大葉のおむすびとサラダ

わが家にはまだまだ大葉がたくさん残っています。そこで、おにぎりに大葉を混ぜこんでみました。さっぱりしていて、美味でした。白ごまや梅干しなど、腸内環境をよくしたり、アレルギーの症状をやわらげたりしてくれる食材も使っています。レシピをご紹介!

当ブログはただいま全面リニューアル中です。表示の崩れや、内容の不備があるかもしれません。ご不便をおかけしまして恐縮ですが、ご理解のうえご利用くださいませ。

Recipe【大葉のおむすびとサラダ】

記事公開日:2013/09/07 最終更新日:2017/02/06
この情報のお役立ち度:

妻が大量に仕入れてきた大葉がまだまだ残っているので、今日は大葉でおむすびとサラダをつくってみました。

腸内環境を整えたり、アレルギーをやわらげたりしてくれる食材をふんだんに使っていますので、アトピー治療期の方にももってこいですよ。

ちなみに、体内の活性酸素を除去してくれる抗酸化物質にはビタミンCとかカテキンとかいろいろありますけれど、ごまに含まれる抗酸化物質ゴマリグナンがすごいのは、唯一、肝臓に到達して、肝臓内の活性酸素をやっつけてくれる点です。肝臓が活性酸素のせいで弱ると、体内に老廃物が溜まったり、肌が荒れたりして、老化が進むのですが、これを防いでくれるというのです。

ごまのこうした健康効果を感じるには、1日に大さじ1杯程度のごまをいただくといいそうです。ごまの殻は堅いので、すりごまのほうが栄養分が吸収しやすいらしいです。

トマトとキュウリと大葉トマトとキュウリと和えて、サラダをつくります。

 

大葉のおむすびの材料

ごはん茶碗1杯、大葉4枚、大きめの梅干し1個、白ごま

大葉のおむすびのつくり方

①大葉を千切りにして、梅干しは叩きます。

②大葉と梅干し、白ごまをごはんと混ぜ、おむすびをにぎります。

しそと梅干しのおむすび夏ばて解消によさそうです。梅干しの酸味と、大葉の清涼感が食欲を刺激してくれるのです。
 

大葉のサラダの材料

大葉6枚、トマト2つ、きゅうり1本、すりごま大さじ3、えごま油大さじ1、バルサミコ酢大さじ1、ナンプラー大さじ1.5、てんさい糖小さじ1、塩こしょう

大葉のサラダのつくり方

①大葉を千切り、トマトは乱切りにする。

②きゅうりは薄切りにして、よく塩もみする。

③すべてをボールに入れて混ぜる。

大葉のサラダさっぱりとしていながら、風味は深淵です。ナンプラーとバルサミコ酢は一見、仲が悪そうですが、えごま油がうまくあいだをとりもってくれて、ふたつとも個性を主張しすぎず、いい感じにまとまっていました。

今日の料理に使った調味料はこちらです。

朝日の「えごま油」
170gの瓶が4本セットになっています。Amazonで3000円前後。えごま100%オイル。わたしは完治まで毎食、サラダや納豆にかけてせっせと摂取していました。

アルチェネロの「バルサミコビネガー」
250ml入り。700円前後。オーガニック100%です。酸化防止剤を使わないのが、このメーカーのウリです。オーガニックのバルサミコ酢に有機ぶどう果汁をプラスしていて、酸味がほどよいです。

「ラヨン・ナンプラー」
Amazonで、700mlが720円前後。お徳用です。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。

だれかとシェアしますか?

ここの管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。好きなのは本、海、走ること、ギター、車。でもやっぱり、いちばんは娘。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。

Recipe【大葉のおむすびとサラダ】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻るバナー