どくだみ茶、ルイボスティー、柿の葉茶

アトピーにいいといわれるハーブティーの代表は「どくだみ茶」「ルイボスティー」「柿の葉茶」の3つ。わたしも飲んでいます。飲んでみた感想、正しい淹れ方、それぞれの特徴、なぜアトピーにいいのかを、どこよりもきちんと説明します。

どくだみ茶、ルイボスティー、柿の葉茶

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 25

完治前、完治後もローテーションしながら飲んでいるハーブティー(お茶)は、「どくだみ茶」「ルイボスティー」「柿の葉茶」の3つ。それぞれの長所や飲み方などをしっかり紹介しておきます。

いずれも、アトピーをやさしく癒やしてくれますし、完治を助けてくれます。それ以前においしいのです。

1.どくだみ茶

どくだみ茶

どくだみは、殺菌力や抗菌力が強い。できものが化膿したら、どくだみの葉を蒸し焼きにして貼っておくと、ウミを吸いだしてくれ、傷跡も残らずに治ると、わたしはお年寄りに聞いたことがあります。

血管を強くして、血液をサラサラにし、血行を改善する働きもありますし、便秘解消にも役に立つ。なにより毒素の排出効果がとても高い。

放射能対策として

どくだみは、放射能対策という観点でも注目されています。原爆投下後の広島で、どくだみが大量に自生し、そのあとにふつうの草花が生えてきたというのはよく知られた話です。どくだみが汚染された土壌を浄化したのです(まるで『風の谷のナウシカ』の腐海)。被爆された方に医師がどくだみ茶を飲ませつづけたら原爆症の症状が出なかったともいいます。わが家は関東圏在住で子どももいますから、どくだみ茶は常備品です。

そんなわけで、わが家では常飲しています。

「どくだみ」なんてパンチの効いた名の薬草茶ですから、飲むまでは「苦いだろう」とか「飲みづらいにちがいない」と思っていましたが、ふつうに飲めます。というか、ホットでもアイスでもおいしいです。ちょっと甘みがありますしね。うちの娘なんて大好きです。

お茶でもいいですが、どくだみの力を最大限に受けとりたいなら、煎じ汁がベストです。煎じ汁をローションとして使えば、感染予防になるし、肌はとてもしっとりします。

どくだみ茶の淹れ方、飲み方

  1. 1リットルの水に2パック(10グラム)を入れる。
  2. やかんを火にかける。
  3. 沸騰したら、弱火で5分煎じる。
  4. 1日で飲みきる。

どくだみの煎じ汁のつくり方

  1. 土鍋にどくだみの葉(乾燥葉)を入れる。
  2. ひたひたになるくらいまで水を入れる。
  3. 中火で30分間煎じる。
  4. 数回に分けて飲む。

どくだみ茶の茶葉

Amazonで「山本漢方のどくだみ茶100%」を定期購入しています。5グラムが36袋入って、500~700円(なぜか変動が激しい)。中国産。国産は高級品ですから、毎日飲むと家計に響きます。でも、どくだみ栽培に農薬は不要(虫がつかない)。農薬の心配はしなくていいでしょう。

だしがらをティーバッグごとお風呂に入れると、天然の入浴剤になります。

わたしも症状がひどかったころにやっていました。血行促進、保湿、皮膚の殺菌、炎症の軽減などに役立ちます。ティーバッグで炎症部位を軽くこするといい感じ。

2.ルイボスティー

ルイボスティー

鉄、カルシウム、カリウム、銅、マグネシウム、亜鉛といったミネラルがバランスよく含まれているのが、ルイボスティーのいちばんの特徴。アトピーの改善に必要なミネラルの補給に役立ってくれます。

さらに抗炎症性のポリフェノールが豊富。アトピーによる慢性的な炎症でつくられた体内の活性酸素をとりのぞくのにもひと役買ってくれます。

原産地は南アフリカ

ルイボスは南アフリカで発見された薬草。現地では、湿疹や花粉症、アレルギー疾患の治療に使われているそうです。

このため、アレルギー疾患のみならず、いろんな症状――高血圧、関節炎、骨粗しょう症、心臓病、糖尿病などに悩む方が利用しています。米農務省はルイボスの薬効を公式に認めていて、がんや心臓病、老化などの軽減にも役立つとしているようです。

カフェインは含みません。タンニンも少ないため、飲みすぎても心配はいりません。ただし乳がんなどのがんの方はNG。女性ホルモン(エストロゲン)のような作用があると、一部の研究でわかっているからです。

ルイボスティーの淹れ方、飲み方

  1. 500mlのお湯をわかす。
  2. 急須かガラスポットにパック1袋(3グラム)を入れる。
  3. 3~5分待って好みの濃さになったら、茶葉をとりだす。

ルイボスティーのティーバッグ

「南アフリカ産のルイボスティー」。3グラム100パック入り。Amazonで1000円前後。紅茶みたいな味。クセがないので、どんな料理にも合います。夏は冷やしてもうまいです。

3.柿の葉茶

柿の葉茶はガラスで抽出

ビタミンCは万病の予防や治療に欠かせない。こんな働きがあるからです。

  • からだの抵抗力アップ
  • 強い抗酸化力
  • 酸素の新陳代謝に役立つ
  • 副腎皮質ホルモンなどのホルモン分泌促進
  • 皮膚の内側の細胞を健全にする
  • 毛細血管をよみがえらせる

慢性的な炎症が起きている(アトピーなど)の体内では、ビタミンCがまったく足りていません。これを補ってくれるのが、柿の葉茶。

ビタミンCといえば、わたしたちはレモンやミカンを思い浮かべますが、じつは柿の葉茶のほうがずっと豊富にビタミンCを含んでいるからです。

100g中のビタミンCの含有量

ちなみに焙煎後の柿の葉(茶葉)のビタミンC含有量は、100グラム中に1700グラムほど。1日分10グラムとすると、170mgのビタミンCが含まれることになります。

しかも緑茶とちがってカフェインを含まない。弱酸性だから、胃への負担もほとんどない(緑茶は弱アルカリなので、飲みすぎると胃を痛める)。

柿の葉茶は飲むだけで自然にビタミンCが補給できる、からだにやさしいお茶なのです。

天然ビタミンCは安定性が高い

同量のビタミンCの入った「柿の葉茶」と「合成ビタミンCを溶かした水」の10日後のビタミンC残存量を測定した実験では、柿の葉茶のビタミンCがほとんど減っていなかったのに対し、合成ビタミンCのほうは10分の1になっていたそうです。

柿の葉茶の淹れ方、飲み方

  1. 1リットルのお湯を沸かす。
  2. ティーバッグ1~2袋(5~10グラム)を入れる。
  3. 色が出たら(数分後)、ティーバッグをとりだす。
  4. 100~150mlずつ飲む。
  5. ポイントは、煮出さないということ。ビタミンが壊れてしまいます。抽出には、陶器製かガラス製のティーポットを使います。金属製はNG。ビタミンCは金属に触れると化学変化を起こします。

    柿の葉茶の茶葉

    ビタミンC豊富というから、さぞすっぱいのだろうと思う向きもあるでしょうが、酸味はないです(レモンの酸味はクエン酸)。マイルドな風味でとても飲みやすい。わたしは「ひしわの柿の葉茶」を飲んでいます。国産で安心。しかも安い。5グラム20袋で、650円前後。

    甘みがほしいときはオリゴ糖を入れる

    アトピーの方にNG。どくだみ茶や柿の葉茶はそのままでもいけますが、ルイボスティーは少し甘みがあったほうがおいしいです。

    その際は少量の黒糖か蜂蜜、あるいはオリゴ糖を入れています。オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれますから、いっしょに摂れば一挙両得とあいなります。

    アトピーを治すにあたって役に立ったハーブティーのお話は、こちらにくわしく書いています。お時間のあるときにでもご一読あれ。

    参考になったと感じたらクリックくださいね。

    にほんブログ村 健康ブログへ

    だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー