エプソムソルト

エプソムソルトは海のミネラルの一種、硫酸マグネシウムです。バスソルトとして使えば、体液の流れがぐんとよくなり、デトックスが進みます。内側からアトピーの治癒を助けるのです。同時に皮膚を外側から癒やす力もある。さらに下剤としても使えます。

エプソムソルトは天然の入浴剤&下剤

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 25

ガラス瓶入りのエプソムソルト

エプソムソルトは入浴剤、下剤として活用

最初、「ソルト」なんていうから、なにかしら特別な塩なのだと思っていましたが、なめてみてもしょっぱくはない。調べてみると、硫酸とマグネシウムの無機化合物とのこと。

硫酸マグネシウムでした。

海の3番目のミネラル。

当然ながら、塩分なんて含まない。

エプソムソルト(というか硫酸マグネシウム)は古くから、整腸剤としてよく用いられてきました。そのほかいろんな症状に対する治療薬としても利用されており、現在もさまざまな飲み薬のベースになっています。

市販の入浴剤にもよく配合されています。海外の女優さんやモデルさんたちが美容目的で利用したりもしている。皮膚の新陳代謝ががぜんよくなるからです。

アトピーを癒やすのにも役立ちます。使い道は2つ。

  • 入浴剤
  • 下剤

1.エプソムソルトを入浴剤として使う

バスソルトとして使えば、こういう特典があります。

  • 循環器系と内分泌腺の正常化
  • 皮膚細胞の新陳代謝の活性化
  • 角質化した皮膚の改善
  • 悪血(体内の毒素)の除去
  • 関節炎やリウマチ、神経痛の緩和

わたしが注目したのは、とくに前半部分。アトピーのからだは、血管やリンパ(循環器系)、副腎(内分泌腺)が確実に弱っていますので。

エプソムソルトにはさらに、ゴワゴワ肌をやわらかくしたり、血液中の毒素の排出を手助けしたり、炎症を抑えたりする働きもあります。

活用しないという選択肢はどこにもない。

入浴剤(バスソルト)としての使い方

エプソムソルトを風呂に入れる

  1. 浴槽に39~41度の湯を張る。
  2. 150~300グラムのエプソムソルトを入れる。
  3. よく混ぜて溶かす。
  4. 20分間入浴する。

販売元によると、濃度は0.1~0.2%くらいが目安だとか。ちなみに海水は0.2%。

なにはともあれ、これで塩分なしのミネラル風呂には入れるという寸法。やってみた感想はこんなふう。

  • 汗がものすごく出る。
  • いつものお風呂よりずっと温まる。
  • 肌がやわらかくなる。
  • 風呂あがりにあまり乾燥しない。
  • 寝つきがよくなる。

塩浴(以下の記事がくわしい)とまったく同じです。

秀逸なのは、エプソムソルトで水道水の塩素を除ける点。いつものビタミンCは今夜はいらない。直接肌につけてマッサージすれば、黒ずみを薄くする働きもあるといいます。

ところで、わたしのやり方は少々勝手がちがっています。それも書いておきます。

アトピー対策には、高濃度エプソムソルト風呂

2キロと200グラムのエプソムソルト

左側は2キロのエプソムソルト。右側は200グラム。
  1. 首までつかれるよう湯船を満たす。
  2. 湯温は42度の、ちょっと熱め。
  3. エプソムソルトを2キロ投入。
  4. 30分、湯につかる(冷めてきたら追い炊き)。
  5. 入浴後、オリーブ油かココナッツオイルで肌をマッサージ。
  6. 週に2度は入る。

エプソムソルトをここまで惜しげもなく使うのは、ひどい慢性皮膚炎にはコップ1杯や2杯ではとても足りない、と米国の有名な慢性皮膚炎専門の医師がいっていたからです。それ以外のテクニックもこのひとに学びました。

これだけ大量に入れると、コップ1杯のときに比して肌の状態は格段によくなります。でもつづけるのが難しい。経済的に。なにしろ1回分1300円くらいします。ひと月換算で1万円を超えます。

というわけで、わたしはまた従来の塩浴に戻りました(塩は安い)。

症状があったころ、ずっと塩浴をしていました。天然塩で肌をマッサージしたり、ときどきは浴槽にバサッと入れたりするわけです。お風呂の記事でその有用性をつづっています。

エプソムソルト風呂にも、同じような利点があります。ミネラル分が肌に浸透し、やさしく癒やしてくれます。

ただし、塩分(ナトリウム)による殺菌作用はありません。食材を塩漬けにすると、ばい菌が繁殖できないのは、ナトリウムの働き。エプソムソルトは、ナトリウムを含みません。

半面、塩分が給湯器や風呂釜を傷める心配はない。わたしが昔暮らしていた賃貸マンションの給湯器はさびだらけになって、ある日モーレツに痙攣するやいなやウンともスンともいわなくなりました。大家さんにたいそう叱られました。

ふだんは塩浴(浴槽には入れないで、マッサージのみ)で過ごし、症状があまりひどい場合だけ高濃度エプソムソルト風呂に入る、というのが現実的な使い方でしょうね。

もちろん、通常濃度のエプソムソルト風呂に週2回つかるだけでも、十分に意味はあると思いますけれど。

なお、わたしがエプソムソルトをあっさりやめたのは、当時は肌の表面を手当てしても意味がない、アトピーを治すには腸を手当てせねば、と考えていたからです。

でもその後、体内浄化と毒素排泄――つまり解毒排泄器官の働きや、血液やリンパの流れをよくすることの重要性に気づき、エプソムソルトを再評価するようになった次第です。

だから、ふたたび腸を壊したときは利用しました(皮膚には症状がほとんどなかったので、通常濃度)。気持ちがいいから、治ってからもたまに入っています。別にミランダ・カーになりたいわけではありません。

エプソムソルトの商品パッケージ

「エプソムソルト2.2kg (浴用化粧品)」は、Amazonで1300円前後。以下のように下剤として利用する場合は、医薬品の硫酸マグネシウムを入手します。
エプソムソルト風呂の注意点

次の場合は向かないそうです。(1)心臓や血圧に疾患がある、(2)皮膚が割れている、(3)皮膚が過敏すぎて痛む、(4)ひとり暮らし(意識を失った際に助けてくれるひとがいない)。

エプソムソルト以外で当ブログが推す入浴剤には、竹酢液やクエン酸があります。

2.エプソムソルトを下剤として使う

薬局で売られている硫酸マグネシウム(エプソムソルトのこと)の効能書きをチェックしたら、「便秘」と書いてあります。

マグネシウムが下剤として使えるのは、この記事にも書いたとおり。マグネシウムは腸内の水分を吸収して、便をやわらかくし、ふくらませるのです。

下剤としての使い方

1杯のコップの水に10グラムのエプソムソルトを入れる

使い方は簡単です。

1度に5~15グラムを服用し、ただ水をがぶがぶ飲むだけ。1~2時間で効果があらわれます。即効性があるのです。

下剤として使う場合の注意

マグネシウムは心臓や腎臓が悪いひとには向きません。高マグネシウム血症のひとは使えません。下痢には使えません(あたりまえ)。

民間療法では、水に溶かしたエプソムソルトとオリーブ油を1日に数回飲むと、肝臓のデトックスに役立つといわれています。

わたしは下剤として使ったことはありません。リンゴダイエットや乳酸菌、家庭用浣腸で十分でしたもので。

参考になったと感じたらクリックくださいね。

にほんブログ村 健康ブログへ

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー