お灸、禁煙、瀉血

これまでに実践したアトピー治療法やアトピー対策グッズを紹介しています。ここでは、お灸、禁煙、瀉血療法をテーマに、それぞれの効果や、具体的なやり方について説明しています。

治療法&対策グッズ ④禁煙ほか

最終更新日:2017/02/06
この情報のお役立ち度:

お灸【★★☆☆☆】

悪血をとりのぞく効果があると聞いて、チャレンジしました。無手勝流です。それでダメなら鍼灸院へ行こうと考えていました。まずは皮膚炎やアレルギーに効くツボを調べ、そこへ灸を据えてみると――。

なんと、かゆみがすっと引いたのです。詳細はお灸の記事にあります。

禁煙【★★☆☆☆】

アトピーが数年前に再発したことはすでに述べたとおりですが、これが本当に激しいもので、自然塩を使ったマッサージや日焼け、海水浴などそれまで効果のあった方法をことごとく試したけれども効かず、途方にくれました。とにかく日々悪化する。禁煙と禁酒は、真っ先にとりくみましたね。

それでも悪化に歯止めがかかりませんでした。禁煙の好転反応で、一時的に肌が荒れたりニキビができたりすることがあると聞いたことがあったので、大丈夫、これはよくなる兆候にちがいない、と自分にいいきかせていました。結局、禁煙禁酒を半年つづけても、症状は改善しませんでした。

もっとも、タバコが健康によくないのは抗いようのない事実ですし、それまで幾度となく失敗していた禁煙に、ついに成功したという点では、思わぬ拾い物をしたという心持ちです。

【スポンサーリンク】

瀉血【★★★★☆】

再発後、いろいろな治療法を試しましたが、症状は重くなっていくばかり。にっちもさっちもいかなくなり、以前から気になっていた瀉血をやることに決めました。悪血を強制的に抜いてしまうという治療法です。

瀉血で、症状は劇的に改善しました。しかし、思わぬ落とし穴が待っていたのです。詳細は瀉血療法の記事にまとめました。
瀉血カップと減圧器韓国製の吸引カップと手動吸引器。戦前は日本でも、床屋さんあたりで普通に瀉血を行なっていたそうです。

 ちょっぴり参考になった、と感じたら、ぜひクリックください。

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー