アトピー最大の原因は、弱って傷ついた腸粘膜です。腸が壊れていると、アレルギーの原因となるたんぱく質がきちんと分解されないまま体内へ侵入してきます。それ以外の有害物質や有毒ガスも体内へ入りこみます。アトピー完治の第一歩は、腸を元気にすることです。

人体最大の免疫器官「腸」が壊れている

この情報の重要度:

  • 0
  • 0
  • 0
  • 26

弱った腸から、異物がどんどん体内に入ってくる

話自体はとてもシンプルなのです。

アレルギーなどの免疫反応を起こすのは、(おもに)たんぱく質です。

胃や腸などの消化器が弱っていると、食べ物に含まれるたんぱく質が十分に分解できません。すると弱った腸壁から未消化のたんぱく質が体内にそのまま入りこんでしまいます。

たんぱく質は、からだをつくるうえで欠かせない栄養素です。ただし、アミノ酸のサイズまでこまかく分解されていないとからだは利用できません。利用できないだけでなく、からだにとっては「異物」です。

だから免疫システムは、その食べ物を細菌やウイルスと同じように敵だとみなし、次から次に抗体をつくっては攻撃をかけるわけです。

たんぱく質

たんぱく質は、からだの主成分です。血も肉もたんぱく質からできています。20種類以上のアミノ酸で構成されていて、口から入ったたんぱく質は、消化酵素で小さなアミノ酸へと分解され、小腸で吸収される。このアミノ酸は、体内の組織で再度、おのおのが必要とするたんぱく質につくりかえられます。

この段階で、よく耳にする「過剰な免疫反応」というものが生じます。抗体が増えるため、アレルギー検査でよく見る「総IgE」などの数値があがりはじめます。

これをほったらかしにしていると、そのうちいろいろな食べ物に対する抗体が体内にあふれかえってきます。

次にそれぞれの「特異的IgE」があがりだします。

総IgE、特異的IgEとは?

抗体は、免疫細胞が敵と戦うためにつくる武器。

「総IgE」というのは、この抗体のひとつのIgE抗体が体内にどれくらいあるかを示しています。一人ひとりのアレルギーレベルを測る指標として使われます。

「特異的IgE」も、アレルギー検査でおなじみ。こっちは、特定の抗原(いろんな食べ物や花粉、カビなど)に対する抗体の量をあらわしています。

IgEアレルギー検査の結果

「非特異的IgE」と書かれているのが「総IgE」。その下の「アレルゲン名」の部分が「特異的IgE」です。

アトピーになったのは、腸が壊れたから

そうなのです。

腸が壊れていたのです。

これこそまさに、アトピーの人びとがさまざまなアレルギーを抱え、医師から「アレルギー体質」のレッテルを貼られる原因だったのです。

ここまで知り、わたしは、「ヤバイ、いますぐ手を打たないといけない」という強い焦りと確信を抱きました。

どうしてか?

このまま放置していたら、アレルギー反応を起こす食べ物がますます増えていくことは容易に察しがつくからです。食べられるものがどんどん減ってしまう。

アレルギーの炎症が起きるのは、皮膚だけではない。腸でも起きています。すると弱った腸がますます傷ついていく。壊れていく。

この間も、炎症性物質が全身の細胞にダメージを与えている。

ほうっておいていいわけがない。

【スポンサーリンク】

皮膚とは排泄器官であり、
アトピーとは、からだの排泄作用

ここまでの話がちょっと難しい、ピンとこない、という方はまず、このイラストをご覧ください。

消化のしくみと小腸の役割

外の世界と自分のからだとの境目を口や鼻、おしりだと思っている方が多いのですが、じつはそうではありません。ヒトのからだは、まんなかに1本の空洞のある、ドーナツ型の袋のようなものなのです。口からおしりまではひとつづきの管。外から入ってきたものは通常、ここを素通りして外へ出ていきます。食べ物などの役に立つものだけを、腸がふるいにかけて吸収しているのです。外界から体内への入り口は、生物学的には腸(主に小腸)なのです。

つまり、小腸は口から入った食べ物がからだへ入るための玄関口。いわば門番。

ふつうこの門番は、相手を選んで扉を開けているのですが、アトピーの方のおなかの門番たちは疲れきっています。だから務めを果たせないわけです。

しかも不審者はたんぱく質だけではない。

こんな有害物質も、開けっぱなしの扉からからだのなかへ侵入してきます。

  • 食品添加物
  • 魚などに含まれる重金属
  • 農作物の農薬
  • ダイオキシン
  • トリハロメタン(水道水の有害物質)
  • カビやカビ毒
  • ウイルス、細菌

これにくわえて、食べたものが腸内で腐敗してできる有毒ガス(悪玉菌がつくる腸内毒素)も、体内へ染みこんできます。

たんぱく質、有害物質、有毒ガス(腸内毒素)が腸壁から体内へ侵入してくる

アトピーとは、そうやって体内に入りこんだ不審者(たんぱく質や有害物質、腸内毒素など)をなんとか体外に追いだそうと、からだがもがき苦しんでいる状態だったのです。

このとき、からだは肝臓や腎臓を助けようとして、次の2つの予備的な排泄器官も総動員します。

  • 汗腺(皮膚)
  • 呼吸(肺)

とくに、人体最大の器官である皮膚(体重の16%もある)からは、大量の毒素が排出されます。汗腺は全身にありますからね。たかだか1センチ四方に数百個、全身には300万個以上もあるのです。

毒素が血液にあふれかえっているこの状態を、「悪血症」といいます。

肝臓や腎臓から出る老廃物も毒素です。

こうした毒素が血管を埋めつくすと、血液は毒素過剰の状態「悪血症」になるのです。

アトピーの炎症の中心は、未分解の食べ物のたんぱく質によるアレルギー反応ですが、原因はそれだけではなかった、ということですね。

アレルギーの原因になっているたんぱく質はあらゆる食品に含まれます。生活空間から完全に排除するなんてことは、どうがんばっても不可能です。

アレルゲンの代表格と呼ばれるハウスダストやダニ、花粉なども、たんぱく質でできています。

でも、医師の指示どおりに、毎朝毎晩掃除して、空気清浄機をがんがんかけて、体の外にあるこれらのたんぱく質をとりのぞいても、アトピーは治りませんね。

理由はもうおわかりのはず。毎日の食事から、もっともっと大量のたんぱく質が1日3回、からだへ入ってきているからです。

さらに怖い、毒素の逆流

腸が弱ると薄くなり、やがてあちこちに大きな穴が開いてきます。

ここまでくると、毒素はもう体内をぐるぐる循環している、という専門家がいます。

肝臓などでつくられる毒素(老廃物)はふつう、腸を経由して便といっしょに体外へ排出されないといけないのですが、この毒素がまた破れた腸壁に染みこんで、血液やリンパに逆流していくというのです。

怖ろしい話です。十分ありうる話なのが怖い。

もちろん、肝臓や腎臓はこの毒素を処理しようと懸命に働いています。でも、毒素は一向に減らない(体内を循環しているのだから)。

そのうち肝臓や腎臓の処理能力は限界を迎えてしまい、悪血症はさらに重症化していくのです。

アトピーは、浄化と排泄のプロセス

医学では、アトピーは先天的過敏症と位置づけられています。

世間では皮膚病のひとつだと考えられています。

事実、わたしたちが最初に足を運んだのも皮膚科でした。

でもこうしてみてくると、そもそもこの前提が変だとは思いませんか。だって、アトピーというのは、からだが自分自身を守るため――病気にならないため――発動した浄化と排泄のプロセスにすぎないのですから。

先天的な過敏症とかアトピー体質、皮膚病とみなすのは、ちょっと本質からズレている、とわたしは感じたわけです。

次の記事は、いよいよ核心ともいえる部分。腸が壊れる原因についてです。

だれかとシェアしますか?

管理人/イチロー

アトピー歴十数年。妻と娘との三人暮らし。数年前、ずっと目をそむけてきたアトピーが仕事もできないほど悪化。否応なく病気とがっぷり四つに組み、百日かけてねじふせました。その実践術のすべてを公開します。ひとりでも多くの方が、あの苦しみから逃れられますように。
トップへ戻るバナー