腸内洗浄(高圧浣腸)、家庭用浣腸

腸内の毒素が腸壁を傷つけ、体内に侵入することはアトピーなどの皮膚トラブルばかりでなく、さまざまな不調の原因。一刻も早く解消すべき。そんな腸の浄化にうってつけなのが、腸内洗浄(高圧浣腸)や家庭用浣腸。それぞれの効果や方法を解説していきます。

腸内洗浄(高圧浣腸)と家庭用浣腸

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

腸内洗浄(高圧浣腸)は最高の腸内デトックス

大腸の内壁には、だれだって宿便がこびりついているもの。

とくにアトピーを患っている方は、長期にわたり腸の働きが弱っているため、排泄がとどこおっていることが多いのです。長い年月をかけて大量の宿便をためこんでいるケースが少なくない。

このことが症状をさらに長引かせる原因になっているのです。

宿便がたまっていると?

大腸の外壁にはたくさんのリンパ管がつながっています。そこから宿便の毒素が四六時中、体内に侵入しています。さらに腸壁にダメージを与えつづけています。

そういう宿便を一気に掃除してやろう、というのが「腸内洗浄」(高圧浣腸とも)。大腸内の浄化という点でいえば、これほど即効性のある方法はほかにないように思います。

腸内洗浄(高圧浣腸)の利点とリスク

腸内洗浄(高圧浣腸)は、約1.5メートルの大腸全域の宿便を根こそぎ洗いながしてくれます。

こうして大腸内部がきれいになると、宿便の毒素が体内に入りこむ余地がなくなるし、腸壁を傷つけることもなくなるわけです。アトピーの肌トラブル解消にも拍車がかかる。

腸内洗浄(高圧浣腸)

ゴム管を肛門に深く入れ、約1メートルの高さから液圧をくわえて浣腸液を注入する方法です。腸閉塞の治療などに用いられています。

一方で反対派もいます。彼らのいいぶんはこんなふう。

  • 「腸が破裂する」
  • 「腸内細菌バランスが崩壊する」
  • 「腸が細菌感染する」
  • 「習慣化すると、ふつうに便が出なくなる」

たしかにリスクがゼロということはないと思います。

どんな外科処置にも失敗はありますからね。機材管理のずさんなクリニックで施術を受けたら、ばい菌に感染することもあるかもしれない。へたすると菌血症や敗血症を起こす危険もあるでしょう。

腸内細菌が善玉菌も悪玉菌もまとめて、ごっそりと洗い流されてしまうようこともあるかもしれません。毎週のように腸内洗浄(高圧浣腸)を受けつづけたら、クセがついてしまって、それなしには生きていけない、なんてことになってしまうかもしれない。

でも統計的には、ほかの手術や薬物などとくらべるとはるかにリスクが少ないそうです。

それよりメリットのほうがずっと大きいとわたしは感じました。

ひとによってはかなりの効果があるといいますからね。週2度の施術で、ものの2か月で慢性皮膚症状が完治した、というケースもあるそうです。

ハードルが高い

ここまでわかった時点で、よし、試してみるぞ、とわたしは奮いたちました。ところが一拍おいて、この英断をくじく事実が判明したのです。

  • 腸内洗浄(高圧浣腸)の費用相場/1回2万円前後

週2度受けたら、月に16万円。2か月で治るとしても32万円。

飛行機のファーストクラス、一流ホテルのスイートルームと同じように、そんなものはハナからこの世に存在しなかったとばかり、わたしは腸内洗浄を記憶から閉めだすことにしたのでした。

というのは冗談ですが、保険適用外だったのです。腸内洗浄(高圧浣腸)のアトピーに対する効果が、日本ではまだ医学的に認められていない。

米国などでは日本よりずっとポピュラーなようです。保険が使えるかどうかは知りませんが、乾癬などの慢性皮膚疾患の患者さんが受けることも多いと聞きます。

こうしたケースの施術頻度はおおむね、最初の2か月に2、3度。そのあとは症状が消えるまで、2~3か月に1度くらいだそうです。

どうしてもやってみたい方は、かかりつけの医師に相談してみるといいと思います。近隣の適当な医療機関を紹介してくれるかもしれません。

「腸内洗浄」で検索するのも手もあります。最近は、腸内デトックスをウリにしている専門の医療機関も少なくないようです。

とにかく腸内洗浄(高圧浣腸)は断念しました。

けれど、腸内洗浄の即効性は簡単にあきらめるには惜しい。そんなわたしが目をつけたのが、家庭用浣腸でした。

家庭用浣腸でも腸内デトックスは可能

ブルジョワの浣腸に手がでないなら、庶民のための浣腸があるではありませんか。

そう、イチジク浣腸です。

家庭用浣腸は大腸の入り口、つまり肛門から30センチくらいまでしか届きません。でも、やらないよりはやったほうがいいに決まっている。工夫次第では、ブルジョワ浣腸と同等の効果を得られるかもしれない。

だいいち、ものすごい利点がある。

お金がほとんどかからないのです。

自分でやれば1回数十円。いつでもできます。

家庭用浣腸

「イチジク浣腸」は、Amazonで10個入り700円前後。わたしはもっと安い「コトブキ浣腸」などを使っています。10個で430円前後。成分はまったく同じ。

家庭用浣腸のやり方

わたしのやり方を絵にしてみました。できるかぎり薬液を奥へ届けようとジタバタしています。

浣腸の正しいやり方

この方法で、浣腸の効果は確実に高まると感じています。ジタバタしがいのある方法です。

やわらかい床に寝転がるのもポイント。わたしはヨガマットの上で行ないます。背中や腰が痛いと、おなかに力が入ってしまいます。

マッサージをするときは、ひざを立て、頭を床につけます。これで腹筋がリラックスします。大腸に沿って時計まわりに両手をゆっくり動かすのがコツです。

浣腸のための腸マッサージのやり方

浣腸は1週間に2回と決めました。やりすぎるとクセがつきますので。

浣腸の効果をめいっぱい引きだす方法

家庭用浣腸が届くのは肛門から30センチと書きましたが、次のテクニックを用いれば、家庭用浣腸の効果はぐっと増します。

  • 断食(とくにリンゴダイエット)といっしょにやる。
  • 先に熱刺激を腸にくわえておく。

断食はそれ自体が宿便の排泄に役立ちますし、リンゴダイエットではペクチン(リンゴの水溶性食物繊維)が、消化管全域を掃除してくれます。そうやってペクチンとともに大腸の終わりまで旅してきた宿便を、浣腸で強制排泄するわけですね。これなら、腸内洗浄(高圧浣腸)に近い効果が得られるはず。

アトピーの症状もぐっとやわらぐのです。

熱刺激が腸内の浄化と宿便の排泄に役立つのも、この記事に書いたとおりです。

これらを組み合わせることで、手のひらサイズの家庭用浣腸がブルジョワ浣腸も顔負けの、強力な排泄ウェポンにパワーアップするのです。

家庭用の腸内洗浄キットを発見

調べていたら、家庭用の腸内洗浄キットなるものを発見しました。自宅で洗腸を行なう強者もいるようですね。

家庭用腸内洗浄キット

家庭用腸内洗浄キットの「スリムエネマ」。7700円です。繰りかえし使えるようです。

手持ちの本にも、家庭での腸内洗浄のくわしいやり方が載っていました。著者はみずから実践していると書いてあります。しかしわたしはちょいと腰が引ける。

来世にでも試してみることにします。

参考になったと感じたらクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー