Recipe【大葉たっぷりの大豆肉みそ】

「会社帰りに八百屋で見かけたの。こんなに入っていくらだと思う?」

帰宅するやいなや、妻は大量の大葉をイチローパパの手にばさりと乗せて、笑顔でそう尋ねました。

大葉いい大葉です。色が濃くて、切れ込みが深く、葉が盛りあがっていて、でかすぎない。これが発育のいい大葉の条件なのです。

「100円」

イチローパパがそう答えると、とたんにつまらなさそうな顔になって、「おいしく料理してね」とだけいい残し、娘を迎えにさっさと保育園へ行ってしまいました。

正解だったようです。うかつでした。こういう場合は高めに答えるべきでした。

大葉はいまが旬です。旬の野菜は栄養満点だし、安いものなのです。

残されたイチローパパは、大葉40枚をとりわけ、肉みそをつくることにしました。残りは水を張ったタッパーに入れ、冷蔵庫へしまいました。これで1週間はもちます。

用意するもの

大葉40枚、ひき肉タイプのソイミート50g(乾燥)、味噌大さじ6、みりん大さじ3、砂糖大さじ2

大葉とソイミート

大葉たっぷりの大豆肉みそのつくり方

①ソイミートをお湯で戻します。

②大葉をみじん切りにします。

③味噌とみりんと砂糖を鍋に入れ、火にかけます。

④弱火でかきまぜ、とろみが出たら火を止めます。

⑤フライパンにオリーブ油かココナッツ油をひき、大葉とソイミートを炒めて、水分を飛ばします。

⑥それを鍋に入れて、2分ほど炒めながら、よく混ぜ合わせます。

 
大葉たっぷりの大豆肉みそ

ごはんのお供に最高です。これだけで大盛り2杯はいけます。かなり甘めの味つけですので、甘いのが苦手な方は、砂糖を減らすか、砂糖なしでもいいと思います。お肉の代わりにソイミートを使用していますから、アトピー治療期の食事制限にも対応していますよ。

ソイミートはスーパーでは手に入りづらいので、いちおう紹介しておきますね。

 
「サボ ソイミート フレーク」
300g入り。900円前後。「ケンコーコム」で入手できます。スイス産の、大豆だけでできた乾物。ひき肉風で、お湯に浸せばすぐ使えます。ソイミートはいろいろ試していますが、これは味も香りもいいです。

 ちょっぴり参考になったかも、と感じたら、ぜひクリックください。


トップへ戻るバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です