蒸しタオル(熱刺激)

熱刺激は、5分でできる温熱療法。蒸しタオルを冷えるまで患部にあてるだけという簡単な方法ながら、驚異的な効果を発揮します。熱そのものが癒やすのでなく、からだが自力で血行を高めるようになるからです。悪血除去に使えます。その理由や方法、注意点を解説。

宿便と悪血をとる蒸しタオル(熱刺激)

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 27

肌に蒸しタオルを直接あてて熱刺激をくわえる

蒸しタオル(熱刺激)は、悪血をとりのぞく

アトピーにまつわる記憶でひとつ、どうしても忘れがたいことがあります。

瀉血をしていたときの話です。抜きたての血が異様に冷たいことがあったのです。真夏なのに冷蔵庫から出したばかりのようにひんやりとしている。まっ黒で、お餅のような弾力がある。こういう異常な悪血(毒素を大量に含んだ、汚れた血液)がとれたのは、頭の後ろでした(ほかにもあったかもしれない)。

「冷血」という比喩がありますが、冷たい血が実在すると身をもって知ったわけです。

医師や学者は「そんなものはないよ」と一笑に付すでしょう。しかしわたしが白昼夢を見たのでなければ、「冷血」はたしかにあったのです。ちなみに悪血は通常、体温よりずっと低温。だから、悪血を全部とりさったかどうの判断を、わたしは温度で行なっていました。温かい血になったら、その場所は完了というわけです。

そういう血をとりのぞくと、患部がどんどんよくなっていきました。

このブログで口をすっぱくして繰りかえしていることですが、アトピーのいちばんの原因は腸が壊れたことにある。けれど、それによって体内に入りこんだ毒素や不要物、あるいは体内でつくられた老廃物が悪血となって体内にとどまり、あちこちで炎症を引きおこしているのも、アトピーの二義的な原因です。

してみると、腸の修復を行ない、排泄機能を高めておいてから、外部から直接、どうにかして悪血をとりのぞくことができれば、アトピーが治るまでの時間を飛躍的に短縮できるのではないか、とわたしは当時の記憶をふりかえるたび思うのです。

いちばん手っとり早いのは、やはり瀉血です。が、あれは変則技。危険です。二度とするつもりはない。ひとにすすめられるものでもない。

瀉血に変わるいい方法がないものか、とわたしは考えました。

蒸しタオルを使った熱刺激のことを知ったのは、そんなときでした。

腰痛がひどいので整体院に行ったら、そこの先生が教えてくれたのです。

初耳でしたが、熱刺激についてわかりやすく解説している本をすすめてもらったので、帰りに買って読んでみました。

『たった5分で体が変わる すごい熱刺激』書影

その本がこれ。『すごい熱刺激』(井本邦昭)。著者の井本先生は、整体専門の医学博士。主宰の井本整体は、東京と山口に拠点があるようです。機会があれば一度行ってみたいです。東京や山口在住の方は直接指南を受けてみるのも手。この記事のつたない文章では、熱刺激のすばらしさがどのくらい伝えられるか不安ですから。

耳を疑いました。

蒸しタオルを患部にあてるだけで、なんでもかんでも治ってしまうというのです。

半信半疑で試してみたらまたびっくり。

これはアトピーを治そうというなら絶対に知っておくべきだぞ、と強く感じたので、この場で紹介することにしました。

蒸しタオルによる熱刺激は簡単シンプルな治療法

とても簡単でシンプルな治療法なのです。

1日1~3回、トラブルのある部位を蒸しタオルで温めるだけ。たったこれだけでだれもがわたしのように「ああ、これは威力絶大だぞ」とすぐ実感できます。

蒸しタオルはあらゆる症状に効く

あらゆる症状に効く――本にはそう書いてあります。

その部分を引用します。

腰痛、頭痛、肋間神経痛、生理痛、白内障、老眼、帯状疱疹、アトピー性皮膚炎などは、患部に熱刺激を繰りかえすことで症状が緩和されるだけでなく、完治した例も多数ありました。熱刺激には自律神経の働きを改善する力もあるため、不眠、精神的イライラ、更年期障害、慢性疲労など、患部を特定しにくい症状にも有効です。

その本には、余命宣告を受けた膵臓がん患者さんのがんが消えた、という体験談も載っていました。

うさんくさい、そんなうまい話があるものか、そう思った方、とりあえずいますぐ試してみてください。必要なのはタオルと電子レンジだけ(なくても、鍋とコンロがあればOK)。5分でできます。

判断をくだすのはそれからでも遅くない。こればかりは、試さないで切って捨てるのがあまりに惜しい。

熱刺激の方法

熱刺激用のタオルを電子レンジで温める

  1. タオルを水にひたし、したたらない程度にしぼる。
  2. 電子レンジでチン(500W2分、600W1分半ほど)。
  3. 手のひらに乗るサイズにたたむ。
  4. 気になる部位に直接あてる。
  5. そのまま冷めるまであてつづける(3~5分)。
やけどに注意

タオルを肌にあてる際は、やけどしないように注意します。熱すぎるようなら冷まします。ただし、冷ましすぎると刺激が不足します。この点にも注意が必要。

終了後、あまり変化を感じないときは、すぐ再加熱して数回追加するといいようです。これを治るまで毎日1~3回行なう。とくに起床後と就寝前は、熱刺激のゴールデンタイムです。

間隔は、体温のバイオリズムの関係から8時間がベスト。からだに自己修復の時間を与えるためといいます。

禁忌事項はこの2つ。

  • 同時に複数の部位に熱刺激をくわえること(複数部位をしたい場合は順番に)。
  • 1日3か所以上はやらないこと。

熱の刺激がきちんと患部に届いたかどうかは、皮膚にピンク色に染まったかどうかで判断できます。症状が深刻な場合、なかなか赤みがささない、まだらになる、といったことが起きます。こういう場合は、何度か蒸しタオルをあててやると血流が改善してきます。

肌の色の変化だけでなく、血行がよくなった感覚がからだの奥底から感じとれるとなおいいようです。

熱刺激で、腸の痛みが雲散霧消し、宿便まで出た

わたしがはじめて熱刺激を行なったのは、上行結腸(右側の大腸、おへその右斜め下あたり)。腸のマッサージをしていたとき、ここだけ奇妙なかたちにふくらんでいて、押すと痛むことに気づいたからです。

マッサージを何度かやると、ふくらみは消えました。でも痛みはなかなか消えない。もみこむと、あいもかわらず痛い。腸の一部が弱っているのか、はたまた宿便や毒素がたまっているのか。いずれにしろ、血流がとどこおっているのはまちがいない。

そこで熱刺激の力を借りることにしたのです。

蒸しタオルをあてると、違和感のあった部位がぐるぐる音が立て、びくんびくんと脈打ちました。そのあと、そこから何匹もの虫が外へ逃げていくような得体のしれない感覚を覚えました。タオルをはずしたときには痛みが消えていました。直前まで触るとこわばりがあったのに、それも消えている。

蒸しタオルの威力を実感したので、わたしは翌日も朝と夕方(2回ずつ)熱刺激を同じ場所に与えました。この日は初回のような、わかりやすい反応はありませんでした。

その次の日、土曜の朝のこと。キウイ2個と焼き芋1本を食べ、バターコーヒーを飲み、部屋の掃除をしていたら、いつもより遅めの便意をもよおしました。トレイに駆けこみました。そうしたらなんと、タールのような便が出たのです。

やはり、違和感のある腸壁には宿便がへばりついていたのです。

熱刺激、なんとも摩訶不思議。あなどることなかれ。

蒸しタオル(熱刺激)になぜ効果があるのか?

蒸しタオル

細胞にカツを入れて、自力で修復するきっかけを与える

熱をくわえること自体が目的ではないのです。冷たい悪血を熱で溶かそうというのでもない。

からだの免疫システムにはもともと、「発熱」という機能があります。体温を上昇させることで細胞を目覚めさせ、自分でからだを浄化し修復する働きです。体温が1度あがると、免疫力が5倍になるとよく聞きますね。あれです。

じつは、熱の刺激でこのスイッチを外からオンにしよう、というのが、熱刺激の真の狙いであり、真骨頂です。

蒸しタオルをピンポイントで患部にあてることで、細胞に極度の緊張を与える。ゆさぶりをかけるわけです。

すると、悪血のある場所やその周辺の細胞が目を覚まし、活動が活発に。からだがみずから血流を改善し、痛んだ部位を修復しはじめようとするのです。

そういうきっかけをつくるのが、熱刺激の目的。

全身浴や運動に同じ効果はないのか?

お風呂、温泉、サウナといった全身浴や運動でも体温は上昇します。新陳代謝や内臓の機能が高まり、デトックスが促進するのはたしかです。それに、からだの芯から温まって気持ちもいい。

が、この場合はもともと血行のいい場所の温度だけが上昇しており、血流の悪い場所(慢性的な熱不足におちいっている場所)はさほど温度があがっていないといいます。

だから熱刺激と同じ効果は得られない。患部をダイレクトに刺激することができないのです。

全身浴や運動より上だといっているのではありません。からだに対する作用がまったく異なります。上手に使い分けると治癒はさらに加速する、という話です。

冷めるからこそ、望む効果が得られる

冷える過程こそが重要なのだそうです。

本の文章がとてもわかりやすいので、引用します。

早い人なら5分もかからずにわかるのが、熱刺激をした部位が脈打つ感覚です。症状の軽い人や熱に対する感受性の高い人なら、運動後やじっくり温泉に浸かった後のような拍動を体の奥から感じます。滞っていた血液がドッと流れるような感じがしたら、体は確実に変化し始めていると思ってください。この脈打つような感覚は、タオルが少し冷めてから強く感じます。これは単に熱しただけでは体は大きく変わらないということを示しています。

先述のわたしに起きた反応、その理由がこれで腑に落ちました。

蒸しタオルで熱をくわえると、それまでずっと硬直していた患部が緊張し、一時的に収縮する。けれど、すぐ慣れて緊張はほぐれます。血管はゆるみます。この時点で血行がちょっと改善。

さらにこの刺激は、弱った患部や周囲の元気な細胞を覚醒させます。

そうして数分かけて冷えていくなかで、からだは自力で熱を生みだそうと懸命に働きはじめます。すると、血流はどんどん改善し、悪血も毒素も老廃物も流れだして、代わりに新鮮な血液が流れこんでくる。

最初の「高熱」とそれが「冷める過程」に対する、からだの反作用を利用しているようです。

アトピーを改善する熱刺激のポイント

アトピーの皮膚症状に利用する場合は、炎症やかゆみの出ている部位に熱刺激をくわえます。

アトピーの友人にすすめたところ、蒸しタオルをあてた直後はかゆみが増大するのだけれど、タオルが冷めるにつれて引いてしまい、そのあとも長時間ぶり返さなかった、というようなことをいっていました。軽い症状ならこれだけで治ってしまうかもしれない、とも話していました。

わたし自身もずいぶん昔、蒸しタオルがいいと聞きつけ、やってみたことがあります。タオルで刺激した部分のかゆみはマシになったと記憶しています。が、当時は症状が全身にあったため、焼け石に水。熱刺激のポテンシャルを知らなかったこともあって、継続はしませんでした。

温度の目安は、患部が熱を感じるかどうか

アトピーの方は、皮膚の血行がかなり悪くなっています。熱に対する反応がにぶいケースが多いとか。ふつうのひとが耐えられないような温度でも平気だったりする。こういう場合、通常より長くタオルを加熱すればOKだとか。

入浴や運動などで日ごろからきちんと汗をかく習慣を身につけておくと、からだが熱の刺激を受けとりやすく、反応もよくなるようです。

わたし個人としては、アトピーの症状がひどい場合、蒸しタオルによる熱刺激は当面、わたしのように腸の不調の改善や宿便排泄などに用いたほうがいいのではないかと思います。

とくに全身に炎症が広がっていたりすると、肌に対する熱刺激だけでは焼け石に水となりかねない。その部分の悪血は解消できるかもしれませんが、根源的な原因をのぞくことにつながらないからです。

まず大切なのは、生活習慣を見直すこと。そうして腸壁を回復させ、体内浄化を進め、排泄力を高めること。

そうでないと、部分的に血流がよくなって、毒素や老廃物が流れだしても行き場がない。新たな出口を求め、皮膚の別の部分から噴出してきたり、すでにある炎症がさらにひどくなることもあるかもしれない。

からだがある程度回復したきたら、熱刺激はかなり強力な武器になると思います。悪血をとりのぞいてやれば、回復はぐっと加速すると思いますので。

だれにでも効く熱刺激のポイント

だれでも高い効果を感じられる熱刺激のポイントが3つあります。

熱刺激の万能ポイント

後頭部

後頭部への熱刺激は、自律神経をととのえるのに役立ちます。交感神経と副交感神経のバランスを改善しますから、いろんな不調や病気の解消につながるのです。体温調節の働きもよくなります。

わたしも仕事前に蒸しタオルをあてています。頭部の血行が高まるからか、集中力と思考力が増すように感じます。疲れ目も軽減しました。

左右の肩甲骨のあいだ

肩甲骨のあいだの血流を改善すると、近くにある肺の働きが高まります。呼吸にトラブルがある方に向きます。

肩甲骨は首や肩、腕ともかかわりが深いので、ここへ蒸しタオルで熱刺激をくわえると、首や肩のコリ、腕の疲れなどの解消になるそうです。

仙骨の上

仙骨は、骨盤の中央部で、尾てい骨の上にある三角形の部分。神経の通り道である背骨や腰の筋肉と密接にかかわっています。ここへの熱刺激は、腰や足の不調の改善に役立ちます。

排泄機能が回復したら、蒸しタオル(熱刺激)で悪血をとりのぞく

熱刺激のことを知って、なにより目ウロコだったのは、「血が冷たい」という現象を、第一線で活躍する医療従事者が「ある」と断言し、筋道を立てて説明していることでした。

氷のように冷たい血があると、わたしは体験的に知っていましたが、医学的、科学的に納得のいく説明にこれまでお目にかかったことはなかったからです。

悪血はとても粘度が高い。吸引器で吸いだすと、すぐ固まってしまいます。皮膚からズルズルッと糸が引きだされるような感覚を覚えることもありました。

症状の強い部位の血液はまっ黒で、草餅のようにガチガチ。指ではさんで持ちあげることができました。症状が治まってくると、これが液状になる。しばらく放置して固まっても、せいぜいゼリーくらいの硬さ。つまむと崩れてしまう。

わたしのようにアトピーを長く患った方のからだには、そういう血がたくさんたまっているとわたしは思います。どう考えてもまずい。早急にとりのぞかないといけない。

蒸しタオルを使った熱刺激はその助けになるにちがいない、悪血をとるのにも使える、そう確信したからこの記事を書きました。

いちばん最後になりましたが、悪血がたまりやすい部分に印をつけたイラストを載せておきます。瀉血によって、全身の血脈をくまなく探った経験から、わたしはとくに悪血がたまりやすい部位を特定しています。わたしのケースですが、参考にはなるはずです。

悪血がたまりやすいポイント

文字の大きさは、悪血のたまりやすさや量をあらわしています。熱刺激をくわえるべきポイントだと考えています。

苦い思い出ですが、内もものつけ根をきれいにすると足全体の炎症がなくなるとか、肩の悪血がなくなると腕全体(脇から先)がきれいになるとか、興味深い発見もいろいろありました。

ぜひとも役立ててください。それでわたしは報われます。

参考になったと感じたらクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー