レシチン

頭がよくなると聞いて飲みはじめたレシチンでしたが、それ以外にもさまざまな健康機能があると知りました。血中の脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれたり、肝機能を高めたり、肌をきれいにしたり。飲み方や選び方などをしっかりお伝えします。

レシチンの効果

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 30

レシチン顆粒

レシチンの健康効果

レシチンは脂質のひとつ。わたしたちの細胞のおもな材料であり、エネルギーにも使われています。

ほかの脂質と決定的にちがうのは、これ以外にもいろんな健康機能がある点。たとえば栄養学の世界では、レシチンは生活習慣病の予防に役立つといわれています。

血中の脂肪や血栓を溶かす働きがあるからです。レシチンが十分にあると、ドロドロの血がサラサラになる。すると血流がよくなりますから、動脈硬化や脳卒中の予防につながるというわけ。

脂肪を溶かすレシチンのこの作用(乳化作用という)は、肝臓の負担も減らしてくれます。肝機能をサポートしたり、肝臓への余計な脂肪沈着を防いでくれたりするのです。

アトピーの方の疲弊した肝臓の再生の手助けにもなりそうです。汚れた血がきれいになる、いう点でもアトピー対策によさそうです。

中性脂肪を減らすから、ダイエットにもなるといわれています。さらに皮膚を守る作用や、脂溶性ビタミンのビタミンAやEの吸収を手助けするという働きもあるといいます。

わたしがレシチンを毎日摂る理由

エラそうに講釈を垂れるわたしですが、じつは最初はそういうことをまったく知らず、レシチンを摂りはじめました。

なぜか。

30代後半あたりから記憶力が怪しくなってきたからです。

買い物に行くとかならずなにかひとつ買い忘れる、妻と「いった」「聞いてない」の会話が増えた、書けない漢字が増えた、映画の最後に「これ、前に観た」と気づく、鶴の折り方を忘れた、エトセトラ。

とにかく物覚えが悪くなった。

かなり危機感を感じていたころ、知人にレシチンをすすめられたのでした。「脳の栄養素といわれているそうだぞ。食べると記憶力がよくなるし、学習能力もアップするらしいぞ」と。

レシチンを食べると、脳でアセチルコリンという神経伝達物質ができる、これが記憶や認識の機能ばかりか、睡眠の質まで高めてくれるというのです。

ボケの予防にもなるのだとか。

もう飛びつきましたね。

で、物覚えはよくなったのかって?

えーと、なんの話でしたっけ。

さて、ここから本題。じつはアトピーを治すのに、レシチンはわりと役に立つのです。

【スポンサーリンク】

レシチンとアトピー

無害で、習慣性がなく、消化にいいアルカリ性食品。というのもさることながら、レシチンにはアトピーの方が注目すべき働きがあるのです。

腸の排泄力を決定的に高めるのです。

くわえて、さきほど書いたメリットが3つもある。

  • 血流を改善してくれる。
  • 肝臓の機能の回復に役立つ。
  • 肌をサポートする。

わたしは症状があったころは、大さじ1杯(5グラム)のレシチンを週5日、1日3回とるようにしていました。週2日休むのは、からだがレシチン過剰の状態に慣れてしまわないように。

推奨されているのは、1日2~10グラムほどですので、1日15グラムはちょっと多め。肌がきれいになってからは、1日1~2回にしています。

レシチンの摂り方

レシチン大さじ1杯

水や青汁、ジュースに入れてもいいし、サラダやヨーグルトにふりかけてもいい。オートミールに入れてもOK。自由です。

わたしはそのまま食べています。コクがあって、わりとおいしいのです。原料は大豆ですが、煎り大豆よりずっと美味。

レシチンは、大豆や大豆加工食品(豆腐とか納豆とか)、卵黄、落花生、酵母、レバーなどから摂取できます。

わたしは、レシチンの「リン脂質」と「ホスファチジルコリン」を確実に摂取するために、大豆由来の市販品を利用しています。

リン脂質とホスファチジルコリンとは?

脂肪を溶かす作用は、レシチンのリン脂質によるものです。ただし過剰摂取はカルシウムの吸収を阻害しますので、注意が必要。

ホスファチジルコリンは、脳にいい成分です。

顆粒状やサプリメントなどがありますが、わたしは顆粒派。不純物がなく、純度が高いからです。つまり、リン脂質とホスファチジルコリンをいちばん多く含んでいる。

豊年レシチン

以前飲んでいた「豊年レシチン」。Amazonで250グラムが1800円前後。リン脂質を約95%含有。ホスファチジルコリンは10グラム中に2.8グラム。

iHerbのレシチン

現在飲んでいる「Life Extension レシチン」。454グラムで1600円前後。遺伝子組み換え大豆不使用。豊年レシチンは不分別。それを知り、こっちに切り替えました。リン脂質97%、ホスファチジルコリンを10グラム中に2.3グラム含有。

レシチンはきわめて安全性が高い

レシチンは、安全性の高い食品です。

ふつうの食べ物に含まれているものですし、副作用や健康トラブルなどの報告は現状ないそうです。

■参考論文
「The effect of lecithin supplementation on the biochemical profile and morphological changes in the liver of rats fed different animal fats.」(Lechowski R1, Bielecki W, Sawosz E, Krawiec M, Kluci?ski W.)、「Effects of dietary soybean lecithin on plasma lipid transport and hepatic cholesterol metabolism in rats.」(LeBlanc MJ1, Brunet S, Bouchard G, Lamireau T, Yousef IM, Gavino V, Levy E, Tuchweber B.)、「Verbal and visual memory improve after choline supplementation in long-term total parenteral nutrition: a pilot study.」(Buchman AL1, Sohel M, Brown M, Jenden DJ, Ahn C, Roch M, Brawley TL.)、「Polyunsaturated phosphatidylcholine protects against wound contraction in experimental skin burn injury.」(Kanmaz T1, Karakayali H, Sakallioglu AE, Ozdemir BH, Haberal M.)
参考になったと感じたらクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー