ハウスダスト対策、ベータグルカン、塩素除去、塩浴

実体験にもとづき、いろいろなアトピー治療法やアトピー対策グッズを紹介します。テーマは、ハウスダスト対策から、ベータグルカンのサプリメント、お風呂の塩素除去、塩浴や塩マッサージまで。効果のほどや、具体的なやり方についても説明しています。

治療法&対策グッズ ①ハウスダスト対策ほか

この情報の重要度:

  • 0
  • 1
  • 0
  • 25

あまりにつらい脱ステ期を乗り切るため、本当にさまざまな手を打ちました。覚えているだけでもざっとこのとおり。なかには効果を感じたものもありますので、脱ステ期の方は参考にしてみてください。

もっとも、これだけではアトピーは完治しません。5章と6章の「具体策」も合わせて実践することを、強くおすすめします。

ハウスダスト対策【★★★☆☆】←体感効果(以下同)

ほこりまみれの部屋では、アトピーは確実に悪化しますよね。掃除を励行し、空気清浄機も活用したほうが吉です。妻が花粉症なので、うちは現在、寝室とリビング、書斎で3台フル稼働中です。

空気清浄機寝室の空気清浄機。ダイキンとシャープとパナソニックを使用していますが、こいつが一番メンテが楽。ハウスダスト、花粉、ウイルスなどしっかり除去してくれています。反応も一番いいようです。おならをすると、1秒後にはまっ赤になって動きだします。奮発して、しっかりしたものを買ったかいがありました(笑)。後継機はこちら。

ベータグルカンのサプリメント【★★★☆☆】

ベータグルカンはきのこ類などに含まれる免疫活性化物質で、アレルギー改善にも効果があるといわれています。わたしはベータグルカンを多く含むアガリクスと霊芝を併用していました。即効性はありませんでしたが、つづけているうちに症状が楽になった気がしました。

合計で月1万円くらいの支出でした。2年ほどつづけました。海外製品ならずっと安く手に入るようです。ベータグルカンの記事でくわしく紹介しています。

【スポンサーリンク】

お風呂の塩素除去【★★★★★】

肌がぼろぼろに傷ついている場合、水道水の塩素が刺激となって、炎症を悪化させ、かゆみを増悪させます。これを避けるにはビタミンCをほんの少し浴槽に投入すればいいだけ。ビタミンCが塩素と結びつき、化学変化を起こすので、塩素が消滅します。これは、脱ステ期からずっとつづけており、今後もつづけていくつもりです。

途中、面倒で1年ほどやめていた時期がありますが、アトピーが再発したのはこの時期のことです。再発の直接原因が塩素だとは思いませんが、再発の引き金のひとつだったではないかと思います。具体的なやり方は塩素除去の記事にあります。

塩浴【★★★★☆】

入浴時にひとつかみの塩を浴槽へ入れると、体がぽかぽかと暖まり、汗をかきやすくなります。アトピーの皮膚は汗腺が退化しているケースが多いですが、これをやると、炎症の原因物質である老廃物や毒素、ステロイド残留物などを排出するのに役立ちます。ただし、追い炊きすると湯沸かし器がさびつきそうなので、わたしはいつからかよく汗をかいたあと、洗い場で皮膚に塩を直接もみこむようにしてマッサージする方法に切り替えました。

傷ついた皮膚はひりつきますが、アトピーのつきあげるようなかゆみよりはマシ。入浴後は血行がよくなってかゆみが増すところを、塩浴後はしばらくかゆみも治まるのです。お塩の選び方などは塩浴や塩マッサージの記事にまとめました。

にほんブログ村 健康ブログへ ちょっとは参考になった、と感じたら、ぜひクリックください。

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー