海水浴、タンニング(日焼け)、サウナ、歯科治療

過去に試したアトピー治療法やアトピー対策グッズを紹介。テーマは、海水浴、タンニング(日焼け)、サウナ、アマルガムや歯性病巣感染の除去といった歯科治療など。一つひとつの効果の度合いや、やり方についても説明しています。

治療法&対策グッズ ②サウナ、日焼けほか

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 27

海水浴【★★★★★】

効果絶大です。ハワイ島へ行ったとき、透明度世界一に選ばれたこともある、美しいプライベートビーチで一日中泳いでいたら、初日からアトピーが驚くほどよくなり、3日目にはほとんど消えてしまいました。夜もぐっすり眠れました。強い太陽、ミネラルたっぷりの海水、ストレスフリーの時間、この3つの相乗効果でしょう。

この体験から、脱ステ期はちょっと無理してでも、年1回は常夏の島へ旅行するようにしていました。なにも余裕があったわけではないのですけれど、芋の子を洗うような国内の海水浴場でアトピーの肌をさらすのは、どうにも気がひけましたもので。帰国後は毎回おけらになって、半年くらいきゅうきゅういってました(笑)。ちなみに、塩浴をはじめたのは、この体験が下敷きです。

海水浴フィジーのとある島へ訪れた際、アトピーが急速に癒えたことはいまもはっきり覚えています。フィジーではカバカバという向精神薬の存在も知りました。カバカバについては、不眠のページにまとめました。ちなみに、カヌーを漕いでいるのはタイ人と米国人の、ゲイのカップルです。ソフィスティケートされた、やさしい2人でした。

タンニング(日焼け)【★★★★☆】

これも効果アリ。夏場、ベランダや近所の河川敷に寝転がって全身を焼いていると、効果てきめん。日光を浴びると体内でビタミンが合成されたり、免疫力があがったりするそうですが、日焼けとともにアトピーの炎症はかなり治まってきます。日差しで肌が強くなるのか、日光の強力な殺菌力が作用するのか、理由は定かでありませんが、とにかく効果絶大。汗を大量にかくのも、デトックスという意味でいいのでしょうね。

冬場は、小型のタンニング(日焼け)マシンを買って、うちのなかで焼いていました。紫外線の影響が怖かったので、脱ステが終了した時点で過度の日焼けはやめ、タンニングマシンも売り払いました。

サウナ【★★★☆☆】

脱ステ期はとにかく汗をかいて、強制的に皮膚の下に溜まった老廃物や毒素、体内に蓄積したステロイド残留物などを外へ排出してやることが肝要です。サウナは強力にその手助けをしてくれます。昔住んでいたアパートの近所にサウナのある風呂屋があったものですから、妻と週4日くらいで風呂屋通いをしていました。開放的な浴場で、ストレス発散にも役立ったように思います。

【スポンサーリンク】

口腔内の詰め物の除去【★☆☆☆☆】

わたしが子どものころ、歯医者さんがよく使っていたアマルガムという詰め物が、アレルギーの原因になっているとする説があります。それを知るやいなや、わたしは歯医者へ飛んでいきました。事情を話し、アマルガムが自分の口のなかにあるかどうかを調べてもらったところ、2か所で使用されていました。すぐに取り除いてもらい、アトピーが治るのをいまかいまかと首を長くして待ちましたが、なんの変化も訪れませんでした。

歯性病巣感染の治療【★★☆☆☆】

虫歯がひどくなると、歯科クリニックでは根管治療を行ないます。よくある治療法のひとつですね。歯の神経を抜き去り、なかを掃除し、消毒し、被せ物をするというやつですが、その際にばい菌が入りこみ、被せ物のなかで時間をかけて炎症が広がり、膿が溜まり、これが顎の骨を溶かしたり、歯ぐきに穴を空けて、外へ出てきたりするのです。歯性病巣感染といいます。こうした感染病巣が出す毒素が血流に乗ると、皮膚炎などの全身症状を引き起こすことがあるそうです。そんな新聞記事を目にして、またも歯医者へすっ飛んでいきました。

レントゲンで調べてもらったところ、神経を抜いた歯が数本あり、このうち2本は歯性病巣感染を起こしていました。ずいぶん前から自覚症状もありました。歯ぐきが腫れていて、かかりつけの先生には訴えていたのですが、テキトーにあしらわれていたのです。聞くところによると、根っこの治療は手間ばかりかかってお金にならないうえ、完治させるのが難しいらしいです。

新規で訪れたクリニックで事情を説明すると、親身に相談に乗ってくれました。完治には抜歯しかないとのこと。抜歯してから歯ぐきを切開し、奥にある感染病巣をえぐるように取り除くのです。半年がかりで2本ともやりましたが、これもアトピーには変化がありませんでした。でも、気になっていた口臭が消失したから、星2つ(笑)。

 ちょっぴり参考になったわい、と感じたら、ぜひクリックください。

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー