Recipe【生姜紅茶と生姜湯】

生姜紅茶

生姜には、からだを温め、内臓を元気にし、消化を助けるという健康機能があります。さらに、血行をよくし、強い殺菌作用や、免疫力を高める作用まで持ち合わせています。アトピーの改善には欠かせない食材なのです。

この生姜の薬効を、飲みものからも享受してしまおうというのが、生姜紅茶や生姜湯です。1日に1~3回程度、飲んでいました。飲むとぽかぽかして、発汗がうながされます。わたしは、半身浴をしながら飲んでいました。

つくり方は簡単ですが、いちおう紹介しておきますね。

生姜紅茶のつくり方

①熱々の紅茶に、生姜汁5~10ccもしくはおろし生姜1~2つまみを入れます。

②お好みの量の黒砂糖を入れて、完成です。

生姜紅茶生姜、黒糖、ティーバッグの3点セット。

生姜湯のつくり方

①おろし生姜を3つまみ程度、コップに入れ、熱いお湯をそそぎます。
②黒砂糖で甘みをつけてください。
③くず粉か片栗粉を小さじ1杯入れ、とろみがつくまでかきまぜたら、できあがり。

【スポンサード リンク】

黒砂糖には、保温発汗と便通改善の効果がありますので、老廃物や毒素の排泄を助けてくれます。体温をあげるので、老廃物や脂肪、糖分の燃焼が進み、血液の浄化にもつながります。ビタミンB1、B2のほか、鉄や亜鉛、カルシウム、カリウムなどのミネラルを豊富に含む、最高の健康食品でもあります。

紅茶のカフェインには利尿作用があり、排尿をうながしてくれますし、緑茶とちがって、からだを温めてくれます。ただし、カフェインが入っているので、就寝前は生姜紅茶でなく、生姜湯がおすすめですね。

くずにも血液を浄化する作用があります。

生姜紅茶や生姜湯には、こうした食材の効能をまとめて得られる利点があるのですね。

 ちょっぴり参考になったかも、と感じたら、ぜひクリックください。


トップへ戻るバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です