ビオチン不足がアトピーの原因になっている!?

ビオチンは、アレルギー症状をやわらげることがある

ビオチンはビタミンB群に属するビタミンで、ビタミンHとも呼ばれます。

一番の役割は、体内でアルファリノレン酸からつくられるEPAやプロスタグランジンEの産生を促進するというものです。EPAは炎症の引き金になる物質の代謝を抑えてくれますし、プロスタグランジンE3もアレルギー症状を緩解させます。つまり、アトピーがやわらぐ可能性がある、というわけです。

さらにビオチンは、ヒスチジンというアレルギーのもとになるアミノ酸を体外に排出したり、壊れた皮膚の再生なんかにも関わっているといわれています。

ビオチン不足が自分のアトピーに関係しているかどうかは、ビオチンを1日5mgずつ3か月くらい飲みつづけ、変化があるかどうかを見て判断するそうです。変化がない場合は、関係なかった、ということになるようですね。わたしは脱ステ期に3か月ほど試してみましたが、なんの変化も感じませんでした。

まれに、アトピーがよくなった、という人もいるようですね。

【スポンサード リンク】

ビオチンを効果的に働かせるには、マンガンが1日に3~4mgは必要だと指摘する医師がいます。6章のサプリメントの記事で紹介したマルチビタミン&ミネラルのサプリメントはマンガンを5mg含有していますので、いっしょに飲めば問題ないですね。

ビオチンのサプリメント「Healthy Origins, Biotin, High Potency」
ビオチンのサプリメント。1錠中に5mg含有。150錠入り。10ドル前後。気軽に試せますね。ビフィズス菌のなかにはビオチンをエサにするタイプがいるそうです。ビフィズス菌入りのヨーグルトを大量に摂取している方はビオチンが不足しているかもしれません。ビオチンを試す際は、ヨーグルトをやめてみるといいかもです。

注)上の写真は「iHerb」の商品ページにリンクしています。初回のみ5ドル(最大10ドル)の割引が適用されるようになっています。もし、割引がうまく適用されない場合は、クーポンコード「GGK236」を手入力ください(以下同)。「iHerb」はわたしがよく利用している健康食品通販サイトです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

にほんブログ村 健康ブログへ 少しは役立ったかも、と感じたら、ぜひクリックください。


トップへ戻るバナー