の対処方法、親や家族の説得方法などについてつづっています。

親や家族がやる気をくじく、その対処法と説得術

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 27

親や家族にやる気をくじかれた人びと

アトピーを治すと決めたら、
親や家族にやる気をくじかれた

生活習慣の改善、とくに食養生をはじめようと決意したとき、ひとり暮らしならスムーズにとりかかれるのですが、親や家族(配偶者を含む)と同居している場合、まず彼らに理解と協力をあおぐ必要があります。

このとき問題が起きやすいのが、食事の世話をしてもらっているケース。

  • そんなことをしてもムダではないのか?
  • ほかにもっといい方法があるのではないか?
  • 小食でからだを壊したらどうする?
  • 偏食で栄養がかたよったらどうする?
  • 勝手なことをして、うまくいかなかったらどうする?
  • 食事指導をしてくれる医療機関をあたったほうがいいのでは?

言い分はいろいろだと思います。

注意したいのは、こうした言葉が、やる気満々でいる本人のモチベーションをいちじるしくさげることがある、という点。

書物やサイトなどを読み、意気揚々としていたのに、なにも知らない親や家族の発言に落胆し、意欲をそがれてしまうことは少なくないように思います。

大切なのは、強い覚悟と正しい見識

しかし、アトピーの問題にかぎらず、なにかをはじめようとして親に出鼻をくじかれたり、水を差されたりした経験は、だれにでもあるはず。

食養生をはじめてからも、この問題はつきまといます。

本人の正しい見識と強い覚悟が問われる部分です。それがないと、親や家族のちょっとした言葉でも、やる気をそがれたり、自信を失ったりしてしまいます。

親や家族の側の事情をくむのも大事

親や家族だって、病に苦しむあなたを見てなんとかしてあげたいとこれまでなにかと手を尽くしてきたはず。

アトピーの患者さんたちに評判の高いクリニックがあると聞けば足を運び、アトピーに効くといわれる健康食品があれば買い求め、よさそうな治療法があれば試してみる。もちろん、毎日の献立にもできる範囲で気を配ってきたことでしょう。

それが適切な方法でなかったか、あるいは方向性がまちがっていた、定まっていなかったという話は抜きにして。

けれども、なにをしても治らなかった。

そうした経験はおそらく、「アトピーは不治の病」という固定観念をより強固なものにしています。

そんな折、ふいに食養生でアトピーが治るかもなんて話を聞かされても、にわかに信じがたいのは人情。「うさんくさい」と一蹴するのも、「時間の浪費ではないのか」「ほかを当たってみたらどうか」と反対するのもうなずける話。

全面的なサポートを得るための、親や家族の説得術

しかし実際のところ、アトピーの方は、アトピーでない方より、アトピーやアトピーの治療に関する知識の点ではるかにまさっています。

当然です。わが身にふりかかった災難ですから。たいした知識もないのに、わけ知り顔でアトピーを語ったり、こうしなさいああしなさいとお説教を垂れたりする人たちがいるのには、わたしも閉口したものです。

半面、親や家族と同居している場合、彼らの協力がないと食養生を適切につづけていくことは困難ですし、味方になってくれれば、こんなに心強い人たちはいない。

やはり、膝をつきあわせてきちんと話し合うほかないと思います。

このとき心がけるべきなのは、

  • 冷静であること
  • 生活習慣の改善がなぜ必要なのかを論理的に伝えること
  • 食養生の中身を整理してわかりやすく伝えること
  • これまでの食事が不適切だったと感じさせないこと
  • 徹頭徹尾、お願いをしている立場であることを忘れないこと

家族相手にアトピーについて語るとき、ともすれば感情的になりがちですが、それはいけない。あくまで協力をあおぐ立場なのです。平身低頭して臨むべき。

これまでの食べ物がいけなかった、という口ぶりにはけっしてならないよう細心の注意をはらう必要もある。毎日一生懸命、あなたのために食事の支度をしてきたのです。気持ちよく力を貸してもらうためにもそのくらいの配慮はあって当然。

なかには親のせいでアトピーになったと考えていたり、親御さんのことを憎んでいる方もおられます。たしかに親の無知や不見識がアトピーを悪化させたのかもしれない。遺伝的なものもあるかもしれない。でも、親もひとりの不完全な人間。あなたがアトピーになってはじめて、この病に直面し、おろおろしたはず。責任を感じて悩んだこともあったはずです。

薬は使わないでほしかった。もっとこうしてほしかった、ああしてほしかった、そう思うのは、あなたがアトピーで、アトピーについてよく勉強しているからです。それに、いまはネットがありますから情報収集も容易ですが、昔は医師に相談するくらいしか手がなかったのです。

だれかのせいにしてもアトピーは治らない。それどころか、否定的な感情は病をますます悪化させます。すっぱり手を切るのが得策。

親御さんのためではない。ご自分のためです。

事前に話の要点を整理し、紙に書きだしておくのも大切。そうすることで、自分自身もアトピーの原因から食養生のポイントまで理解を深めることができます。手を使って紙にまとめていく過程で、頭が整理されてすっきりします。

こうして家族と歩調を合わせることに成功すれば、アトピー完治への第一歩を踏みだせたことになります。

親や家族がわかってくれない場合は?

一度でダメなら、二度三度と日を変えてトライしてみるべきです。その価値はあります。

それでもダメなら、学生さんの場合はいまはまだその時機ではないと考え、毎日の献立を自分でコントロールできるようになってからやればいいのです。

生活力のある大人なら、「不言実行」という昔のことわざにしたがうという手もあります。黙って実行し、結果が出てから打ち明ける、というやり方もときにも有効かもしれません。

参考になったと感じたらタップかクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー